« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月30日 (土)

公安に!(11月29日)

念のため国際免許見たら11月で期限切れ。金曜日でヨカッタ! 慌てて江東の試験所へ。写真を出したら、元おね~さんが「ちょっと古いんじゃないですか?」。そんなこともないと思うけれど、確かに6か月前にゃ見えん。トットと撮り直す。出来上がりを渡される際「お仕事頑張ってください」。

やばい! 公安委員会にマークされていた! 警察関係に読者が居たとは! 確かに警察関係者にもクルマ好きはいるワな。そういや古屋国家公安委員長もクルマ好きだった。勝股兄と仲良いらしい。いずれにしろ国際免許証が間に合ってラッキーざます。これで準備完了。後はタイの情勢だ。

夕方、JAFの年間表彰式に行く。といってもJAF公式戦に2回しか出てないからシリーズは8位。あと3点取っていれば6位でしたけどね! しかし! 嬉しいことに『JRCA』からアワードを頂けるという。今年はラリー前に救急救命の講習をやってくれたコ・ドラの足立さやかさんと2人だという。

11291

手前がJRCAのアワード

それにしてもリーフの成績は出来過ぎでしたね。当初目標としてたの「完走と1台でいいからガソリン車に勝つこと!」。おミソで出た初戦で完走を果たし、JAF公式戦となった2戦目にタナボタの3位! 3戦目はガソリン車と真正面から戦い、幸運も恵まれたけれどクラス1位。アワードまで頂いた。

来年についちゃ未定。全日本ラリーを盛り上げてくれるような人が居たら乗ってもらってもいいし。ラリー車は12月1日に京都の知恩院に展示され、続いて大阪で行われるJAFのイベントで走らせます。次の週末は熊本のEVイベントに展示される予定。喜多見さんと小澤さんと伊藤さんの力作を見て貰ったら嬉しい。

2013年11月29日 (金)

燃費大会(11月28日)

一ヶ月くらい前から右肩の調子が悪くなってきた。確実に進行しており、ここ数日は歯を磨くだけで”バネ指”ならぬ”バネ腕”になってしまい、痛みも激しい。モハヤコレマデ、と昨年掛かった病院に行く。症状を伝えると、触診などの後、やがて「わかりません」だって! 今回は関節じゃなく筋肉のようだ。

レントゲンを撮ったが、それでも「わからないですね」。前回見て貰った肩関節の専門の先生ではなかったけれど、あまりに「あらま!」で驚く。徐々に生活に影響出てきている状態であります。少なくとも私は困ってるから病院に行った。とは言え腫瘍や難病の類いじゃないとのことなので、しばらく様子を見ます。

以前の”しびれ”は加齢によるものだと診断してもらい、ストレッチやからだげんきの野村君に相談したら調子良くなった。今回の症状、今までと明らかに違う。果たして悪化していくのか? もう少し悪くなると、キーボードを操作できなくなりそうな感じ。これまでになく心配な状況でございます。

タイの情勢がますます悪くなってきた。タイの知人の情報によれば官公庁の閉鎖が続々と増え始め、エスカレートしたら空港の入管業務などへの影響も考えられるという。出来れば私ら入国した後から始まり、帰国する前までの間だと嬉しい。長引いて帰れなくなっても困るし。12月5日は王様の誕生日なのに。

今週の土日はメガウェブでベストカー主催の燃費GPが行われる。私がワイドワン(メガウェブの試乗コース)で出した燃費にチャレンジしてもらう、というモノ。クルマはフィット、アクア、ミラ・イース、アルトエコです。10時から受け付け開始なので、ぜひともチャレンジしてください。豪華賞品ある?

会員の方へ。忘年会の日時と場所が決まりました。会員掲示板を御覧ください。

2013年11月28日 (木)

タイのデモ拡大(11月27日)

朝5時に有明集合の取材&撮影。日の出は6時28分なので、真っ暗であります。Sクラスvs7シリーズvsA8という王道の企画だ。改めて乗り比べると考えることが多い。本来ならLS460もライバル車なのだけれど、味や個性という点で厳しいかもしれません。次期型LS、どうなるんだろ?

angry中国が突如した防空識別圏にアメリカはB52爆撃機を2機飛ばした! B52のレーダー反射は超大きいと言われているため、中国の古いレーダーにも思い切り写ったことだろう。しかも爆撃機! 中国のメンツを思い切り潰しに行った。対する中国はスクランブルも出来ず。だっさ!

coldsweats02タイがいい感じで熱くなってきちゃった。日に日にデモの参会者が増えていく。現時点ではバンコクの西側で盛り上がっているため商業地域に影響出ていないけれど、この2~3年は危険なお祭りのようなモノ。憂さ晴らしのように思っている人も少なくない。これ以上拡大しないことを望む。

28日にインラック首相に対する不信任案の議決が行われるが、結果次第じゃ拡大すると言われている。いや、不信任案が採択されることなどないだろうから、荒れる方向なのは間違いなし。在タイの日本企業の動きを見ると、すでに緊張状態になっている。果たしてどうなるか、全く読めない。

poutフィリピンに於ける自衛隊の活躍の報道が少な過ぎる。海外の報道を見ると輸送艦『おおすみ』に搭載しているホーバークラフトで全輪駆動のトラックを運び、物資輸送も開始したようだ。トラックに運搬能力はヘリより格段に費用対効果が高い。目に見えるカタチで日本は存在感を出しているという。

なんで日本のメディアは報道しないのだろうか? 自衛隊も各部隊に1メディアくらい記者を同行させればいいのに。こういった時にキチンと状況を説明すれば、病院船の必要性などもアピール出来る。中国だって1万4千トン級の病院船を持っており、フィリピンに派遣した。平時は沿岸地域の検診などに使ったっていい。

2013年11月27日 (水)

オデッセイ(11月26日)

9時に家を出てターンパイクへ。オデッセイの試乗会が急に行われることになった。オデッセイと言えばステップワゴンと並びホンダの苦境を救ったモデル。3代目まで派手な発表会を行い、試乗会も行われてましたね。しかしトップに書いた通り5代目は地味で、売る気ないんじゃないかと思えるほど。

とっても良いクルマなのに残念です。終了後、エンジン編集部に明日取材で使うBMW7シリーズを取りに行く。Sクラスと比べるといろんな意味で古い感じ。自動ブレーキのセンサーもレベル低い。アウディA8はさらに古い、と思う。逆説的ながら、だから良いという人もいるんだろう。

12月6日からタイのキングスカップなのだが、タイって毎年この時期になるとデモだったり洪水だったり何かある。今年はデモ。11月に入ってエスカレートし始め、今や観光庁を皮切りに財務省や外務省まで乗っ取られてしまった。すでに治安法をバンコク全域に発令してます。それでも何とかなるのがタイ?

特定秘密保護法案、急いで作らなければならないほど福島第一原発は厳しい状況にある、ということなんでしょう。実際、すでに福島第一の報道を見ると、ボカしなど多く入るようになってきた。これからは出てくる情報を一段と操作されるようになる、ということでございます。第2次世界大戦前の如し。

もう一つ考えられるとすれば、対中国でアメリカと何かやろうとしている、ということ。ケネディさんを大使にしきてたことと合わせ、新しい対中国戦略を始めた可能性大。こうなると日本側から情報漏れたらアカン。いずれにしろ法案成立を急ぐ理由はこの二つくらいしかありません。

それにしても中国はナニを考えているのだろう、とは思わない。中国は中国で、国内の不満を抑えるため日本という「共通の敵」を作らなくちゃならないのだ。日本に対する姿勢の強さは、国内の危機感を反映しているということ。そろそろ中国も厳しくなってきたかもしれません。現体制、長くないか?

