« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月28日 (金)

不携帯(2月27日)

早起きして潮風公園でオートックワンの動画撮影。最近クルマの試乗の動画を見ても面白く感じないので、少しづつワクから外れていこうと思ってます。ということで今日から味を出していくぞ、と! ディレクターに聞いて見たら「面白いと思いますよ~」。果たしてどんな仕上がりになることやら。

そうそう。昨晩、ラーメン屋さんに携帯電話を忘れてきたらしい。朝から無し! 携帯無い不便さを味わうことにしたのだが、ホントに無くしてたなら困るワな。ビビりつつ11時に電話してみると「ありますよ」。ヨカッタ! それにしても不便だ。1日携帯持ってないと、どんだけ依存してたんだか実感しますね。

撮影は12時前に終了。次の仕事が14時なので、フネの片付けに行く。私のフネにサービスキャンペーンが出たため、1か月くらいドック入りします。艇体の補強を行うそうな。とりあえず問題でていないものの、底板の下は地獄。不安なので念の為に、ということらしい。激しい入力受けたらフネより人がアウトかと。

荒れた海でコブネに乗ったことが無いと解らないと思うけど、強い向かい風=強い向かい波を走ろうモノならジャンプの連続。3m以上の高さからたたきつけられることだって珍しくない。座っていたら腰のホネがマジで折れる。そんな時は立った状態で操船し足のバネを使うほど。補強のため追加のリブを入れるとか。

簡単な作業じゃないので1か月掛かるワケ。このあたりがトヨタの安心感か。お花見に間に合えばいいけど‥‥。ということで自動的に「釣れないカレイ」のシーズンは終了! 何とか1枚釣ったから上出来です。ドック入りから戻ってきたらタイのシーズン。今年はも少し釣りに行きたいす。

2014年2月27日 (木)

V40その2(2月26日)

ボルボV40唯一の弱点と言って良いのが乗り心地である。年末に喜多見さんに乗って貰ったら「これはキビシイですね!」。早速ネオッてみたのだった。しかし! 実験台ということでオイルのセッティングが決まっておらず、ギャップを通るとリアから単筒式の弱点となる「コトン」という音が出ている。

2261

1回目の様子はコチラで

2台目の施工から乗り心地の改善代を少し削り、音が出ないようなセッティングにしたとのこと。されど喜多見さんは満足を目指したい人なのだった。連絡あって「新しい材料を仕込れてみました」。行くとモンロー(テネコ製アフターマーケット用のブランド名)の複筒式が。こいつをネオるそうな。

そのままV40に装着出来るため、まずノーマル状態でセットして走ってみる。試乗して戻ってくるなり「こりゃダメだ! カッタい!」と喜多見さん。早速取り外してネオる。下の写真の上が標準の単筒式。下はネオッたモンローの複筒式。長さや太さなど全く同じ。ちなみに単筒式の方が生産コストは低い。

2262

ボルボC30用のモンローをネオる

モンローをネオッたダンパー付けて走ってみたら「バッチリでございますね!」。これでV40は文句無し! ちゃんとストロークする! 乗り心地良いし、超快適なクルマに仕上がりました。価格は未定とのことながら、工賃+モンローのリアショックまで含んで10万円は切ると思います。

工賃込み6万3千円のノーマルダンパーネオチューンでも相当良くなるが、違いの解る人ならリアをモンローベースにすることをすすめておく。

2014年2月26日 (水)

アウトランダー(2月25日)

私の推奨銘柄であるアウトランダーPHEVの数少ない弱点が日本車丸出しの乗り心地だ。細かいハーシュネス出ており「違いのわかる人」だと納得出来ない。私も買ったなら即座にネオチューンです。そう考える人が多いらしく、喜多見さんもすでに少なくない台数のアウトランダーPHEVをネオったそうな。

するとどうよ! 例外なくダンパーの下側のブッシュが潰れているのだという。下はその状況。ブッシュの強度不足のため、車重を支える部分がヘルニアの如く横にハミ出している。すでにカラーは真ん中じゃない。こうなると当然の如く遊んでしまう。レバー比を考えると、本来の荷重以下で数ミリ動いてしまうワケ。

2251

ネオチューンブログでさらに詳しく

三菱自動車に聞いてみたら「認識しています。安全上は問題ありません」とのこと。とは言え私なら何としたい。そもそもブッシュが設計通り機能しませんから。喜多見さんのお客さんもそう思ったらしい。特注のブッシュを作ってしまった! 見た瞬間「カッコいいすね!」。一品生産で1万8千円。

2252

取り付けるとこんな感じ

ブッシュを交換しネオチューンしたら、すんばらしい乗り心地になったという。もう少しすれば、10分の1以下で買える量販品のブッシュも出てくると思う。アウトランダーPHEVの乗り心地を何とかしたいなら、ぜひともネオチューンを考えたらいい。きっと「なんだこれは!」という良いクルマになると思います。

何と! 4,1mのダイオウイカを素潜りで捕まえた剛の者がいる! イカは世界一凶暴な生き物で、自分の同じくらいの体長のサカナを喰う。4,1mなら人間だって喰われる。よくぞ捕まえたものだ。もしかしたら弱っていたのかもしれません。体調万全のダイオウイカなら、100%喰われてたと思う。

夜は情報交換会。

2014年2月25日 (火)

アタマが悪い(2月24日)

早起きして海ホタルまで。ここは携帯の電波良いので、7時30分からベイFMの電話生放送。最近携帯の音質も有線電話と同等なんだとか。一度もお会いしたことのない斉藤りささんがパーソナリティなのだけれど、きっと楽しい人だと思う。何よりクルマ好きだし。趣味に「ドライブ」と書いてある。

終了後、富津岬まで移動し、エンジン誌の取材。終了後、ジョナサンでお茶してたら、来日したローリングストーンズの話になった。写真を見せて貰ったら、何と! B767にベロのステッカーが貼ってある。ニュースを見ると、自家用機とチャーター機両方の表現。こうなると知りたくなっちゃうのが私の悪いクセ。

2241

こんなクルマ達

かくなる上は調べてみなければなるまい! ということで機体番号を探す。『23624-244』だと判明。ジプチ共和国政府の保有機だと解りました。ちなみにB767-200ERなので、航続距離1万2千km。こいつならロンドン~東京もノンストップで飛べる。神楽坂清三郎さんは日本公演を全て見に行くという! いいね!

終了後、VWの電気自動車担当の方が来日しているというので話を聞きに行く。電気自動車についての様々な事象やバックグラウンドは全く同じ。TOPに書いた通り当面PHEVがメインになり、電池性能の向上したら電気自動車の時代になると考えているそうな。燃料電池についちゃ「難しいと思います」とのこと。

TOPからリンクしている通りオールアバウトでデイズ・ルークスとeKスペースについて書いた。日産は伝家の宝刀(?)である「後出しジャンケンで負ける手」を出してきた。オデッセイにぶつけ、玉砕したプレサージュ以来かと。ライバルと比べ実質的に10万円高く、自動ブレーキも無し。厳しいかと。

夜、久々に川口へ。最近首の回りが悪くなった。お金無くなったのかと思ったら「首のコリ、凄いですね!」と野村君。後頭部もイタい。たまに軽い目眩も出る。脳梗塞の前駆症状かとも思ったけれど、施術してもらったら大幅に軽減。これまた加齢現象なのかもしれません。念のためアマタ見て貰うか?

