« 日本は強い(10月27日) | トップページ | イナダ来る(10月29日) »

2011年10月29日 (土)

また犬がやってきた。(10月28日)

まだまだ知らないことが多い。練馬区安請け合い組合員のムスメが引き取ってきた犬のハナシを聞いて悲しくなってしまった。御存知の通り犬は「ブリーダー」と呼ばれる人が繁殖させ、ペットショップで販売されている。素晴らしいブリーダーも多いと思うけれど、必ずやオタンコだって混じってます。

1028

内股。ミニチュア・ピンシャーという犬種らしい

ウチに来た犬は後者だったのだろう。生まれて2年。ず~っと檻の中に入れられ散歩も知らずに育つ。繁殖出来る状況になるや、子供を産ませられる。一生懸命育てたろう。でも子犬が商品となると、当然の如く取られ、さらに次の子供を仕込まれたそうな。2歳ながら2回出産してると言われました。

ある日ブリーダーは仕事に興味を失い、犬を捨てた。仕事が上手くいかなかったのかもしれません。その情報を得たボランティア団体が保護し、ネットで里親捜しをしていた次第。そいつを見たのがウチの組合員です。昨晩遅く、和歌山からクルマでやってきた(交通費と避妊手術で4万円程度負担します)。

2年間可愛がられることもなく育ってきた犬だけに、昨晩は暗くしたケージの中でガタガタ震えっぱなし。弱々しく見える犬種だから痛々しい。抜糸したばかりだという避妊手術だってウチならしなくてよかったのに(その団体の決まりだという)。ペットショップの可愛い子犬の向こう側の世界である。

ゴハンをやるとイッキ食い。どんな暮らしをしてきたんだろう? されどウチに来たからには精一杯のことをしてやる! 落ち着くまで1ヶ月くらい掛かるかな、と思っていたら夕方にケージから出てきて家の中を歩き回っている。ほっといたら夜になって寄ってきた。なでてやっても逃げない。1週間くらいで元気になるかな。

« 日本は強い(10月27日) | トップページ | イナダ来る(10月29日) »

コメント

小生は犬派ではなく「一匹の猫のパパ」ですが、犬というのも野生の猛々しさを隠し味に秘めた、「ヒトに近いペット」としての表情を秘めていると思います。
もっとも根っから無精の小生のこと、犬というだけで日課としての散歩が億劫で身を引いてしまうのも事実です。
さて小生、「猫を乗せようとしたら暴れて腕を引っかかれた」想い出のある「肌身離せぬ愛車」2004年式トヨタヴィッツ1300U-L/92672km走行は平均燃費は高速で10.5-11.2km/l、市街地で14.5km/lの「低位安定状態」、年式の割には合格点も「20km/lまで回復」は夢物語と見られ、ミッションを交換でもしない限り困難なのはどこかゲンナリさせられます。

投稿: 真鍋清 | 2011年11月 1日 (火) 20:17

わんこ、かわいいですね。
小生、ちょっと臆病なところも有って動物は…
と思っていましたが、最近は小動物を見てもかわいいと
思えるようになってきました。
でも生き物です。
家族の一員になるんです。
責任もって育てられないうちは無理です。

18年前、嫁の実家のポメちゃんが死んだ時、犬も
家族も可哀そうで見ていられませんでした。
(そういえば最近お墓参り行ってませんでした。)

わんこは、「老後の楽しみに」と嫁と話しています。

投稿: Tomi@群馬 | 2011年10月29日 (土) 21:14

心が通い合うことを
お互いが確かめ合っているから
傍にいて安心できる。
もうすっかり国沢さんと仲間。
温かい目、温かい心。

こんなお話もいいですね。
ホッとしました。
ありがとうございます。

投稿: applefanjp | 2011年10月29日 (土) 15:58

ピンシャーって見ての通り毛が殆ど無い。
ので、寒さには滅茶苦茶弱いって聞きましたが。
ケージの中で震えていたというのは怖がって
いたというより、本当に寒かったのかも・・・

投稿: もん | 2011年10月29日 (土) 12:06

大変ご無沙汰しております。
かわいいワンちゃんが、家族になりましたね。
3月11日以来、どうも感性や仕事などなど少しばかり
バランスが悪く、自分の店のブログも儘ならず。
人のせいにしてはいけないのですが、原発、政治、経済
せめて貴殿のHPを見ながら、怒ったり、悲しんだり、
途方にくれたりの日々です。
でも、ついに国沢家にも再び家族が増えましたか。
彼女の事情を考えるにつけ、人間の業の深さを
考えざるを得ません。
練馬区安請け合い組合員のムスメさん。
正義感に溢れて、ちょっと厳しくて、でも愛情たっぷり
のムスメさん。人にも、ワンコにも背負ってきた人生
があることを感じて引き受けたのでしょうね。
我が家も、2年前、石狩のワンワン救助隊なるところから
シェパードの雑種”ろくぞう”がたったの1か月で
4時間揺られてやってきました。
今や、堂々とした体躯ですが、怒られたり、ほっとくと
すぐに吐いてしまう情けなさですが。
こいつのおかげで私たち夫婦も日々成長させてもらってます。
「どんな喜びもその背に悲しみを背負っている」という
ドイツの諺がありますが、今の日本、人間、自分を
含めて悲しみを背負って、後に喜びたいものです。
ワンちゃんも様々なものを背負って、国沢家に来ました
でも、物言わぬものほど、その本質を見極めて家に、
貴方に歩み寄ってきたのでしょうね。
国沢さんも苦しいことが一杯でしょうけど。
犬には犬の悲しみや腹立ちがあることを受けとめてやってください。
生意気を言いました。
皆様によろしく。 わんわん・・(ワンコにも)

投稿: 田所義弘 | 2011年10月29日 (土) 11:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: また犬がやってきた。(10月28日):

« 日本は強い(10月27日) | トップページ | イナダ来る(10月29日) »