猪瀬さんは客観的に見て詰んだと思う。インチキな領収書を出してくるあたり、もうジャーナリストとしちゃ終わっている。後は猪瀬さんの美学の問題だ。カッコ悪すぎ。検察は猪瀬さんの得票数を考え積極的に動気配無し。このあたりは興味深い。いずれにしろ私の中の猪瀬さんは終わった。

2013年11月26日 (火)

GT-R(11月25日)

袖ケ浦サーキットで行われた2014年型『GT-R』の試乗会へ。話を聞いて「あらま!」。コペ転しちゃいました! GT-Rって今まで「普通のグレードで世界一速くニュルを走れるクルマ」を目指していた。私は「ポルシェだって普通の911とGT2RSを一緒にするなんてことは絶対しない」と考えている。

11253

ニュルのタイムアタック車もあった

ニュルで速く走りたい、という夢は素晴らしい。でもそいつぁ格闘技で世界一になろうとしているようなモノで、いろんな犠牲を伴う。そもそも街乗りで楽しいクルマにゃならんです。何度「速さとクルマの魅力は違う!」と言い合ってきたことか。全く折り合いませんでしたね。GT-Rが売れない理由の根源だと考えてます。

11254

こいつはボンネット後端のフレア

そしたら2014年モデルで大きく方向を変えてきた。速く走るクルマと普通のGT-Rは違ってOK! ということになったのでございます。上はニュルのタイムアタック車に付けられたボンネット後端のフレア。下はGT500などにも採用されているフェンダー後部の小さいウイング。

11255

けっこう効くとのこと

詳しいレポートは12月10日売り号のベストカーと、近々アップのオートックワンの動画で。クルマだけでなくブレーキなど補修部品の価格や、保証の内容まで変えてきた。最初からこういうGT-Rにしたらもっと売れたことだろう。水野さんの功績は大きいけれど、同じくらいのマイナスもありました。

終了後、東京モーターショー会場で行っているオートックワンの『カーソムリエ』という若手育成プロジェクトのセミナーへ。若手に期待するとガッカリしますが、かといって捨てたもんじゃないです。そもそもクルマ好きが増えてきた。大人の経験をどうやって伝えて行くかだと思っています。

自衛隊のフィリピン支援ミッションが本格的に動き出した。日本のメディアは活動状況をあまり報じないけれど、中国や韓国のメディアを見ると「やられた!」という反応。めちゃ悔しがっている。現地で相当高い評価を得ているようなのだ。日本のメディアも自衛隊の活躍ぶりをもっと伝えて欲しい。

2013年11月25日 (月)

F1やD1(11月24日)

今日もメガウェブでイベント。「静」のモーターショーに対し「動」をテーマしてます。人気の定番と言えばホンダF-1。今回は第一期の最後となる3リッター12気筒搭載の『RA301』を持ってきてくれた。ローラ製のシャシを使う。当時F1の監督だった中村さんはホンキでチャンピオンを狙いに行こうとする。

11251

RA301とRC164

しかし宗一郎さんは空冷にこだわり、大モメになってしまう。ついには未完成の空冷エンジン搭載車『RA302』を中村監督の猛反対を押し切り実戦投入。不幸にも予想が当たり事故を起こし、シュレッサー選手は死亡した。この事故により、事実上第一期のF1参戦を終えることになります。

今になってはナニが問題だったのか解らない。立場に違いで、言うことも異なるからだ。ドライバーという視点に立てば、最初から不完全なモデルだと解っていたのだから、もう少し慎重になるべきだったように思う。なにしろフリー走行からスピンが多かったという。レースの事故も3ラップ目で発生してる。

RA302の件については、そろそろキチンとした取材を元にした記事が必要なんじゃなかろうか。誰か川本さんにジックリ話を聞かないかしら。このままだと「悪者」とされている人がかわいそうだと考えます。いずれにしろRA301のエンジン音は素晴らしく、観客の皆さん大いに喜んで頂けたと思う。

11252

2台同時の走り(超接近戦)がD1の華です

今日も下手なMCやトークショーの怪しい進行などしながら楽しく過ごす。夕方になると東京モーターショーから流れてきた人で賑やかに。そのタイミングでD1の2台が派手な走りを披露! よくブツからないモンだと感心しきり。上の写真の如くメガウェブのライドワンは大賑わいでございました。

2013年11月24日 (日)

メガウェブ(11月23日)

6時起きでリーフのラリーカーに乗り、東京モーターショーの隣のメガウェブへ。今日はリーフを走らせます。東京モーターショーに展示されているクルマは動かないからツマらない、ということで企画されたメガウェブのイベントとあり、10時から次々にいろんなクルマを走らせる。

ラリーカーの走行の時はモリゾウ選手が飛び入り! 最近ドーナツターンを出来るようになったので、ぐーるぐる! そしたら窓から右手出してぢゃないですか! ビミョウに進化してる! どうやら勝田選手がコーチになって教えたらしい! いやいやモリゾウさんは面白いです!

昼過ぎに哀川さんがチーム監督したアジアンラリーのデモ走行。走っている間に哀川さんのアジアンラリーの話を聞く。けっこう面白かったのが「ゾウの穴」の話。なんでもタイのジャングルの中の川にゾウが作った大きな穴が空いているらしい。相当デガいという。初めて聞きました。

11252

面白い話をたくさん聞きました

14時からラリーのトークショー。何と16人も登壇してます。メガウェブのステージの新記録とのこと。どんなメンバーだったのかは写真をクリックして御覧頂きたく。1時間にわたる長い長~いトークショーだったのにも関わらず大いに盛り上がり、お客さんの大半が最後まで聞いてくれていました。

11251

竹平さんは疲れて座り込む?

そんなこんなであっという間に全てのプログラムが終了しました。明日のメガウェブはサーキットの巻。ホンダRA301なんかも走らせちゃうという。引き続き私もヘタな怪説をやってますので、東京モーターショーを見たら見に来てください。クルマがガンガン走っているので楽しいと思います。

2013年11月23日 (土)

BRZ修行(11月22日)

リーフでお金をた~くさん使ってしまったため、今年のタイはお休みの予定でした。しかし! 喜多見さんが「絶対出たい!」と言う。そらそうだ。勝ち逃げなど許されんワな。喜多見さんにとってラリーは一度諦めた夢。寝た子を起こしちゃったのでございます。そいつに「理想のサスペンションを作りたい!」が加わった。

100%オリジナルの競技用ショックの開発を始めちゃったのだ。2台で出れば予算は1+1にならず1,6くらいになります。かといってインプレッサを走らせるとなれば、相応の予算が必要。うんうんウナッていたら、雑誌の企画でBRZ+出場費用の25%くらい何とかなりそうな話が回ってきたのでございます。

11231

喜多見さんはインプレッサ

BRZじゃ総合優勝出来ないものの、後輪駆動のラリー車で一度グラベルを走ってみたかった。加えて86/BRZにとっちゃ初の海外ラリーである(今回はタイの2000ccクラス)。思う存分にテール流して走れます。ガソリン入れればアクセル全開で走れるし。そんなこんなで出場することにした次第。

サスペンションを改良して貰うべく喜多見さんのトコロに持って行くと「これ、中身は私が以前作ったのと全く同じ構造だしサイズですね。部品ありますから改良しますね~」。仕上がったサスペンションを組んで走ってみたら大笑い! スンゴク良くなっている! こんな楽しいクルマになっちゃうのね!