アタマが悪いです、と言われたら激しく納得します。

追記・ソチからチャーター便を飛ばすことに決まったそうな。日本着は25日の朝7時30分。JALのB777-200でございます。

2014年2月24日 (月)

福島第一(2月23日)

福島第一がどうなっているのかハッキリ解らないけれど、むしろ厳しい状況になっていることは疑う余地無し。高濃度の汚染水が日に日に増え、今や広大な敷地もタンクだらけ。また1号機は冷却のため毎時4,4トン注水しているけれど、80%が漏れている。そいつは汚染された地下水になってます。

今後どうなるか全く楽観出来ない。ばかりか、汚染された地下水の水位がジワジワ高くなっているらしく、そう遠くないウチ地上に染みだしてくるだろう。それなれば海洋汚染はもちろん、誰も近寄れなくなるし、しみ出た汚染水を吸ったホコりや土が風で飛び散る。収束という状況にゃほど遠い。

放射能浄化装置をたくさん投入し、汚染された地下水もくみ上げるトコロから手を付けないとダメかと。もちろん開発は進めているのだろうが、総力を挙げないと。未だに親方日の丸態度丸出しで企業に「やらせてやる」という雰囲気らしい。成績優秀ながら友達が居ない一番ダメなタイプの日本人がやってる。

この際、安価で安全な原発の解体技術を開発すればよい。な~に当面の仕事は日本にいっくらでもある。1年に3機くらいのペースで廃炉にしていけば、20年間メシが喰えます。そのときにゃ世界一の技術力を身につけているだろうから、世界中の原発廃炉を請け負えばいい。人に喜ばれる技術だ。

東京マラソンの先導車にBMWのi8が使われると聞いていたのだけれど、TVを見ても全く写らず。日本TV、あえて写さなかった? このあたりはいろんなシガラミや足の引っ張り合いもあるんだろう。東京マラソン、ベストカーの渡邊君などギョウカイの人も何人か出ている。私は‥‥道具使う冬のオリンピック指向です。

森元首相はソチまで27時間掛かるからパラリンピックに行くのに気持ちが暗くなる、と言っている。だったら政府専用機を飛ばせばいい。ちなみにソチ空港の滑走路は2900m。行きはフルロードで飛んでいける。帰りも荷物が少ないし、定期便より定員少ない(150人くらい)から問題ないかと。

ソチまでの燃料代、おおよそ1100万円です。政府専用機ウンヌンと言うなら、それこそチャーター便を飛ばせばいい。野球選手だって1人でニューヨークまでB787をチャーター出来る。使途に制限のない内閣官房報償費をあてればよかろう。というか、定期便を使うより安いかも。

森元首相や都知事などがビジネスクラスで飛べば往復100万円は下るまい。ウルサイじいさん共20人の移動で2千万円。ANAを値切れば+αでB787かB767くらい飛ばせてくれる。ビジネスシートに選手。エコノミーに関係者やメディア(これはお金を取れる)を乗せていけばいい。

浅田選手の中国に於ける評価。中国人も捨てたモンじゃない

ソチのオリンピック、楽しかったす!

2014年2月23日 (日)

南高梅(2月22日)

東京の温暖化が止まりそうだ。東京の気象観測点は現在ビル街のド真ん中にある。当然の如くヒートアイランド現象に巻き込まれるため(都市部の温暖化の大半がヒートアイランド現象によるモノ)、50年間で徐々に上がってきた。新しい観測点は北の丸公園の中になるそうな。気象庁も「気温は下がります」。

森元首相の浅田選手に対する無神経なコメントの件、翌日になって「発言の一部を取り上げたマスゴミのヤラセ」という流れになった。ライブドアでコラムを書いている私の知人も「ダマされた!」という論調でヤラセ報道を批評していたほど。しかし! 本当にマスコミのヤラセなんだろうか?

実は森援護&メディアを批判するコメントの多くが、これまた文頭の部分を割愛した記事によるもの。森元首相はコメントの最初から「27時間も掛けてパラリンピックに行くのが面倒くさくて暗い気持ちになる」だって。メディアはスペースの関係で全部は掲載できません。今回は偏向ではなく、やっぱり無神経です。

この記事でアウトラインが解ります

少なくともフリープログラムを残す人に言う言葉じゃないです。加えて日本に帰化した男女ペアに対する侮辱も酷い。とうてい東京オリンピックの組織委員会会長のセリフとは思えぬ! 今からでも遅くないなから、この御仁を交代させて頂きたく。短い期間とは言え、首相だったんだってんだから恐れ入谷の鬼子母神。

2221_2

上の写真はバレンタインデーに頂いた変わり種。瓶はチョコレートのビール! 恐れながら飲んでみたら、あらま! ほんのりチョコの味がする黒ビールといった感じ。ビターでイケる。決してキワモンぢゃね~です。むしろコーヒー味のビールといったイメージ。話のタネに一度お試しを!

2222

Webで買えるようです

和歌山県みなべ町の読者の方から梅を送って頂いた。南高梅を使った伝統的な紀州の梅で、やっぱし美味しい! 以前はアオリイカ釣りに行くたびに紀伊田辺で梅を買ってきていたのだけれど、東京で売っているのとビミョウに違うのだった。ちょうど良い塩加減。正しく「塩梅がよい」っす!

ウマい! 酒がすすむ!

2014年2月22日 (土)

幼児用シート(2月21日)

バリ島の事故、やはりダイビング船の船長が頑張るべきだった。荒天で見失ったことは仕方ないことだと思う。でも帰ってしまったらダイバーにとっちゃ致命的。というか何で帰ったのか全く理解出来ない。探す方法だってある。そもそも流れていく方向は、フネに乗っていたって予測可能。

そちらの方向を中心に、スローで探せば良い。もし他のフネを見かけたら、捜索の依頼だってするべきだ。燃料の残りが少なかった、ということを言ってるようだけど、スローだと数時間持つ。ダイビングポイントなんだから土地勘だったあったろう。なのに帰ってしまった。私の感覚からすれば信じられない。

5人のダイバーに2人のベテランのインストラクターが付いているのだから、ショップに問題は無い。日本なら間違いなくインストラクター1人です。流れの速いところで潜るのも問題ない。だからこそアンカリングして潜るんじゃ無くドリフトですから。強いて反省点を挙げるなら、本当に荒天が予想出来なかったか、という点のみ。

韓国はアメリカの地図で日本海を東海と表記するよう活動していた。運動実って併記される地図も出ている。しかぁし! 大笑いすることに『竹島/独島』と併記されてます! しかも基本的に竹島が前。いわゆる「ヤブヘビ」というヤツ。東海と表記するように動いていたチームは涙目らしい。

ムスメの子供用のチャイルドシートを見に行ったら、いろんな意味でウナる。売れ行き上々というメーカーのシート、横方向のプロテクション性能が明らかに厳しい。樹脂のまんまです。調べてみたら、前後方向の衝突試験しか行っていないという(今年から側面衝突も試験項目に入れるそうな)。

それにしても酷い製品ばかりで呆れた。イケそうなのはタカタの高額なシートのみ。コストパフォーマンスで選ぶなら、コストコで扱っているブライタックス・レーマー社の欧州基準合格品(1万5千円くらいだったと思う)が圧倒的かと。もちろんクルマ通の読者諸兄なら正しい選択をしてると考えます。

2014年2月21日 (金)

道具を使う(2月20日)

