« 電気自動車(5月29日) | トップページ | 原発再稼働へ?(5月31日) »

2012年5月31日 (木)

国防(5月30日)

朝起きると、未だに背中が一発で伸びる。整体の効果、続いてますね~。1週間持てば上等だ。週末に川口に行ければ来週も快適に過ごせるかと。朝から夕方までずっと同じ姿勢で原稿書き。確かにカタまるワな。脳みそに乳酸タマって全く動かなくなったので、夜は都内に出て情報交換会へ。

すると国防の研究会を担当してるという人がいました。何でも対馬に行って自衛隊と意見交換したり、ペンタゴンに行ったりしてるという。尖閣の問題を聞いてみたら「突如500隻くらいの漁船で押し寄せられて上陸されたら対抗手段がありません」。そらないでしょう。日本の世論が絶対許さない。

相当大きなトラブルになること間違い無し。世界的に見ても非難されるし。私が中国の担当者なら、入念に海図を作った上、荒れた日に海上保安庁のレーダー波の陰になる海域に潜水艦で浮上。夜陰にまぎれて物資を運び2階建ての建物でも作る。で、祖先はこの島でサカナを獲っていた、という証拠をデッチあげる。

海上保安庁が強制的に排除しようとしたら、自国民を守るという理由をつけて最小限の装備の軍艦を付ける。これで日本はニッチもサッチもいかなくなるのでは、と聞いたら「そうですね。日本は法律的にも動けないです」。日本もそれだけのために戦争をするワケにも行くまい。長い交渉に入るのみ。

モメれば「では日本の企業に中国から出て行ってもらいます」という脅しを掛ける。もしモメても、今や中国の自動車技術はピンでいけるくらいのレベルになった。本当に追い出したって問題なし。日本がいなくてもGMやVWやルノーや現代自動車は残りますから。明日尖閣に上陸されても不思議じゃない状況です。

« 電気自動車(5月29日) | トップページ | 原発再稼働へ?(5月31日) »

コメント

それは無いと思います。
尖閣諸島は日米安全保障の範囲内だとアメリカが明言しています。
中国がアメリカと戦争する覚悟をしない限り、中国は来ないと思います。
マヌケな漁師は別ですが・・・

投稿: 小原 伸司 | 2012年6月 4日 (月) 13:49

私が中国の担当者だったら、そんなことをせず、沖縄に工作員を侵入させ、沖縄を日本から離反させるように人々を煽動させます。「どうせ本土の人たちは、米軍基地問題を解決する気はないし、力もない。だったら、日本から離れて中華圏に入った方が、沖縄の経済発展が期待できるし、米軍は出て行かざる負えなくなる。それに、元々琉球王国時代は大陸と上手く付合っていた。対照的に、日本との関係は、薩摩の征服以降、搾取され続けてきたのみだ」とアジれば、大きなうねりとなる可能性が・・・。
もし、沖縄が中華圏に入れば、尖閣諸島問題も資源の共同開発ということで、丸く収まりますね。

投稿: SPRING | 2012年5月31日 (木) 22:31

朝からずっと原稿に向かう・・・。
しんどいですね。
自分は(いつか書いたと思うんですが)
右の手がパソコンのキーボードを叩くぐらいに
曲げると具合が良くなって、
眠る時に右肘を伸ばすと逆に痛くなるという
これは職業病かいな?って思ってます。
よいストレッチがないものかと。
ご存じでしたら、お教えください!

尖閣問題、消費税云々で頭がいっぱいの今
欧州の危機による円高で頭がいっぱいの今
危ないですよね。
危ないって、
きっと「現場」の皆さんは警戒してらっしゃるはずです。

投稿: applefanjp  | 2012年5月31日 (木) 22:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国防(5月30日):

« 電気自動車(5月29日) | トップページ | 原発再稼働へ?(5月31日) »