そんなこんなで予算半分でキングスカップに出場出来るメドが付いた。11月アタマにタイへ向けインプレッサとBRZを送り出し、すでに到着しました。本番は12月6~8日。今回乗るBRZ、ほとんどノーマルでエアコンなんか付いちゃってる。毎日の足に使えるほど。これでソコソコ走れたら最高です!

お昼にサンコーワークスまで行き、リーフのラリー車を持って帰ってくる。明日のメガウェブのイベントで同乗走行やりま~す! 東京モーターショーのついでにおいでください。いろんなクルマをガンガン走らせますから、大いに楽しめると思う。

2013年11月22日 (金)

東モ2日目(11月21日)

今日も東京モーターショー。まずラジオ日本の人達と1ラウンド。昨日は駆け足だったのでジックリ見ていく。どこのメーカーの担当者も遠藤泰葉さんの質問に対し、熱心に答えてくれる。オッサン相手ならツラツラ済ますところを、まぁ丁寧なこと。おかげでいろんなクルマを奥深く知ることが出来ましたね!

11211

ダイハツです

意外だったのはダイハツの2シーター。本格派のホンダ660に対し、ショッパイかと思っていたのだけれど、トヨタ86をチョロQにしたようなボディはすでに軽自動車ワクに入っており、しかもスマホカバーのように交換出来るボディパネルは案外面白い。コンセプトの新しさや商品力としちゃS660に勝るとも劣らず。

11212

客室内に表示される情報。運転手さんは?

11213

趣味はモータースポーツだって!

トヨタの次期タクシーをイメージしたコンセプトカーもジックリ見せて貰う。こんなタクシーが出ていたらいいね、という仕上がり具合。座ってみたらキャビン側にタクシーメーターやナビなども付いている。お茶目な演出に笑う。ちなみにトヨタブースの人気No1(?)鶴瓶さんの人形。フェスブックはこの写真で溢れてました。

11214

トヨタブースで一番人気?

寂しかったのがマツダブース。コンセプトカー全く無し。新しい技術展示無し。売っているクルマしか置いていないという徹底ぶり。クルマって「夢」が大切です。マツダの好調さを支えている「効率主義」に「夢」が加われば一段と伸びると思う。プレスディでもブースの滞在時間が極めて短いという。

11215

遠藤さんが一番興味あったという三菱の長い液晶

15時くらいに終了。16時30分から企業の広報担当者向けに今回の東京モーターショーの見所を紹介するという90分の解説ツアーに出る。会期中AJAJのツアーもあるので、効率良く見られると思う(雑巾掛け期間中の私も埋まらなかったワクがあればお手伝いさせて頂こうかと思ってましたけど出番無しです)。

2013年11月21日 (木)

東モ(11月20日)

朝から東京モーターショー。前回より賑やかになったけれど「夢」を感じない。新しい技術だって少ないです。私は期待していなかったので失望せず。読者諸兄もあまりワクワクしないこと。各社に「若い人向けのクルマ」みたいな共通テーマを与え、それに対する答えをコンセプトカーで出す、なんてことをしたらいいのに。

加えてブースのホスピタリティも寂しい。もはや内容は世界の2流です。明日も10時から東京モーターショー。見ていないブースもあるし、そもそも本日は出会った知人と話をするばかりでクルマをジックリ分析していない。も少し深くチェックしてみたいと思う。見落としてるモデルがあるかもしれないし。

モーターショーといえば、以前も書いた通り「おすもうさん」と「女子高生」「ベビーカーを押したお母さん」の3つを揃えたら幸せになれるという。残念ながら今回は場所中なのでおすもうさん無し。女子高生もベビーカーも見なかった。毎回2つまでは見るのに。明日探してみたいと思います。

23日は14時45分からアトリウム特設ステージでCOTYの表彰式。果たして今年のCOTYやいかに? 部門賞も全く予想が付かず、どうなるのか全く解らない。23日にモーターショーに行く人はぜひとも表彰式を! 

会員の皆様へ。「12月14日に東京で忘年会をしましょう!」ということになりました。場所と時間は現時点で未定です。人数が多くなければマリーナで鍋大会でもやりながら、台場までフネ出すのもいいかな、などと考えています。興味のある方は会員用掲示板の方で案内をしますのでどうぞ!

2013年11月20日 (水)

100km/L!(11月19日)

今日も6時に起きてにょろにょろ原稿書き。明日から東京モーターショーが始まるし、週末はメガウェブで終日イベント。金曜日も何のかんの半日くらいふさがってしまったため、しばらく原稿書き出来る時間が取れないのだった。今日頑張るしかありません。といっても終わる見込み無し。どうしよ。

10時過ぎに東京電力がメーターを取り替えに来た。いよいよ『おトクなナイト10』という夜間電力料金に切り替えます。昼間の電気料金が1kWhあたり29,1円から33,6円に15%高くなるかわり、22時~翌朝8時まで12,06円となる。昼間は東京ガスの燃料電池がお湯を作りながら0,7kWの発電をしてくれる。

今や省燃費になった我が家は朝8時~22時までの間、0,7kWでほとんど足りるため、昼間の高い電気を買わなくてもよくなります。何より嬉しいのはリーフへの充電。80kmくらい走れる10kWh分入れたら291円だったのが、121円になる。何と! ガソリン0,8L分のエネルギーコストで80km走れちゃう!

逆に考えると大雑把に言って100km/Lということであります! 加えてゴハンの炊きあがりを8時にしたり、洗濯機回すのを22時以降にしたりすることで、一段と電気を効率良く使うようになる。電気自動車+燃料電池湯沸かし機の組み合わせ、なかなかオサイフにやさしい。夜の電力は余ってるし。

14年前にハイブリッドの凄さに感服し購入した。10年後に皆さんハイブリッドの真価を理解したようだ。電気自動車も同じ。私はもう手放せなくなっている。アウトランダーPHEVに優秀な自動ブレーキ付いたら次期マイカーの最有力候補です。トヨタは電気モンで大きく出遅れちゃいましたね~。

2013年11月19日 (火)

地球寒冷化(11月18日)

朝一でベイFMの生放送の電話コメント。内容はCOTYと東京モーターショーについてであります。とりあえずフィットvsゴルフという構図なのだけれど、打ち合わせの際、ベイFMの人に「国沢さんのブログを見たら解りますよ」と言われてしまう。う~ん! 解るように書いたかな? 行間読むの、スルドイ人がいます。

終了後、都庁で10時30分から行われる舘内兄弟子の電気スーパー7日本一周の旅のゴール式に行く。少し遅れてしまい、さらに広い都庁でマゴついていたら現場に出会えなくなりました。しくしく。トボトボ新宿の電気屋さんで次の持ち運び用PCを下見。今使っているウルトラブックはマウスが怪しくなっている。

一旦家に戻って原稿書きの後、18時から広島RCCラジオの電話生コメント。これまた東京モーターショーについてです。さらに18時30分からラジオ日本の収録。そんなこんなで今夜はレクサスのイベントなど行われているものの、全て欠席。ヒマを持て余しているのだが、バッティングしちゃう。

いよいよ東京モーターショーが近づいた。どうやらサプライズも何台かありそうな雰囲気。ウワサじゃジジイが大喜びしそうなクルマもあるらしい。大いに期待したいのは2輪。そろそろ起死回生の「こら楽しそうだ!」というモデル登場か? ヒマつぶしに20日と21日のプレスディは行ってみようと思う。

23日と24日はメガウェブで『ジャパンモーターフェア』があり、いくつかのコーナーで怪説をする予定。リーフのラリー車も持って行きます。混んだ東京モーターショーに疲れたら、ゆりかもめで一駅(歩ける距離です)。というか、早めに出てメガウェブにクルマを駐めイベントを見た後て東京モーターショーに行くなんていかが。