夏のオリンピックは道具を使わず能力を発揮しなければならないため、体格が特殊になってしまう。「生き物としての強さ」で勝負は決まるワケ。一方、冬のオリンピックって道具を使う。一部の競技を除くと、標準体型です。「人間としての総合能力」が重要なのだった。それでいて道具を使うから危険度高い。

滑降なんか130km/h以上出るし、ジャンプの高さも具具を使わないとコントロール不可能。人間の実力以上の速さや高さになる。モータースポーツと同じくインテリジェンスも必要。また、冬のスポーツはそれなりの場所が無いと練習出来ない。遊ぶ余裕を持っていないと、競技に出ようという実力に達しないです。

そんな粋なスポーツに、何で森喜朗のような輩がシッタカ一等賞するのか全く理解出来ない。この人、東京オリンピックの組織委員会会長なのだ。冬のオリンピックは地元や企業がバックアップしてるんだから政治家など関係なし。

ジャンプの葛西選手やスノーボードの竹内選手がゲレンデで着てるジャンパーのムネを見るとスバルのエンブレム。海和さんが世界を転戦している時代(レオーネですね)からサポートをしている。最近少し細くなったそうだけれど、恩義を感じている人達がいるということです。素晴らしい歴史かと。

また、どの競技を見ても日本選手の応援チームがいる。その人達も、ライバルにキッチリ声援を送ったりしており、楽しく観戦しているらしい。その姿は現地で好評とか。私も知り合いが出ているなら応援に行ったのになぁ。今後修行を積み、冬のオリンピックの応援に行けるよう精進します。

この10年くらい日本のスキー場はガラガラだ。それが練習する機会にもなっているのかもしれません。今回のオリンピックのように楽しく滑って大活躍している人達が出てくれば、若い世代も育つ。最近の若い人達はアクティブさを取り戻しつつある。ケガをしないよう、大いに遊んだらいい。

2014年2月20日 (木)

イヌはコタツ(2月19日)

インドネシアで起きたダイバーの遭難、連日たくさんの人が捜索に加わっているという。当局も最大限の協力をしているようだ。今回に限らず、海外で日本人が事故に遭うと精一杯救難活動してくれます。それだけ大切にしてもらっているんだな、と思う。残る1人はインストラクターなので、何とか頑張って欲しい。

ケが伸びたので切って貰いに行くと、クルマ嫌い世代である30歳代の店員さんと学生の客の会話が面白かった。学生は「みんなマニュアルの免許取るんすよ」。店員さん「でもマニュアルなんか絶対乗らないでしょ」。「AT取った人も限定解除してるんす」「乗らないのにねぇ~」。学生さんに「いいね!」しておく。

右肩の痛みでジムお休み中。右腕で重い物も持たなくなったため、筋力がガックリ落ちてしまった。もはやお茶碗+αくらいしか持てぬ。これじゃラリー中にパンクしたら交換もママならぬ。とは言え痛みが治まらないため、いかんともしがたい。痛くない方向もあるので、少しずつ負荷を掛けてみようかと。

ウチにはネコとイヌがいるのだけれど、不思議なことに数日前からイヌのケージにネコが入って寝るようになった。お互い違うニオイがするだろうに、平気なんだろうか? それにしても最初は殺し合いになるじゃないかと思ったネコとイヌが、全く普通に生活しているのだから不思議なことです。

2191

イヌはコタツで丸くなってる

夕方からスノーボードのパラレルに見入ってしまう。アルペン競技は日本勢が最も苦手とするジャンルで、1956年にコルチナの大会で猪谷千春さんが回転で銀メダルを取ったのみ。ということを考えたら素晴らしいとしか言えない! スノーボード、頑張ってるね~! ジジイはアブなくて出来ないですけど。

2014年2月19日 (水)

地球温暖化(2月18日)

地球温暖化(ぷっ!)のため、直近の北極海海氷面積が1381万平方kmに拡大している。昨年の夏の最小海氷面積は2000年代平均に戻しており、前出の数値にいたっちゃ1980年代の平均値に極めて近い。北極海の氷が溶けると黒くなり温暖化がさらに加速する、ということだったんですけどね~。

北極海の氷が無くなって困っていた白熊たちは安堵していることだろう。加えて南極海の氷もオキオイを増しており、年を追う毎に昭和基地への接岸が難しくなっている(座礁したしらせは昨日脱出出来たそうな。よかった)。ここにきて地球温暖化にストップが掛かったという学者がイキオイを増してます。

だからこそ地球温暖化会議や、二酸化炭素の排出量について全く話が出なくなってきた。原発を推進する勢力を見ると世界規模で縮小傾向。温暖化ビジネスの仕掛け人達も店仕舞を始めている。ただエネルギーを貴重に使おうという流れは止まらない。というか、天然ガスを除く化石燃料のコストは上がる一方だ。

気候変動の方向性が変わったことは間違いないと考える。となれば、普通と違う気象になることもあるだろう。大雪や大雨、台風、大風、小雨、黒潮の蛇行など(現在紀伊半島に接岸した後、大蛇行しており青ヶ島近辺を流れている)、様々な変化が起きる可能性大。いろんな事象に対する気構えはしておきたい。

超甘口の記事ばかりとなっているレヴォーグながら、ベストカーで客観的な印象を書いたら、どうやら最近私はネットじゃアンチスバルの代表のように思われているらしい。数年前まで「スバルを誉めてばかりいる」と言われていたのに。この傾向、トヨタやホンダや日産についても同じこと。

トヨタ嫌いの人は私がトヨタ派だと書き、トヨタ好きは私のことをアンチトヨタだと言う。ホンダや日産も同じ。どう思われてもいいけれど、優れた技術や良いクルマはどこでも誉める。アカンければ批判する。それだけのことです。必要な情報を提供することが私の役割だと思う。出来れば誉めてばかりいたい。

2014年2月18日 (火)

B787だった(2月17日)

昼までホテルに居残りして仕事。終了したものの、予約できた飛行機は夕方。それじゃ、てんで一度行ってみたかった通天閣へ。まぁ驚いたの何の! 写真をクリックして大きくして頂ければ解るけれど、右の店に「日本一の串かつ」。左の店も「ふぐなら日本一」。日本一が密集してる!

2171

色使いも素晴らしい! 夜になったらどんな?

普通、なかなか日本一という表現は使わない。なのに通天閣を歩いていたら日本一の店がいくつもあった。しかも「2度づけ禁止」と書いてある串かつ屋さんばっかり! ちなみに食い倒れと言われる大阪ながら「凄く旨いモノ」に当たったことなし(串かつやお好み焼きは普通に美味しい。ただ東京でも食べられる)。

早めに空港に行くと、何とか前の便に変更出来ました。ゲートで待ってたのはB787! うおっと! 考えてなかった。とは言え嫌いな飛行機じゃない。しかも伊丹~羽田なら火事になっても降りられる空港多いし。下は主翼(ゲート締まるまでは写真撮れます)。先っちょが特徴的。 

2172

上は駐機中。下は飛行中

2173

翼のタカチが全く違う。もちろんB747だって駐機中と飛行中は全く違う”しなり”なのだけれど、B787の場合、顕著。それにしても美しい翼だ。空力特性の帳尻合わせに使うボルテックスジェネレーター(縦方向の小さなリブ。トヨタが最近使っているお魚形状の突起物もそう)は皆無。

2174

ダイバート筆頭候補の静岡空港

2175

静岡空港から8km東に静浜基地の滑走路

2176

大島空港も1800mあるので着陸可能

当然ながら火事にもならず羽田着。トラブルの原因さえ解明できれば(先日のプリウスのリコールも原因解明まで4年以上掛かった)、素晴らしいヒコーキになると思う。帰宅してネットを見てたら、大雪でいろんなことが起きている。ニンゲン、緊急事態の対応と遊び心が大切なことなのね、とシミジミ思う。

山崎製パン大活躍!

