« 悪魔の囁き(4月16日) | トップページ | 修行が続く(4月18日) »

2012年4月18日 (水)

尖閣(4月17日)

石原さんが突如「尖閣を東京都で買う」と言い始めた。面白い。オリンピックにお金を使うのは賛成しないけれど、尖閣を買うならよろしいです。もう他のコトは猪瀬さんに任せ、大将は尖閣に残る政治生命を掛ければいい。その場合、台湾とは一緒に有効利用を考えるなど上手にやってください。

とりあえず「南小島」に800mくらいの滑走路を作り、石垣島からドルニエ228なんか使って定期便を飛ばす。台湾便を受けても良い。羽田空港~三宅島の距離なので、東京都民割引で羽田から往復で6万円くらいの運賃設定に出来ると思う。宿は250n離れた隣の北小島へ橋を架けて行き来すればよかろう。

南小島と北小島の間に防波堤を作って大きな港にし、日本と台湾漁船の避難港とするのもいいんじゃなかろうか。しかし! 正面から中国にケンカ売るのは得策じゃなかったかもしれない。コッソリ動いて気がつけばヤラレタ、という作戦が面白かった。もしかすると中国は実効支配に出てくるかも知れない。

もっと矮小なことを言えば、来週の北京ショーが少し不安。おそらく遠くない時期に中国は蜂の巣をツツいたような反応を見せるに違いない。古今東西、領土問題はサッカーより燃える。ヘタすると北京ショーどころじゃなくなるかもしれません。中国に進出している日本の企業は「やめてくれ!」と思っているハズ。

日本はカンペキにケンカを売った。果たして中国がどんな反応を見せるだろうか。事と次第によっちゃ一触即発状態になること間違いなし。そういった意味から言っても、もう少し隠密に動くべきだったと考えます。領土問題は勇ましくてカッコ良いけれど、実利が全くない。尖閣だって私が釣りに行ける程度。

それで中国市場を失うとすれば、いろんな意味で覚悟が必要です。繰り返しになるけれど、もう少し上手な解決法があるハズだ。石原さんのやり方は軍艦マーチを鳴らして突っ込むようなモノです。ホンキで取り組むなら秀吉の『石垣山一夜城』のような戦略で一気に既成事実を作り上げるしかない。

« 悪魔の囁き(4月16日) | トップページ | 修行が続く(4月18日) »

コメント

あぁ、オイタワシヤ…

私の勤める会社では、誰にでもヘコヘコして便利な者は、使うだけ使われて結局切り捨てられてます。
真正面から間違いを指摘し、自分の意見を言える者は、疎んじられても一目置かれ、きっちり評価されて出世してる。

中小企業でもこの通り。
便利な奴と評価高い者は違うよ。

投稿: ぴなれろ | 2012年4月20日 (金) 11:30

敵を知り己を知らば百戦危うからず、、今までのところ中国経済がうまくいっているのは、日本のバブル経済とその失策を徹底的に研究しているから。逆に日本は戦前から敵の研究が足りない。中国で小泉元首相の評価が高いなんて誰が言ったのか。中国の新幹線は制御システムも含めてオール日本製になるはずだったのに、それを反故にしたのは小泉元首相の靖国参拝。この事実だけ見ても評価が高いとは決して言えない。また中国でもっとも有名な日本の政治家である田中角栄の秘蔵っ子、小沢一郎を誰も知らないなんて誰が言ったのか。とにかく日本国内には中国に関する正しい情報が入ってこない。

領土問題では、外国は無言実行と有言不実行を巧みに使い分ける。彼らの言葉がすべて本気だと思ったら大間違い。日本も有言不実行だけでなく無言実行をしたらよい。それでようやく対等になれる。

投稿: Rotarycoupe | 2012年4月20日 (金) 00:52

古今東西、領土問題は燃えるのです。
燃えないのは戦後教育で悪玉日本を叩き込まれた世代。
私の周りでも”尖閣くらいくれてやれ、ついでに北方領土も”なんてことをのたまう50~60歳の多いこと。
ナサケナヤ、ナサケナヤ…

とにもかくにも、支那に譲歩なんかしてたら漬け込まれるだけ。ガーン!とやらなきゃナメられるだけでしょ。
支那で評価の高い日本の政治家は、靖国神社参拝で散々ケンカを売った小泉純一郎。小沢なんか誰も知らないらしい。
ついでに言うなら、中国の日本批判はいつもアメリカ発。
その意味でも、アメリカで尖閣買取を宣言した石原知事はアッパレ!

でも民主党政権での国有化は反対ですね。
簡単に支那に転売しちゃいそう(笑)

投稿: ぴなれろ | 2012年4月19日 (木) 20:37

価格については
諸説飛び交っていますが
噂される金額なら寄付にてあっという間に
集まると思われます。

いずれにせよ、
戦後、平和教育という名の下に
歪められたナショナリズムを正していくことに
躊躇することなどありません。
ベトナムにいて、
眺めた日の丸への思いを大切にしています。

投稿: applefanjp  | 2012年4月18日 (水) 21:02

中国に隠密裏に行うのは不可能ではないでしょうか。中国も尖閣周辺を監視しているでしょうし、外務省や国会議員(秘書も)内にも中国に通じている輩が少なからずいるでしょうから(日本はスパイ防止法さえなくスパイ天国)。政権を取った時に大議員団を連れて中国を訪問(朝貢外交?)した人がいることを思い出してください。また外務省内の親中国派は日本の国益を考えずどうしようもありません。

中国の人口は市場として確かに魅力的ですが、色んな面でリスクが高すぎ、自分が経営者ならあえて進出しないでしょう(韓国にも)。いいように利用されてあとで追い出されるのがわかっていますから。
また人件費がかなり高くなってきており、他のアジア諸国に工場移転進出がかなり増えてきました。このこともバブル破裂を早める要因のひとつです。バブル破裂後の非先進国はかなり悲惨です。

投稿: 605 | 2012年4月18日 (水) 11:58

今回の都知事の言明で尖閣が個人所有だったこと初めて知りました。こんな危ないこと放置してたんですね。実際、中国から200億で買いたいという話が所有者に持ち込まれたそうです。

土地の個人所有は日本を駄目にしてる最悪の制度だと思います。わずか50mの区間通すのに何百億円と30年の年月が必要なんて人生を無駄に費やすことになるし、いくら税金を上げても間に合わない。

別に中国のような共産国にならなくても、英国のように個人は国から99年の期限で土地の使用権を得る、使用料は現在の固定資産税に準じる方法でやっていけると思います。

尖閣の問題から、日本の土地はすべて国有にして、もっと有効に国土を活用することを考えるべきだと思います。

投稿: 国有化 | 2012年4月18日 (水) 10:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尖閣(4月17日):

« 悪魔の囁き(4月16日) | トップページ | 修行が続く(4月18日) »