何度か紹介してきた通り、地球温暖化で自然災害が増加していると言われる中、多くの専門家は「寒冷化に注意すべきだ」と言い始めている。『ウォールストリートジャーナル』や『サンケイWeb』など大手メディアも取り上げ始めた。太陽が200年ぶりに元気無いという。温暖化より寒冷化の方が深刻です。

2013年11月18日 (月)

自衛隊派遣(11月17日)

フィリピンへの自衛隊派遣、好ましい感じで進んでいる。17日の朝に22ノットと足の遅い補給艦『とわだ』が先行して出港。18日は空母のようなスタイルを持つ大型護衛艦『いせ』と、ホーバークラフトを搭載している輸送艦『おおすみ』を出す。いせもおおすみもヘリコプターを多数搭載してるので役立つ。

私が密かに期待している陣容(11日の日記で書いた)に近づいた。まだ3分の1規模ですけど。ただ今回の派遣規模でも相当広範の活動が出来ると思う。現地に到着したチームが「まだ足りない! もっと人員と物資が欲しい!」と訴えれば、今回の倍くらいの派遣を決めるかもしれません。

しばらく頑張ってくれれば民間も出て行く。たいへんなミッションだと思うけれど、よろしくお願いしたい。自衛隊のような組織と装備は戦争じゃ無くても活躍の場がたくさんあります(あって欲しくないですが)。もう少し予算を付け、病院船や輸送機、平時はドクターヘリなどにも使える機材など拡充してもいいんじゃなかろうか。

今回の被災で中国は無視を決め込んでいる。韓国もあまり熱心に見えない。中国と韓国はKYな国になってしまった。我が国は少し突き放して付き合っていくべきだろう。もちろん日本を訪れる中国や韓国の人は喜んで受けて入れるべきだし、最近増えてきたヘイトスピーチも文化レベルが低くてカッコ悪い。

そんな時期にケネディさんのムスメが大使としてやってきた。微妙な関係にある日米の距離を少しでも縮めてくれたら嬉しい。TPPはアメリカがクルマの関税撤廃は20年後という口火を切った。日本側も米の解放を20年後にすればいい。現在お米を年金のようにしているお年寄り達はいなくなる。

新しい世代で外国に負けないコストで米作りをしたらいい。20年あればいろんなコトが出来ます。知恵と妥協で問題や課題は克服出来ると考える。例えば普天間だって今やほとんど使われていない『下地島空港』の活用を検討すべきだ。3千mの滑走路と、VOR、ILSなども備えている。

2013年11月17日 (日)

新幹線のダンパー(11月16日)

ホテルで11時まで原稿書き。お昼は広島駅ビルでお好み焼きです。2階に行くとお好み焼き横町のようになってる! 興味深いことにスンゴイ並んでいる店と、そうでもない店が。どんな食べ物であっても並んでまで食べない、というのが私のスタイル。当然のことながら空いている店に入る。

11161

2軒向こうは凄い行列!

食べたら美味しい! ということは並んでいる店って死ぬほど美味しいのか? 空いている店の人に聞いてみたら「宣伝にお金を掛けてるんですよ。お好み焼きは材料が同じだしソースもお多福。味なんかあまり変わらないですよ」。確かに! 「ぶんちゃん」というお店のお好み焼き、美味しいです。

というか、昨日人気店に行ったけど、やっぱり普通に美味しかった。2軒先の押すな押すなのイキオイの店を覗いてみたら、若い女の子が焼いてる。ぶんちゃんで焼いてる人はこの道最低10年って感じ。次に来たときもぶんちゃんに行きます。13時37分発の「のぞみ」はN700Aと呼ばれる最新型。

11162

丸くてデコボコのボディの新幹線は「こだま」に

アクティブサスなので揺れないと言われてます。どれどれ、とばかりPCを開いてみたら、やっぱしゲが出そうになる。アカンです。鉄ちゃんの評価だといいのかもしれないけれど、ジドウシャヒョウロンカ的には落第。どこのダンパー使ってるんだろ? リニアモーターカーの時は当てました。

微少入力の減衰力が出てないのと、ハーシュネスのキツさから「こらKYBでしょう!」。電車のサスペンションは極めて条件良いのに(普通に作っても乗り心地良い)、N700Aもグ~ラグラ揺れる。収まりもソフトじゃない。私はKYB製だと思うがどうだろう? ネオチューンしたら乗り心地良くなったりして。 

仕事してなかったためか4時間は長かった! 時間的には飛行機も大差ないと思うけれど、広島行くなら飛行機の方が楽かと。コスト的にも変わらず。東京駅から報道ステーションサンデーのコメント取りのためTV朝日へ。明日1日頑張れば原稿に追いかけられる幸せな状態は終わってしまう。寂しいっす。

2013年11月16日 (土)

マーライオン(11月15日)

朝8時13分の『のぞみ』でお好み焼きを食べるべく広島に向かう。昼までに締め切りの原稿を抱えているため車内でお仕事。とはいえ新幹線の中で原稿書いたことない。果たしてPCを広げてみたら、なんでこんなに揺れるのよ! 前後や上下方向こそ問題ないものの、左右に振られるの何の!

徐々に気持ち悪くなっていく。わたしゃコ・ドラ無理です。京都あたりから連続してゲが出そうになる。とはいえ締め切りは絶対だ。このあたり、プロの意地です。ゲが出ても書き続けてやる! やがて新神戸。おう! 一昨日クルマで駅前を通りましたね! 1日神戸で原稿書いてればよかったっす!

直線多い山陽新幹線区間になったら多少揺れなくなるかと思いきや一緒。そんなこんなで原稿終わったの、広島到着2分前でした。気持ち悪し! もう2度と新幹線に仕事を持ち込むまいと思った次第。12時12分着だったので、そのままお好み焼き屋へ。気持ち悪くてダメかと思いきや、美味しい。

夜のお好み焼きまで時間があるので、コーヒー飲んだり原稿書いたり人に話を聞いたりして過ごす。夜はお好み焼き+カキ。貝のアレルギー持つ私ながら(次にアサリ食べたら終わります。きっと)ムール貝やカキは灰色。ダメ気味な時もあるし、OKの時もある。ただ確実にダメな貝は増えてきた。

とりまガッツリ行ってみた! ウまいんだもの! 焼きガキとフライ、天ぷらとカキ尽くし。明日の夕方あたりにおかしくならなければ、セーフであります。こないだムール貝食べた時も怪しかったのでダメかもしれません。これだけ食べてマーライオンにならなければカキはOKということなんだろう。

2013年11月15日 (金)

23年前のCT誌(11月14日)

激しく仕事がたまっている。朝6時に起きて原稿書きに突入。外出しなくてもよい今日のウチにどんだけ書けるかで勝負が決まります。とりあえず午前中に3分の1を終了。良いペースだ。アタマ使い続けると脳みそに乳酸が貯まってツマらん原稿になるため、1時間半書いて1時間休み。

古い雑誌のチェックをしていたら、20年以上前のCT誌が出てきた。巻頭が初代のセルシオのドイツ試乗会のレポートだったから正確には23年前ですね。原稿を読み始めたら酷いの何の! 逃げ出したくなりますね。こんな原稿書いてるヤツがいたら殴りたくなっちゃうほど。こんなデタラメが通用したのね。

今ネットであんなこと書いたら100%炎上でございます。印刷媒体なら編集段階で「公序良俗の観点から使えない!」になるだろう。たった23年前で世の中の常識というか、許容能力がこれほど変わるなんて想像すら出来ない。ということは20年後の世の中なんか予想出来ないってことです。