素敵な雪だるま達その1

素敵な雪だるま達その2

2014年2月17日 (月)

無事終了(2月16日)

5時に起きて原稿書きの後、オートメッセへ。今日は開場前からたくさんのお客さんが来てます。果たしてスンゴイ人出。大賑わいでございます。初日の雪の分はカバー出来ないかもしれなけど、1日あたりの入場者数は記録になるか? と思っていたらスタッドレスタイヤを送ったサポーターの方が差し入れを。

2161

吹田の松竹堂という人気店らしい

食べてみたら、う~ん! このトシになって一度も食べたことがない感じ。ウマいかウマくないかと聞かれたら「素晴らしい!」と答えたい。特にメロンとかパイナップルが美味しい。生ものなので頑張っていたBCギャルにどうぞしたら、やっぱり「???」。そして食べるや「おいし~い!」。そうだよな~。

2162

希少な2台!

CT、ザッカー、BCの3誌合同ブースも人がたくさん来る。上は右が説明するまでもない童夢ゼロ。そしてジオット・キャスピタの2号車(ジャッドエンジン)。どちらも童夢の作品であります。日本のスーパーカーの歴史。それにしても15年で童夢ゼロからキャスピタまで進化したんだから凄い。

2163

ということで無事終了!

どうやって帰ろうか? 新幹線は満席。飛行機も満席。ということで居残ることにしました。心斎橋というトコロの近所に泊まる。大阪は全く不慣れなので、どんなトコロなのか解らず。着いたのは夜だったし、到着直後に城市兄達と近所の串焼き屋さんに行って食べて飲んで沈没。

2014年2月16日 (日)

大阪へ(2月15日)

起きたら見事に積もっているけれど、降ってるのは雨。V40で家を出る。すると駐車場から道路に出るのに四苦八苦。スタックするため、バックしてアタック。そしてスタックの連続。南極海を行く砕氷船の走り方でございます。イキオイ付けて行くことも可能ながら、そんなことしたらバンパーがオシャカ。

2151

積もった!

表通りは超ノロノロ車両だったため裏道に入ったら、雪が重い! しかもほとんど走った形跡無しで、再び砕氷船走り。こらアカンと青梅街道に出たら、今度はシャーベットの水たまりだらけ。普通に走ると歩行者に水をハネてしまう。これまた水たまりの度に徐行を余儀なくされる。

2152

新雪が20cm以上積もるとFFじゃ厳しい

もっと驚くことに、車道の真ん中を人が歩いていワ、ジイさんが自転車漕いでるワ、コケそうになりながらスクーター乗ってる輩がいるワ、交差点の真ん中に宅配ピザ屋の3輪車がスタックしてるワで大混乱! 佐藤さんを麻布の事務所まで迎えに行くのに自宅から1時間! 早めに出て正解でございました。

2153

歩道は左側。交通量多い通りなのに 

さらに新橋駅で和泉さんを乗せ、東京テレポート駅で栗田さんを乗せ、WRCの収録を行う台場のスタジオに到着。すると必要な映像が無いというトラブル発生! 交通機関ないため(ゆりかもめは昨日のニュートラムと同じくスタッドレスタイヤ無く運休。タクシーも捕まらず)、私が麻布まで行くことに。

昨日の日記でアップしたレインボブリーブリッジは当然のことながら通行止め。簡単に閉鎖しやがる! 直近で3度出くわしたぞ! 首都高はETCゲートのトラブルのため全て手動。オヤジがすっかりヘタレになっており、料金所を通るのに時間掛かるの何の! そんなこんなで収録は3時間遅れ。

急いで対談のためベストカーに向かう。依然としてレインボーブリッジ閉鎖中。有明から首都高に入り、早稲田まで制限速度をしっかり守って急ぐ。幸い空いていたが、一難去ってまた一難! ベストカーの駐車場の前に雪のカベが出来てる! 雪かきしてる時間もないため、砕氷船アタック! 

対談終了後、東京駅へ急ぎ18時30分発の『のぞみ』で大阪に戻る。てんやわんやの2日間でございました。明日は朝からオートメッセ。お客さんで一杯になることを願ってます。その前に4時起きして仕上げなくならなう原稿が2本残っている! 本日収録したWRC『スウェディッシュ』の放送は以下の通り。

Jスポーツ

2014年2月15日 (土)

大雪(2月14日)

4時に起きて原稿書き。明るくなったので外を見たら雪であります。毎年金曜日から大入りとなるイベントながら、今日はどうだろうか? 積もり始めた雪の中、9時に会場へ行くと、やはり出足はイマイチだという。公共の足もニュートラムが止まっている。タイヤで走るためだ。スタッドレスタイヤに交換出来ない?

とは言えトークショーを予定通り行う。見てくれる人は少ないけれど熱心。ゲストも興味深い話をしてくれます。残念ながらココじゃ書けないような内容まで飛び出す。昼過ぎに大阪の雪は上がったが、依然としてニュートラム動いていないためお客さん増えず。今日来た人は凄くユッタリ見られたんじゃなかろうか。

終了後、東京へ。まず予約していた伊丹空港20時10分発のANAが欠航。電話してみたら、関空21時**分発の便に空きあるものの、天候次第で欠航になる可能性大きいという。だったら新幹線だ。新大阪まで行くと、幸い時間通りに運行してる。18時10分の『のぞみ』に乗り込む。

新大阪は3分遅れ。東京着は最大30分遅れるそうな。雪の難所である関ヶ原も無事通過し、名古屋10分遅れ。予想外に好調だ。そのまま小田原まで全開! トンネル多いですからね。さすがに平塚あたりから徐々に速度が落ち始め、相模川を渡るや100km/hくらいになる。しかも大雪だ。頑張れ新幹線。

何とか25分遅れで品川着。クルマが羽田空港だからして京急に乗り換えるも、超変速ダイヤでアナウンスもデッタラメ。ちなみに交通状況を見たら関越など通行止めになっている中、首都高のみチェーン規制すら掛かっていない! こら首都高、頑張ってますね! V40で首都高に乗るべく駐車場出たら‥‥

2142

この先が首都高の入り口

あらま! カンペキな雪道でございます。チェーンやスタッドレスタイヤじゃないと絶対無理! なのに首都高入り口、規制も無くスルーです。入れば雪がないのか? と思いながら合流したら、やっぱしカンペキな雪道。これでチェーン規制掛かってないのかよ! と大笑い!

