« 電力事情(7月10日) | トップページ | リーフ最新状況(7月12日) »

2013年7月12日 (金)

うなぎさらに高騰(7月11日)

暑いったらない! 本日、打ち合わせのため河口湖ICを出て鳴沢近辺のへ。このところ熱気が渦巻く山梨県だけあり、存分に暑い! 打ち合わせしている場所の標高は1150m。普通ならエアコンなんか不要。だからエアコンが付いていない。なのに気温36度だって! 食事をしてるだけでだらだら汗が出てくる。

さすがに河口湖まで降りてくるとエアコンが普及してます。エアコン無しでいられる場所での酷暑は厳しいと思う。驚いたことに夜になっても熱気が抜けない。この暑さ、いつまで続くのだろうか? 私は長持ちしないと予想してる。というか、こんな暑さが9月まで続いた日にゃ辛抱タマランでしょう。

一つだけ嬉しいのは家のシャワーが使えなくても何とかなってること。やかんでお湯を沸かすと18L分の丁度良いお湯になる。家の庭(猫の額のようなサイズ)でこいつを1杯半くらい使えば、頭から身体 まで洗えてしまう。涼しい夏だったらそうもいかぬ。人間、環境適合能力は強い。3日間でシャワー無しに慣れた。

皆さんも自宅なら燃料電池給湯システムを考えたらいい。特にお湯の需要が多い冬場はフル稼働状態になるため、普通の湯沸かし機でお湯を作るのと同じエネルギーで700W分を発電できる。冬場の消費電力を大幅に減らせられるのだった。お金があればぜひとも太陽光発電を導入したいのだけれど‥‥。

うなぎ高騰はついに最終局面に入った! またしても良質のうなぎが減少しているという。「何とか探しますが500円くらい高いことを覚悟してください」だって。昨日250円上がったばかりで、また500円だって? 1kg6千円(消費税込みだと6300円超)を突破するような状況になるなんて、想像だにしていなかった。

値上げしたばかりなのに、またしても値上げしなくちゃらない。どうなっているのよ! それでもウチは平均からすれば安い。ただし薄利だ。加えて「多売」という文言は付かない。2600円の鰻重を売ってラーメン一杯分の利幅しかないなんて、ビジネスモデルとしちゃ破綻している。氷河期到来です。

« 電力事情(7月10日) | トップページ | リーフ最新状況(7月12日) »

コメント

本日はご馳走様でした。
この一週間の自分へのご褒美(笑)!!!

投稿: Father-K | 2013年7月13日 (土) 23:35

アメ横ビル1F(名古屋市中区大須)にあるうなぎ専門店の大松というお店に行ってランチしてまいりましたが、そこでは平日限定メニューにミニまぶし定食があります。一色産のうなぎを使用したこのお店、なんと800円というビックリ価格でした!ミニと言っても、個人的には十分な量でした。
ランチタイムの店内はとても賑わっておりましたが何か秘密があるんでしょうか?
お粗末。

投稿: 一ノ渡 悟 | 2013年7月13日 (土) 16:56

連日の暑さでバテてしまい、ウナギを食べたくて仕方がなく、急いで食べたところ
翌日から疲れが取れて元気になりました。
身体が欲する食べ物は大事ですよね。私はもともとウナギは好きでしたが。
ウナギを食べながら、もうこれが最後かもしれない・・・
とウナギの近況(ニュース)を見て思いました。
私はウナギに関しては全く知識がありませんが、国沢先生は当事者・業界人として
情報収集・対策をとる必要があるかもしれません。

投稿: LPG | 2013年7月13日 (土) 08:34

うなぎ、氷河期で済むと良いのですが。

「ウナギが食べられなくなる日」
ナショナル ジオグラフィック(NATIONAL GEOGRAPHIC) 日本版公式サイト
http://nationalgeographic.jp/nng/article/20120710/315508/

こうなるのを避けるには禁漁や調査漁にするしかないのでしょうか。
難しいです。

投稿: oak | 2013年7月12日 (金) 17:16

鰻の高騰は頭を悩ませるところですね。

しかし、自分は国沢さんのブログでスーパーの鰻と鰻屋さんの鰻とは別モノだと教えられたので、先日生まれて初めての鰻屋デビューしました。

高かったけど美味しかったです。

もし、国沢さんが鰻屋さんをしてなくて、そういう記事が載ってなかったら食べに行くことも無かったと思います。

そういう意味では、ブログでの鰻ネタで少しは鰻を食す人の底辺は広げられてるんじゃないかと思います。

しかも東京近辺の方なら、どうせ行くなら国沢さんのところに行こうとなるのでは?と思いました。

鰻屋デビューは国沢さんのおかげです。
ありがとうございました。

投稿: topaz | 2013年7月12日 (金) 16:52

それにしても猛暑続きですね。
現に当方も今朝仕事がらみの外出をして先ほど帰ってきたばかりですが、愛車ヴィッツ1300U-L/2004年式はここの所100%エアコン作動で帰りがけに給油した所315km走行後36.05リッター入り、計算値8.737km/lの数値が出ました!
同値はかつて無いワーストの値で、併用しているレクサスIS350が同条件で9.4km/lであるのと比べても「寄る年波には勝てない」を地で行ったものではないでしょうか。
109780kmに達した我が愛車、これまで個人的に貯金している関係上先延ばしにしてきたCVTフルードの高負荷タイプへの交換を、当初予定していた8月半ば過ぎから来週日曜に早めようかと考えております。
ウナギ高騰と見て、小生自身もここ半年ほどウナギを全く食べていないことに改めて気づきました―目下の懐具合ではウナギは中国製以外難しく、そうしたグレードのウナギを食べるぐらいならナチュラルチーズや豆腐にタンパク質栄養源を絞っている私めなのです。
国沢さんの記事で元気を得た所で、放●大学の認定心理士対策科目たる「教育と社会」のDVD視聴学習を始めるか!
PS(追伸)
小生の「ヴィッツ10万km突破」に関する投稿が雑誌「オートメカニック」8月号の129ページに掲載されましたので国沢先生も読んでみては。

投稿: 真鍋清 | 2013年7月12日 (金) 16:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64820/57775652

この記事へのトラックバック一覧です: うなぎさらに高騰(7月11日):

« 電力事情(7月10日) | トップページ | リーフ最新状況(7月12日) »