フィリピンはいかんともしがたい状況ながら、民間が少しづつ動き始めている。皆さん考えているより日本とフィリピンの関係は密接で、ウチの嫁さん関係でもTシャツを送るから良いのを出して、みたいな状況。ここしばらく自衛隊が頑張ってくれれば民間にバトンタッチ出来ることだろう。

2013年11月14日 (木)

神戸(11月13日)

神戸市内をウロウロして写真を撮る。朝イチで生田神社に行ったら、何と航海の神様の社が。当然の如くお参りさせて頂きました。それにしても生田神社のロケーションって凄い! 繁華街のド真ん中でいて、駅の真ん前ですから。本殿は派手だし。神様もさぞや賑やかで楽しいことだろう。

11131

早朝から駐車場が開いている

そうこうしているウチ、またもや仕事が溜まり始めてしまった。考えてみたら九州から帰って以後、終日仕事できたのは9日の土曜日しか無い。連休あるため11月26日売り号の締め切りも早いのだった。乗り切れるか心配になってきました。ということを心配しながら東京から遠い地にクルマで居る。う~ん。

フィリピンはいつも通りの被災地の状況になってしまった。物資が足りない。燃料足りない。そいつに加え、治安まで悪化してます。フィリピン中部はそもそも危険地域。レイテ島こそ比較的安定しているものの、南のミンダナオ島にモロ解放戦線があるし、西隣のセブは1000以上の拳銃密造工場がある。

丸腰で入っていけるような地域じゃありません。やはり自衛隊のような総合能力のある組織が必要。どうやら大型輸送艦『おおすみ』と1000人規模の自衛隊を派遣することを内定したようだけれど、下を見てその3倍くらいの規模を投入したらいい。戦争じゃ無いため1か月くらい頑張れば成果が出ます。

自衛隊に献金するようなシステムを作ったらいかがだろうか。献金の多い人から優先して観艦式や御殿場の総合火力演習など招待してくれるようになったら、一段と実効あると思います。

2013年11月13日 (水)

神戸へ(11月12日)

朝から富士スピードウェイでCOTYの試乗会&投票。選出された10モデルに試乗し、投票するというイベントです。といってもパンダを除く9モデルはタップリ乗っているため、情報交換。いろんな人が来てるため、必要な情報をたちまち入手出来る。と言う点だけとってもCOTYのイベントは素晴らしい。

今年のCOTYはフィット/Sクラス/ゴルフ/V40という4強の戦いとなった(ワタシにとっちゃアウトランダーPHEVの評価も高い)。4強の年は出来れば4モデルに10点を献上したい。されど1車種に10点を入れなければならず、持ち点は25点しかない(5車種に25点を配分しなさい、という規定)。

となれば本来10点入れたい車種が、4点とか5点になってしまうワケです。例えばSクラスに10点入れたら、フィットもゴルフもV40も4点。3点残るからアウトランダーPHEVという寸法。つまり1位と2位の車種の点差が相当開く、のだった。本命と言われてきたフィットに10点入れたらゴルフは5点といった具合。

ゴルフに10点入れれば、フィット5点です。投票前、10人くらいの選考委員に10点を聞いてみたら、何と! 9人が同じ車種でありました! 別の選考委員も、10人くらいに聞いたら同じような傾向だったという(重なっている人もいると思う)。こらもう98%決まったようなモン。加えて驚く点差になるかと。

開票は11月23日。東京モーターショーの会場だ。終了後、ベストカーの取材で神戸へ。16時に御殿場を出て、神戸のなんたらタワーの前で夜景を取るべく休み無しで走る。到着したの、21時52分。ウワサじゃ22時までしかライトアップされていないとのこと。急いで三脚立て2回シャッター切ったら消灯になりました。

2013年11月12日 (火)

台風被害(11月11日)

明日は富士スピードウェイでCOTYの試乗会&投票日。本命&対抗と目されるフィットvsゴルフながら、ホンダ広報に熱意を感じず。というかヤル気ないようだ。VW陣営は”ナゾの人物”庄司さん自らお祭りに参加している。このあたりで日本COTYを輸入車が獲るのもいいかな、と思い始めてます。 

昼過ぎに大雨を降らせて前線が通ったらイッキに冬となってしまった! それまで15度くらいあった気温は9度! 関越道下りは月夜野と越後湯沢間が大雪で通行止めだって。11月11日ですよまだ。つい先日まで暑かったのに! 快適な秋はどこに行ったんだ? 温暖化のせいで(笑)今年の冬は寒そうです。

フィリピンの台風被害が甚大だ。フィリピン人の知り合いはいないのでいかんともしがたいけれど、ギョウカイのフィリピン通の松下センセあたりが旗振りしてくれれば協力を惜しみません。今まで何度かこういった状況に接して痛感しているのだけれど、お金を出しただけじゃ自己満足に終わる。

キチンと使い方まで追いかけられる援助をしたい。そもそもあの規模の災害になったら初期救援は自己完結能力持つ自衛隊じゃないと歯が立たないと考える。1時間でも早く、東北を助けてくれた米軍のように動いて欲しいと切に切に思う。『いせ』と『ひゅうが』なら1艦で大型ヘリコプター10機を搭載可能だ。

急いで物資を積み込み25ノットで飛ばせば3日掛からずフィリピン東海岸に行ける。物資は大型輸送艦の『おおすみ』『しもきた』『くにさき』でピストン輸送すればよかろう。幸い日本はこれらの艦船を投入しても大きな脅威無し。このスキを付いて尖閣に中国が踏み込んで来ようものなら、世論が許すまい。

2013年11月11日 (月)

Sクラス(11月10日)

休日に栃木県まで行く機会があったので渋滞上等のSクラスを御指名してみた。しかし行きは早朝だったこともありが~らがら! 制限速度にアダプティブクルコンをセットし、快適に到着。しかし! さすが帰りはアカンかった。そこら中に渋滞が出来まくってます。果たしてレーンキープの実力やいかに?

ということで下の写真を御覧頂きたい。下に点いてるハンドルマークが緑色だとレーンキープ稼働中。そしてその右の空色の『P』マーク点灯中は連続してレーンキープ出来るという意味。何と! 30km/hでもPマーク点いてます。この状態だとハンドル操作しないで渋滞走っていられる。

11102

速度は80km/hにセット

Pマーク消えて10秒すると下の写真の通り「ハンドルを持て!」の表示。この5秒後「ピッ!」という音と同時にレーンキープは行わなくなってしまう。ハンドル持ってないとダメです。ただノロノロ走行だと、かなりの時間、連続レーキンキープしてくれる。その間、ブレーキもアクセルもハンドル操作も不要。

11101

15秒以内に30kmまで落ちれば継続

そんなこんなで渋滞にハマッたものの、全くストレスなく走れました。こら素晴らしい! クルマに乗っていて一番イヤな渋滞も気にならず。好きな音楽聞いたり、TVなんか聞いてたりすれば乗り切れる。Sクラスじゃ大きいけど、Cクラスあたりに装備されるようになったらベンツ買っちゃいそう。

11103

写真は同乗者が撮りました。念為

もっと驚いたのがオプション装備となっている暗視装置。スイッチ入れると速度計とタコメーターの間に画面が「にょこっ!」っと出てくる。素晴らしことに人や自転車を下の写真のように赤くピックアップしてくれるのだった。裸眼で全く視認出来ないような見えにくい歩行者まで発見するから凄い!