2141

ドライブレコーダの映像です

レインボーブリッジも圧雪路になっている! ただ交通量極めて少ないし、皆さんチェーンやスタッドレスタイヤを履いているようだ。あまりに楽しいモンだから遠回りして5号線の中台まで首都高を堪能す! 雪質は重い。車線変更しようとすると、深くて重い雪だまりを通過しなくちゃならん。

中台で降り、環八を走っていたら車道を自転車で走ってるオタンコに遭遇。ナニ考えてるんだ? さらに凄かったのは家の近所。とうてい東京とは思えないような風景である。スキーで移動出来そうな感じ。タイヘンなことになっているが、東京生まれって基本的に雪見るとはしゃぐ。楽しいです。

2014年2月14日 (金)

大阪へ(2月13日)

時差を有効に使い4時っちゃ起きて原稿書きしようと思っていたものの、夕べお酒を飲み過ぎたせいか5時半まで寝ちゃいました。しくしく。ハワイくらいの時差(5時間)ならあまり厳しくない。8時間だとコタえますワな。時差の適応能力についちゃ人によって違うようだが、私の場合、5時間くらいだと考えます。

17時の飛行機で伊丹へ。大阪オートメッセの先入りだ。ただ土曜日の午前中にTVの収録あるため、金曜日中に帰京しなければならぬ。天気予報は雪。今回降る可能性五分五分とみる。いや、関ヶ原あたりの降雪量、多いかもしれない。新幹線で帰京しようと思っていたが、自分の予想を信じて飛行機にしたのだった。

加えて羽田空港からなら首都高で高井戸まで走れる。先週の大雪も首都高は激しく気合い入れ、ついに閉鎖せず。あれだけ降ったのに耐えたのだから大いにホメたい! 多少の雪ならヘッチャラかと。結論。行きも帰りも飛行機にし、さらに羽田空港までの往復はクルマ(スタッドレスタイヤ付きのV40)にしました。

大阪行きは満席! 新幹線の方が早いという人も多い中、飛行機の需要は減らない。私の例で考えると、自宅から羽田までクルマだと1時間半。1時間前に付き、飛行時間1時間。市内まで40分。新幹線だと東京駅まで1時間。20分前に着くようする。乗車時間2時間30分。飛行機なら合計4時間10分。新幹線3時間50分。

新幹線の方が早いように感じるが、飛行機だと空港で待つ時間や、機内で原稿書ける。この日記も機内で書いてます。しかも空港までならクルマで座って往復可能。ということを考えれば、総合効率で飛行機ということになるのだった。ちなみに金額だと新幹線の方が羽田空港の駐車場分だけ安い。

皆さん同じような計算をして飛行機を選んでいるんだと思う。つまり500km程度の移動であれば、飛行機の競争力もキープ出来るということ。逆に500km以内なら新幹線の勝ち。よって北陸新幹線が開通すると、富山や金沢(小松は市内から通り)は飛行機の需要激減になると予想しておく。

土曜日は東京にいるが、日曜日もオートメッセに終日居ます。面白いトークショーもあるので、お時間ある方は遊びに来てください。困ったことに金曜日は大阪の予報も雪。大阪についちゃ経験ないため、気象庁の予報を参考にするしかありません。オートメッセはクルマで来場される人も多いので心配です。

2014年2月13日 (木)

やっと帰国(2月12日)

アサイーボウルに全く興味は無いけれど「ハワイで一番美味しいから食べてみろ」と言われ、モノは試しと『プロテアカフェ』へ。確かに旨いけど、こらアサイーの味じゃなくバナナやブルーベリーや甘いシロップの味だ。しかもボリュームあるから全く低カロリーでもない。こんなモン喰ってたら太るよ。

2123

ルアナ・ワイキキへ

一週間近い海外滞在の場合、帰国する時は「やっと帰れる」か「もっと居たい」のドチラか。ハワイの場合、後者である。仕事で来てるのだけれど、皆さん遊んでるので仲間に入りたくなってなってしまう。その割に仕事だから、遊べず。結果「せっかく来たんだから遊んで帰りたい」というキモチになっちゃうのだ。

2122_2

すみません。調子に乗りました

ハワイで多く見かけたのが、私を育ててくれた世代の先輩方。リタイアし、奥様と旅行してるのだろう。60歳代半ばだからして元気一杯! 老人でもないし、現役でも無い。様子を見てると、楽しそうだけれど、やり残し感もある? 様々な能力を持つ先輩世代の人にもう少し頑張って欲しい、と思うのは私だけだろうか。

機内で『ゼロ・クラビティ』という映画を見る。結論から書くと「噴飯物」。宇宙飛行士はどんな状況になってもパニックにならないよう訓練されているし、そういった資質がないとエリミネートされる。なのに最初からずっとお化け屋敷を訪れた女子中学生のようなパニック映画である! ここまで酷い映画は久しぶり。

2121

高度11277mで巡航中、デルタのB767-300ERを抜く

この時期にしては向かい風が弱いのか、フライトタイムは8時間を切っている。シート電源の無い古いシートだったため、原稿書けるのは4時間。超ツマラン映画見て食事して原稿書いて電池残量10%になったトコロで「電源をお切りください」のアナウンス。あっという間に成田着であります。

21242125

熊本のお酒

もっと雪が残っているかも思いきや、駐車場屋さんも残雪無し。東関道も路肩に少し残っている程度。酷かったのは都内の青梅街道で、自転車が路肩の雪を避けるため激しく車道に後方確認すらしないで出てくる。自分の命が惜しくないのだろうか? 今宵は読者の方から頂いたお酒飲み早寝っす。 

2014年2月12日 (水)

未だ帰れず(2月11日)

取材が終わったので1日早い飛行機で帰ろうとかと思ったら、日本着が11日の休日になるということで満席。なるほど月曜日だけ休めばハワイ旅行出来ますワな。仕方なく日本での仕事を考えたデッドラインとして予約しておいたホノルル11日出発の便で帰る。すなわち1日オフになりました。

されど原稿あるため昼までホテルで仕事。好天なのになぁ~。朝ご飯は昨日混んでいたエッグス・シングスへ。パンケーキを食べてみろ、というのでやむをえずバナナを。やっぱし味は普通。というかコストコでアメリカのパンケーキミックス買い、凶暴なくらい生クリーム乗せたら同じ味になります。

2111

太るぞ!

原稿書きで脳みそに乳酸貯まったため昼過ぎからバスに乗ってアラモアナセンターへ行く。やっぱし日本人が最大勢力かもしれません。ワイキキトロリーからして日本人ばかり。エッグス・シングスも日本人ばかり。ただブランドショップは中国人が最大勢力とのこと。高いモノを買ってますな。

2112

シートベルト着用原理主義の松下センセは乗れない

ソチのオリンピックが始まった。夜、フネ関係の人とスポーツバーに行ったらリュージュ(1人乗りのソリ)をやっていた。日本の不得意ジャンルです。そらそうだ。この手の競技、本来だとレーシングドライバーやバイクのレーサーのような感性を必要とする。オリンピックならトップクラスの選手じゃないとダメでしょ。

2113

誰かカジキ釣りに連れて行ってくれ!

なのにモータースポーツの選手がソリ競技にスカウトされた、という話を聞いたことがない。少なくともトップクラスの競技選手と、セッティングの出来るエンジニアがいないと相手にならないと思う。筋肉の脳みそじゃダメ。ボブスレーなんかフェラーリとかBMW製だもの。ワークス相手に勝てるワケね~す!

冬のオリンピックは道具も重要だ。だからこそインテリジェンスを感じる。日本が冬のオリンピックで限られた分野しか強くないのは文化の奥行き不足だと思う。もっともっとホンキで遊ばないとダメです。私は日本人としちゃ厳しい修行をしている方だけど、白人のオタンコさにゃ遠く及ばない。修行不足だ!

