« 週末の総理官邸(6月25日) | トップページ | オスプレイの弱点(6月27日) »

2012年6月27日 (水)

無策(6月26日)

TV番組が一般の人に消費税上げの是非を聞くと、どこの番組も35~40%くらいの人が「是」と答える。本当にわかっているのだろうか。5%の消費税が10%になれば、1年間に200万円使っている人なら10万円の増税です。消費税を5%に上げて以後、税収増になったことなし。

そもそもムダ使いを絶ってからの増税でしょ。未だにムダ使いは日本中で蔓延している。そいつを国民が納得するまで追及しなくちゃアカンでしょ。加えて延々と続くデフレじゃお金だって使わない。持っていたほうが得ですから。インフレはコントロールできない、というけれど、もはや止む無し!

インフレになれば円高だって自動的に止まる。というか本来なら少しづつ物価は上がっていかないと経済って回らない。その方ガ健全だ。なのにわが国は10年前より今の方が安いモノやサービスっていっくらでもある状態。上手にインフレをコントロールしているのが韓国でございます。

お金持ちが嗜好するようなモノやサービスはこの5年で大きく値上がりし、今やウォン安と言われながら、ホテルや食事など日本と同じ水準を確保しようとすれば、日本とほぼ同じような金額になる。一方、庶民の物価は極端に上がっていない。モノやサービスの価格に幅が出来た。日本も参考にすべきかと。

夕方、大阪でミニバンが暴走した。映像を見てビックリ! 狭い路地でパトカーとスレ違ってます。何で実力行使しなかったのだろう。幸い、取り逃がした後で死者を出さすに済んだけれど、完全なる失態。覚せい剤で暴れる男を見て一般人を追い越して逃げた湾岸署の警察官といい勝負だ。

以前も書いた通り一般人は突如「粗暴」に遭遇したらアドレナリンが出るまで「怖い」と感じるけれど、警官には冷静な時に使う拳銃を与えている。パトカーだって武器である。無謀者と遭遇したら、直ちに対応できなければ何の意味も無い。警官が「怖い」と感じたなら、素人と同じ。頼れる存在になって欲しい。

« 週末の総理官邸(6月25日) | トップページ | オスプレイの弱点(6月27日) »

コメント

マスコミは消費税に目がいってますが、住民税・所得税も増税、扶養控除も廃止。増税の嵐ですね。

読売新聞によると『IMFが日本の消費税は15%まであげるべきだと提言した』とのこと。
消費税増税を煽るような記事をのせる読売新聞も腹立たしい。

そもそもIMFはどういう役割をはたす機関なのか、どんな国のメンバーで構成されていて、IMFへ資金をつぎ込んでいるのはどこの国なのか、こんなことすら理解していないと思われる記事が腹立たしいです。

投稿: 阪神ファン | 2012年6月27日 (水) 23:48

我々に任せてくれれば4年間は増税しません!
無駄を省けばお金はいくらでもあるんです!
政治主導で当り前の事をやります。
安心、安全を目指します。
国民の生活が第一。

ずっと嘘だったんだぜ ほんとクソだったんだ・・・
って原発風刺の替え歌がありましたが、まさにそんな気分です。

投稿: とし | 2012年6月27日 (水) 23:36

何かもうわけわかんないや!

でもね、師匠!
じぶんがこのページが好きなのは
自動車関連のジャーナリストで
師匠ほど鋭く世の中を見つめ、それをベースに
自動車を語る人はいないということがよくわかるからです。
自動車のことばっかり書いていることよりも
はるかに師匠の言葉は伝わります。
これからもよろしくお願いします。

投稿: applefanjp | 2012年6月27日 (水) 20:43

日本の公官庁は子供のお小遣い帳レベルの単純な会計システムでお金を扱っているという事です
次回の選挙では複式簿記の会計システム導入を公約する政党、候補者に投票します。 
そんな人居ないかもしれませんが!

投稿: チャコティ | 2012年6月27日 (水) 17:30

四月の統計速報で計算するともっと悲惨ですね。
全国平均で1世帯年間18万円の増税です。。
平均初婚年齢が30歳なので、この歳で世帯を
持って平均寿命の83歳まで生きたとしたら、
一生涯で954万円。…払える気がしません。

投稿: KoA | 2012年6月27日 (水) 13:46

あぁ〜とうとう決まってしまった消費税増税。
国民が選んだはずの議員なのに何故反対は96人しかいないの?
こう言う場面での1票を行使出来るかに国民はかけてたと思うのですが...
政治家は自覚の有る無しに関わらず「政治屋」の変わる物なのですね。

私は自営業(個人)なのですが、今はどの会社もあらゆる出費にヘパフィルター並みの細かさで選別をかけ始めています。
我々零細企業はそのフィルターにかからぬ様、じっと息を潜め耐えるのみ。
来月は仕事あるのか?のレベルで不安は常に頭の中から離れない。
こんな状況で経済が好転する訳ないですよ!
でも逆切れでクルマ買っちゃいましたけど(ユーロ安の大恩恵あり) :笑!

TVのインタビューも年金等が足りないから仕方ないとか考えてる方々の数字なのでしょうか、のんきなもんです。
まだまだ国の下劣極まりない経営実態を知らない人が多い言う事ですね。
身勝手と言われる東電の経営実態が実はそっくりそのまま国にもあてはまる。
日本国の庶民の耳を塞ぐ情報操作力(もはや催眠力と言って良い)は北朝鮮を遥かに凌駕しますね(笑)

投稿: Min | 2012年6月27日 (水) 11:42

小さなムダ使いはどんなにがんばっても100年経ってもなくならないでしょう。枝葉末節にこだわるのではなく、大きなムダをなくすことです。
例えば官僚にはより多くの予算を獲得しそれを使い切ることが評価され、政治家も地元に道路を通したとかで票が獲得できる傾向がいまだにある。前者の例では官僚と内閣の意識改革、後者では地元民(国民)の意識改革が必要です。サッチャー元首相は地元民の依頼を断っていたらしい。

民主党は政治主導でそれらを改善すると唱えていたはずなんですが、結果は皆さんご存知のとおりです。スタートのハトポッポが就任前から脱税容疑で当局から首根っこを押さえられていました。

投稿: 605 | 2012年6月27日 (水) 10:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無策(6月26日):

« 週末の総理官邸(6月25日) | トップページ | オスプレイの弱点(6月27日) »