11104

もっと遠い距離からロックオンしてくれる

どうやって選択しているのか不明ながら、歩行者だけで無く自転車もロングレンジから発見出来るのだった。日本勢はいつの間にかフェードアウトした暗視装置ながら、ベンツはメチャクチャ使い勝手を向上させ採用してきた。これまた抜かれましたね。お金持ちならSクラス、買いです。

2013年11月10日 (日)

パク・クネ(11月9日)

小泉元首相の原発ゼロ発言に対し安倍さんは「ドイツと違い日本は島国なのでフランスから電気を買うことは出来ない」と言っていた。う~ん! ドイツがフランスから電気を買っているの、地理的に近いからである(アルザス地方などドイツ文化圏。ドイツに電気に売ることに何ら違和感無し)。

ドイツも土地を接しているポーランドやチェコなどに電気を売っており、全体で見ると「電気輸出国」になってます。日本だって原発無しで2回も夏を超した。その間、火力発電所が急増している。羽田にアプローチする飛行機の上から房総半島見ると、大規模太陽光発電施設も驚くほど多し。

そもそも福島第一だって全くカタがついてないでしょ。豆腐のように軟弱な地盤の我が国で原発を稼働させるのは無理。アメリカだって原発を稼働させろとは言うまい。福島第一から漏れ出した放射能汚染水、流れに乗ってアメリカ西海岸に流れ着きますから。廃炉ビジネスで稼ぐのは許しますよ。

感心するのは我が国の省エネ魂だ。未だ多くのトイレで電気を消すことを実証している。直近の24時間で使ったラジオ日本も、夢の島マリーナも、日産プリンス荻窪も、消灯してます。ウチも昼間の消費電力だって2010年と比べ半分以下になっている。ホンダの埼玉工場はコージェネ&太陽光発電だ。

危険で、トラブル発生となるや莫大な出費を伴う原発なんかトットと止めた方がいい。原発を動かせと言ってる守銭奴のジジイ達の言うことなんか聞く必要なし。それより福島第一を1日でも早く安全な状態に持って行くことに注力すべき。現状は事故発生当初より悪化している。というか、ナニも解決していない。

そうそう。韓国のパク・クネもいい加減にしたら、と思う。自宅警備員の如く、いろんな国や人に会う度に日本の悪口を言ってる。まぁ最近は世界規模で「はいはい承りました」と流されちゃってるようですけどね。韓国の皆さんどう考えているんだろうか? 私なら「もういい加減にして前を見ようよ」と言いたい。

2013年11月 9日 (土)

祭りは終わり?(11月8日)

早起きして原稿書き。終了後、ジックリ乗っていなかったベンツSクラスを借りに行く。コクピットドリルを受けると、もはや日本のお株をカンペキに奪われた感じ。レクサスだとリアシートにしか付かないマッサージ機能が運転席も付いている! 考えてみたらオーナードリブンのケース多い。

1193

モミ玉が熱くなります

マリーナにやってくるSクラスの人って基本的に自分で運転してますからね。何でリアシートだけマッサージなんだよ、ということであります。こういう点を1つとってもレクサスは浅い。センチュリーと違うのだ。ちなみにマッサージ機能、使ってみたらちょうど良い感じ。あんまり強いとソッチに気が行きます。

走り出すと「苦しゅうない!」。伝統的にSクラスの乗り心地は素晴らしいが、一段とマイルドになった。おそらくマイバッハを作る際、徹底的にロールスロイスを研究したんだと思う。今までのSクラスと比べハーシュネスがハッキリ少なくなっており、ソフトな乗り心地になっている。こら良いクルマだ。

1195

リアシートもレクサスLSを相手にせず

話題のレーンキープを試してみた。高速走行中のレーンキープ機能はタイしたことありません。もしかしたら意識的なのかもしれないが、けっこう左右にヨタる。ここでしっかりレーンキープさせちゃったら頼る人も出てくるでしょうから。「高速道路の自動運転はまだやらない」というベンツの意志を感じる。

50km/h前後の速度域のレーンキープも使えない。正確に書くと「作動しているが頼り切れない」となる。簡単に切れてしまうし、そのときの警告音など出ない。何度か試した後、こりゃダメだ、になります。これまたベンツは「使って欲しくない」とメッセージを出している。この速度域は運転しさない、と。

1194

左はレーンキープ。右が暗視装置

しかし渋滞のノロノロ走行は使える! 10km/h前後でノロノロ進んでいる限り、先行車が走ったライン上を付いていく。一旦止まるとボタン引っ張ってリスタートしなければならないが、動いている限り(速度域が上がるとカットされます)ずっと先行車をマークし続ける。こら楽チンだ。

クルマ好きだって渋滞にハマるのはイヤだ。というかクルマを運転しててイヤだと思うの、渋滞だけです。そこをカバーしてくれればクルマに乗るのがもっと楽しくなるというもの。渋滞時の自動運転は、クルマ好きにとって動力性能やハンドリングと同じくらい素晴らしいアイテムだと再認識す。

1192

到着してすぐ1本! 60cm切るフッコをゲット

続いてマリーナへ。海の上で祭りが始まるのを待とうか、と15時過ぎに葛西沖まで出たら(このあたりでオリンピックのヨット競技を行う)、小さい鳥山を発見。とりま投げてみましょう、と始めるとあっと言うまに1本! 今日の祭りはデガいぞ! と大いに期待が盛り上がる。天気も抜群によろしい。 

1191

恐竜橋(ゲートブリッジとも呼ぶ)に日が落ちて

とワクワクしながら祭りの場所を探し回って2時間。私らと同じく祭りを期待して飛び回っているトリはいくつか見かけたものの、ついに日暮れ。今日はお祭り無いという。仕方ないので尻尾巻きながらルアーを1本流しつつマリーナに戻っていたら、最後にスズキと言って良いシーバスをゲットしました。

2013年11月 8日 (金)

寄居工場(11月7日)

9時に家を出てホンダ寄居工場のオープンハウスに行く。川越の先で10kmの渋滞に遭遇するも、10時10分に到着。埼玉県と言いながら、少し走れば群馬県という立地。丘陵地を切り開いて作られている。考えてみたら東京近郊で自動車工場を開設出来るような土地って、そう残っていない。

リーマンショックなどで建設を凍結。その後、中大型車の生産用工場だったものを小型車用に変更するなど、産みの苦しみもあったろう。その甲斐あり、レーバーコストや輸送コスト、エネルギーコストの高い日本で小型車を生産しても利益が上がるような最新のノウハウを注ぎ込んでいる。

コージェネで電力の約3分の1を作り、建屋の屋根に太陽光発電パネル(事業撤退を決めたホンダ製)をびっしり張ってある。日本に生産施設を残すと言う点で多いに有り難い。終了後、早めに埼玉を出て都内に移動しインタビュー取材。多めの余裕持って移動したら、多めの余裕持った分だけ早着しちゃいました。

続いて毎年恒例のトヨタの情報交換会。今や章男社長は完全に自動車メディアを味方に付けてしまった。気さくに接してくれるのだ。これほど好ましく思われているメーカーのTOPは記憶に無い。強いて言えばホンダの川本さんくらいかと。ラリーに出てる時のファンサービスも上手だし丁寧。

1171

初代は稀少品です

モリゾウさん、会った人にステッカーを渡すことがあります。貰った人は大喜び。あの城市兄や鈴木兄、勝股兄まで喜んでましたから。今や『I♡Cars!』と書いてあった初代は無くなったようで、現在上の2つ。欲しがっても貰えませんので念為。会った人は当たる確率の高い宝くじくらいに思っておけばOKす。

COTYが面白い。当然の如く大本命はフィットなんだけれど、皆さん「私が入れなくても大丈夫でしょ」とやや冷たい感じ。本日会った何人かの選考委員も同じことを言っていた。もしかしてフィットの絶対的な優位という状況じゃない? 輸入車が日本COTYを獲ったら自動車業界的には世界規模のニュースです!