2014年2月11日 (火)

群集心理(2月10日)

起きたら5日目にして初めての晴天! 当然のことながら取材もバッチリであります。10時マリーナということなので近所の『エッグス・シングス』に行ってみたら、スンゴイ行列! ここもパンケーキとか卵3つのオムレツとか美味しいお店なのだけれど、じゃ死ぬほどウマいか、と聞かれたら「普通」です。

2092

アメリカって朝ご飯が美味しい店は多い

アッサリ引き返し、DFSの手前を運河の方に曲がった、夜はスポーツバーになるお店に。日本人皆無だし空いてます。ここでエッグベネディクトを。しっかり美味しい。この店も芸能人とかが紹介すると押すな押すなになっちゃうだろう。その割に小倉さんのラーメン屋さんはショッパイ感じですけど‥‥。

2091

良い天気です

ということで海に出る。出来ればルアーを引っ張りたいトコロながら、お預けです。60歳になって生きていたら(そしてお金が残っていたら)、ハワイでカジキなど狙ってみたいなと、あまりの気持ちよさに一瞬思ったけれど、考えてみたら夢の島マリーナから2時間半走ればカジキ釣れる!

ハワイの人が大喜びするマヒマヒ(シイラ)なんか簡単に釣れちゃいます。GTもハワイじゃなく沖縄に行けば大物が釣れる。そう考えたら日本だって捨てたモンぢゃない、どころか、素晴らしい国に生まれたと感謝しきり。少なくとも人口1千万の都市からフネで2時間半走ればカジキ釣れる国など無い。

2093

マリーナの前がアラモアナセンター

遅いお昼をアラモアナの『アイランズ』で。ここのハンバーガー、絶品である。やはり日本じゃ紹介されていないためいつも空いているし、日本人はハワイに住んでいる人以外はほとんど居ない。ただハンバーガーとアイスティ飲んだだけで一人当たり1700円くらいになっちゃいますけどね。

そのままアラモアナでお買い物。皆さん普通のショップに行くものの、端っこにある『Macy,s』がお買い得でございます。いつもセールをやってるし、今日なんかセール品を含めさらに10%引き。日本のアウトレットなんかで買ってられっかよ! のプライス。撮影用の衣服を探します。

2014年2月10日 (月)

大雪(2月9日)

今日も朝から雨で取材中止。いくらなんでも天気悪すぎでしょう。寒いし。日本の大雪と同じく寒冷化(!)の影響か? 関東圏の交通状況が厳しいようだ。興味深いのは首都高が昨日も通行可能だったということ! 前回の雪で閉鎖が長かったためボッコボコにされたので気合い入れたんだろう。少し見直した。

中には「たったコレだけの雪で混乱するのはおかしい!」などと言う人もいるけれど、逆にたった1回の大雪のために除雪インフラを整えることの方がオタンコだ。新潟県なんかどんだけ除雪車を持っていることか! 羽田空港だって除雪しようと思ったら、大量の除雪機をムダに用意しなくちゃならぬ。

だったら45年に一度の大雪を味わったらいい。降雪地域に住む人の苦労も解るってモンだ。ただ選挙とオリンピックの話題が少し薄くなりましね。私が事前投票した人はアカンかったす。そんなことを考えていたら「カイルアのシナモンズに行きましょう」というお誘い。待たずに入れてくれるそうな。

2081

東京都、都渋谷区

ガチのヒョウロンカなので結論から書くと「なんで?」。35年前に初めてアメリカで食べた普通のパンケーキであります。味が変わったのかと思ってました。レドンドビーチの桟橋の上にある通称「ばばぁの店」(ポーリーズ・オン・ザ・ピアが正式名)のパンケーキの方がずっと美味しいと考えます。

とコメントしたら「そうでしょ? ブーツ&キモズも、この2年で何で急に人気出たのか全く理解出来ない」だって。誰が仕掛けたのか不明ながら、流行ってオモシロイ。それより道すがらに置いてあるクラシック・ボート達が良い雰囲気を出してます。こんなちっちゃいフネなのに、150馬力×2ときた。

2082

現役とのこと

今日から宿を移動するためチャージャーを返す。ずっと欲しいと思っていたクルマだったが(日本で短い時間試乗したときは好印象でした)、4日間ジックリ付き合ったら恋は冷めた。そんなに楽しいクルマぢゃありませんでしたね。やっぱしアメ車と暮らすなら、チャレンジャーのマニュアルしかない?

2083

まずネオチューンが必要

ということで次の取材はホノルルのマリーナがベースになるため、引っ越し。それにしてもハワイ人気に驚く。中国人と韓国人が急増しているのだった。こんな時期なのにホテルの予約で困るほど。ワイキキを歩いていると中国語と韓国語があふれかえっている。DFSにとっても上客だという。

2014年2月 9日 (日)

ハレイワ(2月8日)

本日も荒天なので2件目の取材を先行させる。コッチは波に強いフネだからして安全性にゃ問題なし。ちなみに私の理想のフネは「どんな海況でも帰ってこられること」だ。横方向の波でロールして戻ってくるだけでなく、前後方向の波によってマクれても大丈夫なフネであります。

2071

風より雨が酷い

オアフ近海の、特にノースショアは冬場に巨大な波が出来ることで知られる。ここの海でレスキューに使うフネは50フィートの波(15m)にも耐えるのだった。今日は20フィート(6m)くらいの波だったため、余裕のよっちゃん。ただ砕ける直前の波の揺れ方ときたらハンパじゃね~す! 

2072

ハレイワのマリーナ

1時間くらいで全身の筋肉がパンパンになっちゃうほど。基本的に立っていられないのだ。私のフネは日本で入手出来る26フィート級じゃ最も波に強いと言われているけど(だから選んだ)、さすがにアウツかもしれません。いやいや凄い凄い! ただどんなフネでも波の中は快適と言えぬ。

2073

日本の会員証で入れます

ハレイワからの帰り道にワイピオのコストコに寄ってみた。アメリカ本土のコストコって倉庫みたいで超実務的ながら、ハワイは日本と同じような品揃え。日本がハワイと同じタイプを選んだのかもしれません。ウッカリたくさん買い物をしそうになってしまった。欲しい商品がたっくさんあります。

大雪の日本は、夕方から東京電力の需給状況が極めて厳しくなった。18時台は95%(!)台を推移。晩ご飯の支度始まり、暖房需要も増えるため夏場より危うい状況になる? こんな時はTVの速報で電力の節約をお願いすればいいのに、と思う。私が日本に居ればリーフからデンキ取ったんですけど。

2014年2月 8日 (土)

カイルア(2月7日)

昨晩からの強い雨こそ上がったものの、リーフの外は大荒れということで本日も取材中止。とりあえず持ってきた原稿がたくさんあるため、午前中ホテルで仕事。原稿書いていれば日本もカネオヘも一緒。この仕事の便利なトコロだったりして。それにしても居心地良い宿だ。カネオヘ唯一の宿です。

2061

このクリークからカヌーで海に出られる

お昼ご飯を食べに隣町のカイルアへ。3年前に来たときは日本人なんか全く居ないノンビリした街だったけれど、なぜかブームになっているらしい。もはや日本人10人に対し、現地の人4といった感じ。大げさじゃ無いっす! パンケーキが美味しいブーツ&キモズもすんごいコトになってた。う~ん!

2062

全て日本人。平均1時間待ちらしい

モールのカドにあるジュース屋さんだってアサイーボウルで有名になってる! なんでカイルアなのか不思議でならぬ。お店だって少ないし、お土産屋さんも高い。観光バスで来れば歩いて回れるのがいい? ハワイのローカルを楽しむならカネオヘの方が面白いけど、クルマは必要です。

2063

オアフ島の大きさだとリーフが使い勝手良さそう

一旦ホテルに戻って原稿書きし、近所のモールへ行って晩ご飯。ホテルは週に3回しか晩ご飯が無い。帰りにフードマートに行ったらカッコ良い飲み物が! まるでドラッグレースやドリフトで使われるNOS(笑気ガス。ニトロとかナイトロとも呼ばれる)のタンクみたい。思わず購入す。

2064

カコイイ!

日本のリポビタンDから始まったエナジードリンクはレッドブルで爆発的なヒットになり、今やモンスター、シャーク、バーンなど多数。長い歴史を持つ日本のエナジードリンクはなんで世界商品にならなかったのだろう? そのあたりを調べて卒業論文なんか書いたら、きっと就職出来ると思う。

2014年2月 7日 (金)

海は大荒れ(2月6日)

ホノルルまでのフライトタイムは6時間10分とビミョウ。夜出発で朝到着のため、本来なら一晩分の睡眠を取らなくちゃならないけどゴハン食べて映画一本見たら、残る時間は3時間半。実際『ラッシュ』を見始めるや最後まで楽しんじゃいました。ちなみにラッシュ、とっても良く出来た映画だと思う。

唯一の「う~ん」は、スタートシーンのCGを使い回しているのだろう。富士スピードウェイのスケール感が全く違う。当時だってあんなに狭くて小さくないです。また、展開の中で馬鹿なジャーナリストが出てくるけれど(実話かどうか確認出来ていない)、ああいう輩がメディアのステレオタイプなんだろうな、と痛感す。

客観的に見ると、もし居たとしてもF1を追っているヤツじゃないと思う。スキャンダル狙い一般メディアだ。あんな記者会見あったとしたら、F1のレギュラー取材陣がその場でボコボコにすべきです。そういったストーリー展開にならなかった、というあたりにメディアの社会的なイメージがあるのかもしれません。

2054

カネオヘのピア(桟橋)

ということであっという間にホノルル。着陸時に見た海は大荒れ。こら取材になりませんね、と思いながら着陸。1人も待たずにイミグレーション通り、機外に出て10分で到着ロビー。電話するとやっぱし本日の取材は中止。まぁこの時期のハワイは荒れることが多い。予備日を2日間取ってます。

2055

カネオヘのホテル

ダッジ・チャージャーを借りてカネオヘまで。素晴らしいロケーション&雰囲気のホテルであります。海は荒れてないように見えるものの、環礁の外に出たら3~5mのウネリが到達しているのだった。とりまパールリッジに行き、モールで買い物したりしてノンビリ過ごす。考えてみたら久しぶりだ。

2056

ホテルのレストラン

夜はホテルで。生演奏付きです。味についちゃ普通ながら、海が見えるし気温もTシャツ+短パンで丁度良い。昨晩と全く違う。走れメロスの解釈が話題になってるけど、今や千km/hで移動可能。便利な世の中になったモンだ。マイタイを5杯飲んだら睡眠不足もあり、久々に何度も落ちちゃいました。夜半から雨。

2014年2月 6日 (木)

寒い! 強風!(2月5日)

今日も5時に起きてアクアライン。3日連続でございます。朝は北西の風が15mも吹いており、大荒れ! ただ空気中のチリなど吹き飛ばされたのだろう。驚くほどクリアに見えます。下の写真は海ほたるから横浜のランドマークタワー&丹沢山塊の大山。昨日の雪でずいぶん白くなってる。

2051

なんだか東京湾と思えぬ

荒れた海を見るのも楽しい。海の上に居たら最悪ですけど。コーヒー飲んでかずさアカデミアパーク周辺へ。取材は順調に終了。燃費計測したら、意外や意外! の結果になりました。いや、正確に言えば何となく予想出来ていたことですけどね。昨日のTOPで書いた通りでございます。

2053

向こう側はアルト

これまた「へぇ~」だったのがアルトECO。ワクワクはさせてくれないスズキながら、実用性の高さときたら凄いと思う。クルマを道具として割り切れるのであれば悪いチョイスぢゃないと考えます。ヴェゼルも改めて燃費計測すると、いろんなコトが解る。やっぱしクルマは比較テストすると興味深い。

2052

キヤノンのSX280

帰りも空気澄んでいるので海ほたるに寄る。羽田へのアプローチは、昨年廃止になったらしいフッツビジュアルに近いコース。富津岬の上あたりから左に旋回し、海ほたるの南側上空で滑走路に正対している感じ。左側席(A列)に座れば、三浦半島や横須賀、横浜を眺められる。

2014年2月 5日 (水)

東京ドイツ村(2月4日)

6時に家を出て千葉の東京ドイツ村へ。V40のネオチューン+ポールスター+ブリヂストンVRXは快適であります! 久々に深い満足度だったりして。燃費も14km/L台で納得いく。何より楽しいし、気持ち良いし、カッコ良い。それでいて安全装備バッチリ! スモールオーバーラップ衝突まで安心出来る。

2041

ゴジラ

東京ドイツ村に着いたら見慣れないクルマが。現代自動車のゴジラ‥‥ぢゃなくアゼラ。カムリより一回り大きいFFで3,3リッターV6を搭載している。カッコ良いクルマが多い韓国車ながら、ゴジラぢゃなくアゼラはイマイチ。そう考えると現代自動車より起亜自動車の方がデザインは上だと思う。

2042

シュルダーラインがくどい

ノア/ヴォクシーとハリアーの試乗会である。解りきったことを聞く松下センセと違い、ノア/ヴォシクーは自動ブレーキの件についちゃ一切触れないようにしようと思っていたけど(付いてないのだからナニを言っても意味無し)、とりあえず付けなかった理由を聞いてみた。とりま友人や知人、読者には推奨しないです。

ハリアーのプリクラ、クラウンと同じだという。だったら15~30km/hの速度域で止まるのか聞いてみたら「止まる可能性は高いです。でも100%保証できないのでカタログにも書いてません」。相変わらずの禅問答。まぁノア/ヴォクシーもハリアーも売れている。「知らない」というのも幸せだ。

TV見ると皆さん「立春なのに寒い!」と言ってるが当たり前。立春は旧暦の2月4日。今年の暦だと1月31日が正月。立春は3月4日である。旧暦の立春ならOKでしょ? ちなみに旧暦だと2月30日まである。なんで2月って28日なんだろ? まぁローマ時代の太陽暦を作った時の事情らしいですけど。

2月は2日間少ないから締め切り早いし、商売やってれば日銭も入らぬ! うなぎ屋やってる時も2月は厳しかった。この際、1月と8月から1日づつ引っ張ってきて、隔月に31日を作ればいいのに。で、うるう年だけ2月を31日までにする。これで全て上手く収まるんじゃなかろうか。

2014年2月 4日 (火)

カーボンヘルメット(2月3日)

ワケあってアライのカーボン製ヘルメットを預かっている。レース用で50万4千円! カッコいいす! もちろん軽い! レースは強い横Gが掛かるため少しでも軽いヘルメットをカブりたいところ。樹脂だと安全性を考えれば軽量化にも限界がある。カーボン上等です。聞けば需要多く、納期掛かるとか。

2031

WRCも皆さんカーボンカブッてます

バイク用もあって、これまたカッコ良い。やっぱり売れているそうな。1日1個しか作れないと言うから当然か。今年のライセンスが届いた。下は昨年までのモノ。ずいぶんカッコ良くなりました。ちなみに私のライセンスは国際ラリーだけでなくレースにも出場出来るインターナショナルCです。

2032

レース除外のインターCというのもあります

今日は夕方まで原稿書き。終了後、メインテナンスのためリーフのラリー車をサンコーワークスまで運ぶ。すでに前期型のリーフは電池容量セグメントが一つ消えている車両が多いけれど、私のラリー車はフルに点いている。3年と2万kmなので、計算だと新品の93,5%程度の容量。そんなモンだと思う。

2033

帰宅して豆まき。豆を買ったらお面が付いてたので気分出してみた。可愛い鬼でございますワな。最近は恵方巻きなるものを売っている。東京にゃない習慣。セブンイレブンは店頭でお嬢さんが売っていたが、激しく売れ残っていた。少なくとも東京生まれの人だと買わないと思います。

2014年2月 3日 (月)

カレイおでこ(2月2日)

10時に家を出てマリーナへ。天気が心配だったものの予報ハズれて雨は降ってないし、強い南西風も吹く気配無し。天気予報を信じないでよかった。マリーナでお昼食べ、12時少し前に出港したらベタナギ! 予報だと10m以上吹くって言ったのに! ま、吹いたって湾奥ならすぐ逃げられます。

この時期、狙いは当然の如く釣れないカレイです。船橋沖に行くと10パイ以上が集まっている。ただ皆さん超ヒマそう。人の姿見えないフネも。あまりに釣れなくて寝てるワケ。今日も仲間入りして人生を考える時間を頂くことにする。ということで3時間くらい人生を考えるが、肝心の釣り竿はピクリともせず。

2021

てんで釣れねぇ!

幸い強風の予想が超を10コつけたいくらい大ハズレ。こんな風の無い日は無いほど穏やか。お日様まで出てきたし。釣れないし。人生の反省もタップリ出来たため羽田方面に転進。シーバスと遊んでもらうことにした。全く初めて、という人に指南しながら何とか一匹。ただシーバスも少ない。

いつもならビッシリ魚探に反応する場所なのにまばら。日も傾き寒くなってきたので帰港。カレイ、周囲のフネも全く釣れていなかったため、もはやシーズン終わりかもしれません。2月から3月に掛け、釣りはシーズンオフであります。フネと釣り道具のメンテナンスに勤しみます。

タイの争乱は少しづつ厳しい状況になっている。なんたって選挙妨害は民主主義じゃ絶対やっちゃいけないこと。イロハのイだ。かといって反対してるのは少数派という状況じゃない。少数派ならテロに走るも、国民の3分の1くらい反対派だから、警察も抑えきないワな。抑えたら圧制になるし。

かといって現在騒いでる反対派の言うことだけ聞きインラック政権を引きずり降ろしたら、今度は3分の2を占める人達が黙っていないだろう。どうするのか? タイ人すら予想出来ず。ただタイの人と連絡を取ると「普通ですよ。ダイジョウブ」。このまま続けばデモやってる人達も喰えなくなってくる。

2014年2月 2日 (日)

五輪ナンバー(2月1日)

来年にもオリンピックナンバーが登場するらしい。この手の賑やかしに弱い私は、情けないことに99%導入しそうな気がする。ラリーカーのナンバーにしちゃっても似合う。東京生まれはお祭りに弱いのだった。いや、お祭りが盛んな場所は東京以外だって多いですね。全国規模で流行ると思う。

予算不足が伝えられているオリンピックながら、こういったナンバーで寄付金を募ればいい。今のところ数百円を予定しているようだけど、5千円だってよい。その場合、有名な芸術家やイラストレーター使って写真よりもっとカッコ良くしてくれればOKです。役人にしちゃ珍しくアタマを使った! ホメておく。

スポーツや文化というのは奥行き必要。特にモータースポーツやバレエ、ウインタースポーツなど、裾野の広さが必要。その分野で我が国の存在感が増している。驚いたのはローザンヌの国際バレエコンクール。何と! 今年はワンツーフィニッシュ+6位に日本人だって! 2年前にも1位を取った。素晴らしい!

ソチのオリンピック、本日時点じゃほとんど盛り上がっていないが、始まればにわかヒョウロンカ続出となる。相変わらず大手メディアは期待ばかり持たせる報道。成績悪けりゃ「実は調子悪かった」みたいになります。選手は頑張ってる。大半の競技で国の予算なんか雀の涙だ。暖かい声援を送りたい。

オーダー受けていた原稿が夜10時過ぎにやっと終了。こうなれば明日は久々に釣りだ! と思いきや、どうやら天気イマイチらしい。カレイもそろそろシーズン終わり。シーバスも釣れているという。冬場のシーバス、ジグを底まで落としてヘコヘコすれば釣れる。雨や強風じゃなければ出撃したい。

2014年2月 1日 (土)

BSのVRX(1月31日)

ブリジストンの新作である『VRX』をV40に履かせてみた。VRX、自動車メーカーの評価も高い。すでに先日ヴェゼルとアウトランダーPHEVで相当走り込んでみたけれど、確かに良い感じ。なかでも「大きく進化しましたね!」と感じたのが今まで苦手としてきたドライ路面での性能だ。

1311

輸入車との相性もバッチリ!

今までのブリザックは大きな走行音を出すことに象徴されるのだけれど、転がり抵抗が非常に大きかった。プリウスなど10%くらい落ちてしまうほど。というかスタッドレスタイヤってそんなモンかと思ってヨコハマのiG50を試してみたら、ほとんど燃費変わらない。今やスタッドレスタイヤでも転がり抵抗少ないのだ。

早速VRXで燃費をチェックしてみた。といっても綿密な計測はジックリやります。速報など。第3京浜の走行車線を走ってみたのが下の写真。ブリヂストンのWebによれば、普通のタイヤとECOタイヤの中間くらいの転がり抵抗だと書いてあるが、大いに納得出来る。このくらい走ればモンク無し。

1312

V40で18,5km/Lなら上々

参考までに書いておくと、アイスバーン性能は今までもヨコハマとブリヂストンが他をリードしていた。ドライ路面でも高い性能を確認出来た今、これから買う ならヨコハマのiG50とブリヂストンのVRXしかないと思います。どちらが良いかは、お好みのブランドで、ということになる。

その他、ハンドルのセンター付近の”粘り”が出る程度で、乗り心地も直進安定性も騒音も、教えて貰わなければ夏タイヤと区別できないほど。V40の純正はミシュランなので、舗装路性能で評価の高いミシュランのスタッドレスタイヤと比べたってイーブンだということです。近々FFでの雪道を試したい。

VRXのWebへ

午後からエクストレイルの試乗会。自動ブレーキの稼働速度域は10~80km/hで、35km/hくらいまでなら衝突前に停止出来る能力を持つそうな(公式には30km/hまで)。10km/h以下はどうなるのか聞くと「8km/hまでなら飛び出し防止装置の担当なので止まります」。

じゃ9km/hだとどうなりますか? 返したら「‥‥‥‥」。ブレーキ掛けながらビミョウに衝突するかもしれないという。こういった制御は誤差を大きく盛り込んでいるため、9km/hでも99%は止まると考えます。ただQ&A集の答えを用意していなかった、という点が斬新でございました。

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »