« 築地に驚く1月30日) | トップページ | フリー走行(2月1日) »

2012年2月 1日 (水)

突然タイへ(1月31日)

9時40分発のチャイナエアラインで台北へ。今日の機材は比較的新しいA330。電源付きだからしてフルに原稿書けます。北に向かって離陸し右に 270度旋回。成田空港の上空を通過し、東京湾上へ。天気良く羽田空港などがよ~く見える。デジカメ使える時間になったので撮影。

1311

右が荒川河口。左手前羽田空港

天気良いので至るところに飛行機が飛んでいる。驚いたのがはるか下の高度を飛んでいるJAL機。山に衝突するんじゃないか、と思えるくらい低いの だ。写真は津久井湖の上空。このまま高度を上げなければ南アルプスを越えられそうにない感じ。この後、少し高度を上げたものの、低い!

1312

写真は超クローズアップしたもの。富士山より低い感じ

続いて気象庁は完全否定しているものの、皆さん噴火の可能性を疑っている富士山。近くで見ると案外ギザギザしており、谷も多い。猛烈に強い偏西風の ため、台北までのフライトタイムは3時間50分とのこと。なるほど常時200km/h以上の向かい風の中を飛んでいる。仕事してたらあっという間に台北。

1313

手前は宝永火口

台北で乗り換えバンコクへ。ここは向かい風弱く3時間。仕事してたらあっという間に到着。ジャズさんと間に合わせのため電話しようとしたら、あら ま! auのグローバルパスポートなのに繋がらず。どうなってるんだ? 仕方なくタクシーの運転手から目的地であるジャズさんのショップに連絡してもら う。

晩ご飯を食べ、明日からのレースが行われる「タイ人の湘南海岸」と言われるバンセンに向かう。そうです。今回は急遽依頼を受け、バンセンの4時間耐 久レースに出場するのだった。乗るのは「ヴィオス」というトヨタのヴィッツ級セダン。20時過ぎにバンセン到着。早速コースの下見に向かう。

モナコやマカオと同じく公道を使って行われるため、普通に走れるのだという。どんなもんか、と興味津々。するとどどうよ! 相当本格的! なるほど 毎年20万人近い観客を集めるだけある。コースも4kmくらいある。そのままチームの人とミーティングしたり、コースを10週くらい下見したり。

ホテルにチェックインしたのは1時。日本時間3時。いやいや疲れました。残念ながら夜だったので写真撮れず。明日紹介したいと思う。

« 築地に驚く1月30日) | トップページ | フリー走行(2月1日) »

コメント

公道、4㎞、20万人の観客!
すごいですね。
これは、楽しみですね!

ヴィオスってベトナムでもタクシーで
走っていたと思います。
カローラよりちょっと小さめのセダンですよね。
ベトナムのタクシーもかっ飛ばしてましたから
結構走るのではないかと思いますが?
いかがでしょうか?

投稿: applefanjp  | 2012年2月 1日 (水) 22:11

バンセンスピードフェスティバル
http://www.bangsaengrandprix.net/index_eng.html#

凄い大きなイベントなんですね、3日の
FREE PRACTICE
10.30 - 14.30 TOYOTA BANGSAEN ENDURANCE

で走られるのでしょうか?、4時間耐久レース、ドライバーは何人ですか?、頑張って下さい。

5日間、お客さんを楽しませるイベントが目白押しですね、日本でもこの様なイベントが開催出来ると良いのですが、伊豆半島(熱海)や東京・横浜で出来ないもんでしょうか?、開催するなら続ける事で歴史を作って欲しいです。

投稿: kine | 2012年2月 1日 (水) 13:42

バンセンとっても綺麗で良いところですよ。
私も洪水でアユタヤからシーラチャに避難しているときによく行きました。近くにAng Silaという海辺のレストランがあります。
シーフード安くて美味しいです。
今週は、アユタヤの事務所が復旧するので
チョンブリから引っ越しのため応援に行けそうもございませんがレース頑張って下さい。

投稿: nobuson | 2012年2月 1日 (水) 12:43

なかなか面白そうなイベントですね!こういう地味ながら活気のあるレース、日本じゃ絶対K察が許可しないでしょうね…

三宅島レースの話はドウなったのかしらん?

経済活性化のためにも、小さくても地味でも継続したイベントが必要だとつくづく感じます。

楽しんできて下さいませ♪レポート楽しみにしております!

投稿: 将 | 2012年2月 1日 (水) 12:20

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 突然タイへ(1月31日):

« 築地に驚く1月30日) | トップページ | フリー走行(2月1日) »