2013年11月 7日 (木)

怒りながら笑う(11月6日)

7時にホテルを出て福岡空港へ。出発前にWebのTOPと日記を書いて9時発JALの人になる。下の写真は昨日の道すがらで見たリサイクルショップのベイライナー。98万円という価格がビミョウであります。エンジン動けばまぁまぁ。交換だと最初から200万円くらい掛かっちゃう。

1152

古いフネって安いです

空港から次の修行の準備に向かう。修行車の車高調整式ダンパーがヒジョウに厳しかったため、当然の如く喜多見さんに泣きつく。すると「複筒式のダンパーならネオチューンしましょう」。外して持って行くと「あらら! こいつは単筒式です」。残念! しかぁし! 次の日に喜多見さんから電話掛かってきた。

出ると烈火の如く怒りながら大笑いしてる! 器用な人だ! なんでも喜多見さんが設計したダンパーに似てるのでバラしてみたら、各パーツの大きさから内部の構造まで全く同じだったという。スゴイ業界っすね! つまり喜多見さんの持っている部品がそのまんま使えることを意味する。

喜多見さん、劣化コピー品(喜多見さんの構造を簡略化しているブブンもあったそうな)を全バラして喜多見スペシャルに仕立て直してしまった。本日乗ってみたら目からウロコ! ガタガタマシンだったのに、良いクルマのお手本みたいになってる! もうね! 楽しいの何の! 最高っす! 

1163

植草君がバックスキン張った。良い仕上がりです!

このクルマでアクセル全開の走りが出来るかと思ったら、ヨダレ出てきちゃう。喜多見さんの”足”を使い、今度も小澤さんと伊藤さんのメンテというカンペキな体勢。運転手はアクセル踏んでハンドル切るだけでOK! 「誰だって速く走れるだろ!」と思ってくれたらリーフに続きチームへの勲章だ!

続いて赤坂のTBSに行き『ニュースバード』。30分ワクの生放送なのでキンチョウします。終わってみたら猛省ばかり。もう少しユックリしゃべるんだったに始まり、いつものクセである主語抜きはアカンと思ったり(21時からの再放送を見たら、犬と一緒にフトンに潜り込みたくなった)。

放送終わったのが15時40分。まだイナダ祭りに間に合うぞ! とマリーナまで。出港届けだしてエンジン掛けようとしたら、前回乗った時にマスタースイッチを落としてなかった。イヤな予感! セル回すと案の定2回転して「カチカチカチ」音。あいや~! 空振りでございます。最近電池にゃ泣かされる。

1162

いい時間帯だったのに

イナダ祭りは続いている。いや、正確に言えば週末は東京湾の最奥にあるディズニーランドの500m沖までイルカが出張ってきてサカナを喰いまくっていたという。マリーナじゃイナダ祭りも終了かとウワサされたそうな。しかし一昨日あたりから祭り再開になり、70cmオーバーのワラサや、1m近いサワラまで釣れるんだとか。

もうね! 可能な限り祭りに参加させていただきます!

2013年11月 6日 (水)

トラブル発生(11月5日)

昨日ちょっとしたトラブルがあった。ほぼフル充電状態だった電気スーパー7に、撮影のためデモで急速充電器を繋いだら残量60%という表示。「急速充電器との相性が悪いんだろう」と電気スーパー7とつきあってきた寄本さんは判断し、そのまま長崎へ向かった。しかし! 突如電欠しちゃったのでございます。

幸い急速充電機が近かったためアウトランダーPHEVで引っ張り事なきを得た。充電機を差し込むと残量4%! 牽引時に回生充電したためでございます。おそらく止まった時は0%に近かったことだろう。30分の充電だったこともあり60%まで入り、やれやれということになった。昨日はそれでオシマイ。

1153

1つの電池パックだけ電圧が違う

今日の1回目は浦上の三菱自動車。ここでタップリ充電しようとしたら62%くらいで自動停止してしまった。本来なら93%くらい入るのに。私は「3つ搭載している電池パックの1個が機能していないかも?」と読んだ。この予想、当たるのだけれど、原因は不明。困ったことに航続距離が3分の2になってしまった。

本来なら120kmくらいの航続距離だからして80kmということ。今日の日程についちゃ問題ないのだが、明日から山陰を走るときに困る。ということで寄本さんが電気スーパー7を運転しつつ舘内兄弟子と連絡を取りながら、とりあえず福岡に向かうことにした。ところが、でございます。ついに充電も出来なくなってしまう。

なんとか福岡にたどり着いたものの、このままじゃいかんともしがたい。ということで明日は修理日になりそうな雰囲気。ただ機械的なトラブルじゃなくプログラムのバグだと思います。カプラー繋いで遠隔操修理出来る可能性もあるとのこと。つまりソフトを書き換えれば良いワケ。案外簡単に直るかもしれません。

2013年11月 5日 (火)

大好きな長崎へ(11月4日)

まずは熊本城公園で舘内兄弟子がたくさんのTVの取材を受ける。何とNHKを含め5局も来てるぢゃありませんか! 熊本で写る地デジの全ての局だと思う。タイしたもんです! こういう報道を訪れた先々でしているため、どこでも声を掛けられるのだった。いろんな意味で勉強になる。

1143

TV局がたくさん集まった

終了後、13時発のフェリーで長崎県の島原へ。乗り場に行くと『オーシャンアロー』というオールアルミ双胴の超カッコ良いフネ! 33ノット出るという。内装もオシャレで大いに気に入った。たった30分の航海なのが残念! 途中の景色は定置網ばっかり! こんな海、走りたくない。 

1144

快適なのに30分で到着

島原は龍馬初の九州上陸地だという。知りませんでした。龍馬好きとしちゃ妙に嬉しい。今日の目的地も龍馬ゆかりの長崎。このあたりを150年前は龍馬が歩いていたと思うと感慨深い。もう幸せ一杯ですね! 夜は長崎在住の読者の方がサカナを食べさせてくれるというので、お昼はチャンポン。

1145

これが龍馬上陸の碑

電気スーパー7は熊西自動車さんでメンテを受けて快調! 天気よい日はキッチリ表現できれば読者の皆さんから激怒されるくらいの気持ちいいのだった。表現能力の低さに助けられた感じ。日々の重責(そんなモンあるのかよ? と突っ込まれそう)をすっかり忘れちゃう。自動車、楽しいね! 

1142

雲仙普賢岳

けっこうタマタゲのが『普賢岳 噴火まんじゅう』なるお土産。「ヒモを引っ張れば熱くなる」と書かれている。御存知普賢岳の火砕流による熱波でたくさんの方が亡くなった。何年かすれば、それを使った土産も出来てしまう。商魂たくましい。津波だってそうなるのかな、と思うと複雑な気持ちでした。

1141

久々に会ったのでジックリ飲みたかったのに

23時40分くらいにNHKの『NEWSWEB』の電話コメントが終わったため、先ほど長崎の読者の方と晩ご飯食べた時に超辛抱した焼酎を飲む。酔った状態でコメントするの、失礼ですから。『壱岐』というお酒を貰ってきたのだけれど、壱岐って麦焼酎発祥の地。風味あって美味しい。

2013年11月 4日 (月)

クマもんの里へ(11月3日)

覚悟はしていたけど朝からシトシト雨でございます。幌とドアを付けると囲まれ感タップリのちいさ~い空間が出来る。手を伸ばせば車内のどこにでも届く! 狭いところに入り込んで安心するの、生き物の本能らしい。バイクより圧倒的に快適だし。そんなこんなで雨は雨なりに楽しかったりして。

1131

舘内兄弟子は充電状況を子細に観察中

ということでクマもんの里に突入す! 笑っている顔や普通の顔などバリエーションあるのがクマもんの特徴。まぁ55歳のジジイから見てもほほえましいワな。コドモやオナゴはタマらんだろう。急速充電中は原稿書きか、近所の散策をしております。休日のためトイレ渋滞ハンパ無し!

1133_2

クマもんグッズのバリエーションは多岐に及ぶ

ということで熊本の熊西自動車さん(日本EVクラブの拠点)に立ち寄ってメンテナンス。ガタガタになったリアサスのブッシュを交換し、ヘッドライト調整、調子悪かったスピードメーターなどを直す。いやいやカンペキなコンディションになりました。何より異音がほとんどしなくなったから嬉しい。

1132

向こう側は制作中のEVミゼット。苦戦中とのこと

夜は日本EVクラブの人達と食事会。馬肉料理+球磨焼酎を頂く。12月のイベントにリーフのラリー車を展示したいので貸してくれませんか、というので喜んでOKする。何かイベントあればお貸しますので連絡ください。とりあえず11月23日の台場メガWebのイベントでは走らせます。

EVスーパー7の旅の最新情報

2013年11月 3日 (日)

才谷屋(11月2日)

天気が悪いので今日は朝からTOPを付けておく。しかぁし! 乗り込み難いの何の! 只でさえコクピットに入ろうとすればステアリングのシートの狭い隙間に足を通さなければならない。なのに屋根がついちゃうと簡単にゃいかん。ということで乗り降りの度にいろんな場所がツリそうになりまんがな。

1124

ドアを付けるとさらに難易度アップ!

朝イチで三菱自動車ディーラーへ。日産の急速充電器は店頭の一等地にあって華やかなのに対し、ここのディーラーは工場の奥。i-MiEVとか乗っていたら急速充電に来る度に「歓迎されてないな」と思ってしまうだろう。もう一度電気自動車を頑張って売ったらいいと考えます。

1121

火山灰でクルマが汚れる

それにしてもガソリン高い! レギュラーで165円。加えて簡単に変動します。電気代は値上げのテンポ極めて遅いのだった。リーフなら30円分の電気で7,5km走るし、アウトランダーPHEVだって6km近く走ってくれます。アウトランダーPHEVのコストパフォーマンス、けっこう高いっす!

1122

ハイオク高い!

突如先導車が左折したと思ったら美術館の前に止まった。舘内兄弟子は星野富弘さんの同級生なんだという。来訪を告げると学芸員のお嬢さんが大喜び。館長を呼び出すワ、やってきた館長さんは町長さんに電話するワで大騒ぎになってしまった。ご相伴させていただき、作品を鑑賞させていただく。

1123

素敵な作品がたくさんありました

途中、VWの相澤さんから連絡あって新型車の慣らし&燃費チェックのため熊本に向かっているそうな。どうせだったら我らの宿泊地である八代(当初は水俣だった)まで来ませんか、ということになり合流。『才谷屋』という店があり、名前で入る。龍馬ファンであること間違いなし。美味しかった。

3日日曜日の夜22時からの『Jスポーツ3』のWRC放送の中で15分間新城ラリーを取り上げているそうな。少しだけ出るかもしれません。お時間ある方は御覧頂きたく。考えてみたらターマックラリーで林道をSタイヤ履いてフルアタックしたの、実質的に初めて。今年の2回は林道を攻めらませんでしたから。

2013年11月 2日 (土)

屋久島で花粉症(11月1日)

屋久島は電気自動車にピッタリの島だと思う。島の大きさが丁度良いため、電気でも航続距離の心配をしないでOK。かといって小さい島だと走行距離が伸びず、ガソリンと電気のエネルギーコストの差で車両価格の差を埋めるという作戦は使えない。年間1万km~1万5千kmが電気自動車向きです。

1113

次はノンビリ訪れたい

屋久杉自然館で話を聞いていたら、なんだか鼻が詰まってきた。考えてみたら島全体が杉だらけ! 花粉を持っている杉も少なくない。もしかしたら花粉症か? 屋久島に花粉症は無い、という説の人も居るけれど、そんなことない。ハッキリ花粉症の症状です(離島したらすぐ症状が消えた)。

1114

こんな感じで日本を回ってます

それにしてもスーパー7を電気自動車にした舘内兄弟子の狙いは見事に決まっている! スーパー7というだけで皆さん注目する。その上で電気自動車とな! 2段階で気持ちを引きつける。これほどいろんな人から話しかけられるとは予想もしておらず。若い人も多いのが意外でございます。

1112

火山島とのこと

屋久島ともお別れ。上のフェリーは口永良部島行き。なんでもサカナがたっくさん釣れるらしい。鹿児島からの直行便無し。屋久島乗り換えです。機会あったらぜひ一度行ってみたい。日本の離島巡りは私のジジイになってからの楽しみにとってあるのだった。出来れば自分のフネで行きたいところ。

1111

3400トン級の立派なフネ

皆さん『トッピー』という高速船を利用するから屋久島からのフェリーはガ~ラガラ! 考えてみたらフェリーで自分のクルマを運ぶより、トッピーで渡ってレンタカーの方がリーズナブルですから。原稿だって書けるし。鹿児島のドーミーインに20時着。薩摩料理+焼酎飲んで寝。

電気スーパー7の旅の写真情報はコチラから

2013年11月 1日 (金)

屋久島(10月31日)

8時30分のフェリーで屋久島へ向かう。全長122mとけっこう大きなフネ。4時間の船旅の割に船内も快適だ。シャワーまで付いている。しかも私のフネの巡航速度より速い21,5ノットで走るという。ほとんどの人は『トッピー』(高速船)で屋久島に行くようだけれど、フェリーもいいですよ~。

10313

下の写真の桜島は、右側から少し噴煙出てます

屋久島に着くとミニキャブMiVEに取り囲まれるいや、正確に書くと、ミニキャブMiEVを販売しているディーラーの人がフェリーで海送されてきたクルマの引き取りに来たところ、電気自動車と書いてあるスーパー7も出てきたので見に来たのだった。屋久島、電気自動車が売れ始めているらしい。

10314

同じフェリーに5台積まれていた

昼ご飯を食べて屋久島の外周を4分の3走る。途中、1回急速充電。屋久島1周は約100km。走行速度も低く、電気自動車を使う場所としちゃ丁度良い感じ。ミニキャブMiEVを扱っているディーラーの人によれば「ランニングコストの低さが知られ初めて来ました」という。日本中でそうなります。

10312

ヤクザル

島を一周するには「西部林道」という狭い区間を走らなくちゃならないのだけれど、ここが面白かった。至る所にサルだのシカだの居る。サルは日光のヤツらのように飛び乗ってくるかと思いきや、案外マナー良い(人間がエサをやらないからです)。サルをひかないよう、ノンビリ走る。

10311

ヤクジカ

電気自動車でのんびり西部林道を走っていると、鳥の声や川の流れなどが聞こえ快適。クルマで走りながら自然を感じたの、初めてございます。屋久島に行くときはぜひとも電気自動車のレンタカーを使ってみたらいい。晩ご飯はトビウオの唐揚げとトビウオのフライとトビウオのヅケ丼です。

リアルタイムの写真はコチラで

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »