« CBX1000(6月2日) | トップページ | ブラック企業(6月4日) »

2013年6月 4日 (火)

ボルボV40(6月3日)

いろんな意味でV40は期待を大きく超えている。例えばアイドルストップ。日本車の大半はエンジンが十分暖まるまで停止モードに入らない。しかしVWなどは、少し大げさに表現すると「動いて止まったら停止モードに入る」。ボルボはどうかと思いきや、500m程度で停止モードに入ってくれます。

エンジン再始動のタイミングや滑らかさも上々。とりあえず自宅~辛抱タマラズ施術を受けに行く川口までの燃費は、15,5km/Lでありました。この区間、スカイアクティブCX-5(FF)が16km/L前後。車重ほぼ同じ+180馬力エンジンを搭載するV40の燃費としちゃ悪くない。VWゴルフの10%落ちくらいか?

6031

1,6リッター直噴ターボ

自宅から一般道+首都高で羽田まで行くと、流れに乗って走って17km/L。これまた悪くない。もちろんプリウスやゴルフ7と比べれば落ちるものの、安全性と燃料コストを秤にかければ十分納得できる。17インチだと硬めの乗り心地だって16インチなら「スポーティ」といったレベル。

何より「世界一安全性を考えた」というバッジが素晴らしい。しかし! すでに2013年モデルの計画台数を突破しちゃったという。いや、最近輸入車は「○×年モデル」ということを言わなくなったため、バージョン2とでもいうべきか。装備の見直しまで行うそうな。いくつか実情に合わない点が出たからだ。

例えば最初のロットは歩行者エアバッグの装着率を30%程度に考えていたそうな。ボルボ本社でも「そんなモンでしょうね」。ところがフタを開けてみたらほぼ全員が歩行者エアアバッグを希望したという。何度か書いてきた通り、日本って世界一事故に敏感だ。バージョン2から標準装備にするのだとか。

その他、ベーシックグレードでも純正ナビを装着できるようになる。もちろん装備の改善分は車両価格に反映されるとは思いますが‥‥。いずれにしろCセグメントは面白い! 日本だと扱いやすいサイズで、しかもファミリーカーとして実用に耐えるだけの室内スペースを持つ。消費税値上げ前に買うならこのクラスか?

« CBX1000(6月2日) | トップページ | ブラック企業(6月4日) »

コメント

V60で高速を流れに乗って14km/Lぐらいです。
同じT4エンジンでも車重が影響していそうですね。
ちなみに関西の高速道路です。
アイドリングストップは自分の住んでいるところが郊外なので余り信号に引っかからないので差は少ないかもしれませんが気になります。
前車追従クルコンのレポートも楽しみにしています。

投稿: かぶとむし | 2013年6月 5日 (水) 04:32

師匠、このメーター。
エコモードのグリーンで、標識もきちんと認識してるんですね。
凄いなあ。
スタイルもかつてのボルボをモチーフにしていてナイス。

自分もかつて所有寸前まで行ったなあ、ボルボ。
自分はモスグリーンのフライイングブリック
T5−Rにクラッとしてました。笑

投稿: applefanjp | 2013年6月 4日 (火) 22:14

私もボルボの安全デバイスの心打たれてv40注文しました(クロスカントリーですが)。
全面液晶メーターも楽しいです。

今から納車が楽しみです。

投稿: V40 | 2013年6月 4日 (火) 16:09

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボルボV40(6月3日):

« CBX1000(6月2日) | トップページ | ブラック企業(6月4日) »