« クルマで遊ぶ(4月26日) | トップページ | もんじゅの事故(4月28日) »

2011年4月28日 (木)

連休はデモ三昧?(4月27日)

ゴールデンウイークは原発廃止デモで楽しむ、という人が少なくないかもしれない。確かに本来なら連休を楽しんでいたハズなのに、今年はそれどころじゃないです。先日遭遇した高円寺のデモを見ていても、皆さん大いに楽しそうだった。そらそうだ。大がかりなオフ会みたいですから。

連休中に行われる原発廃止デモ

上にリンクしているのが連休中に行われるデモの日程表。やはり一番大きいのは5月7日に行われる高円寺かしら? 1回目からして1万5千人も集まり、相当大きな規模だった。コスプレも多くて面白い。デモに参加しないで見物というのもエエじゃなかろうか。高円寺と言えば阿波踊り。それを凌ぐか?

なかなか核心を突いてますね、と思ったのが群馬県高崎で行われる『原発なくてもエエジャナイカ大行進』。来ましたね~っ! って感じ。行進の前に『大』を付けるあたり、私の思考回路と似てる。平成のエエジャナイカの雰囲気が出てますね。下のイラストの通り、平和に楽しく歩けばOK。

428

日時の横に「ラッパやナベ太鼓、仮装をするように」と書いてある

デモに参加している人達を見ると、若い人も多い。原発容認派と反対派が明確に別れるということだろうか? 最も反対している層は小さい子供のいるファミリーかと。確かに今回一番不安になっていることだろう。現時点でも政府や東電が隠していることが素晴らしく多いと考えます。

原発の廃止と同時に代替エネルギーを考えなくてはならない。最も可能性あるのが太陽光発電+電池だと思う。我が国の太陽光発電パネルの生産能力は、2012年時点で原発3基分/1年といった規模。これにプリウス3台分くらいの電池を組み合わせれば家庭用としちゃ十分なシステムになる。

電力会社は地熱発電に取り組んだらいい。文字通りクリーンエネルギーで、原発5基分くらい分なら1kW=10円以下で発電できる好適地があるという。ダムでなく自然に川の流れを使う小規模水力発電も原発2基ぶんくらい確保可能。様々なエネルギー源を組み合わせると安定供給になります。

« クルマで遊ぶ(4月26日) | トップページ | もんじゅの事故(4月28日) »

コメント

原発デモが、こんな安易に宣伝されてたなんて知りませんでした。びっくりしました。連休利用してのデモって平和的でいいですね。政治家もメディアも表立って原発批判しませんから、国民が直接意思表示したほうが良いと思います。

ええじゃないかデモですが、世の中同じように考える人がいると安心できますね。私もいろんなブログや記事読んで、自分と同じように原発や東電批判する人が多くて安心できます。(そんな情報しか集めていないですが・・・)

話は変わりますが、ベストカーで山路徹さんの取材やってましたけど、山路徹さんって福島原発周辺の取材で頑張ってますから、三菱大好きなあの方もいいネタ見つけてきますね(笑)

投稿: 下澤 淳 | 2011年4月28日 (木) 22:53

長期的に見れば自然から得られるエネルギーにシフトしていくのが良いと思います。
太陽電池の変換効率は現在20%程度だそうですが、今後75%以上の変換効率となる技術も理論が確立されたとか。
低周波を出さない風車も更に進化するでしょう。
必要とされる技術を高速で進化させるのは日本のお家芸ですから、既存の価値観で利用価値を計る事はできません。
原発推進派の言うことを真に受ける必要性も今後は減るのでしょう。
ただ短期的には火力発電かなと思います。
使いにくい太平洋側ではなく日本海側に眠るメタンハイドレート。
日本を資源輸出国にするかも知れない現実的な天然ガスです。
火力発電所ですぐに使えますし、温暖化の原因として仮説でしかない炭素ガスの発生量も、既存の化石燃料よりも少ないのだそうです。

投稿: yama | 2011年4月28日 (木) 18:53

お久しぶりです。太陽光パネルは、アフターも含めやはり国産に限ると思います。但し、取付位置や傾斜には十分な調査を行って下さい。今、パネルからの反射や照り返しでのクレームが問題になりつつあります。また私もパネル販売メーカーですが、脱原子力の筆頭と考えております。あとは電池の問題だけですが。。。

投稿: 高橋 | 2011年4月28日 (木) 17:59

デモ行進も重要ですが、原発なしでどうしていくかという議論をもっと活発にすべきですね。

答えは先生のおっしゃる通り、太陽光と電池の組み合わせ以外、現実的なものは無いと思います。
いろいろな新エネはありますが、エネルギー将来的に十分なエネルギー量が得られ、弊害が少なく理解も得やすいのはそれしかありません。

省エネな家庭であればほぼ100%自給できるのはもちろんのこと、大電力を消費する工場なども、あの広大な敷地にパネルを敷き詰めれば昼間の高価な電力を極力使用せずに生産ができるようになるはずです。
たまたまネットで見つけた例ですと、約10万坪の敷地面積を持つシャープの工場では年間約1500万kWhの電力を消費するそうです。
敷地の2割程度(建物の屋根の面積にも満たないはずです)に太陽光パネルを敷き詰めたら、年間では全電力をまかなえる計算です。そう考えると太陽光ですべての電力を賄うことも不可能な話でもないように思えます。

投稿: Ito | 2011年4月28日 (木) 13:12

こんにちは。自分は風力に注目しています。風の無い時は?夜中の余分な風をF1の加速装置KERSの様に、フライホィールに回転運動として蓄えたり、空気を圧縮してエネルギーを保存するという研究もされてるようです。少しの風でも回る国産技術スパイラルマグナス風車も注目です。問題の低周波騒音や景観問題は簡単に解決出来ると思います。脱原発、新エネルギー大国を日本は目指しましょう。

投稿: カズ | 2011年4月28日 (木) 12:42

天然ガスを使った火力発電は、駄目なのでしょうか?

日本でも結構天然ガスの埋蔵量があって、輸入無しでもまかなえると思うのですが。

投稿: 桃太郎@東大阪 | 2011年4月28日 (木) 12:14

やっぱり電池でしょうね。夜間電力分を充電出来れば今のままの発電能力でもokですね。日本ガイシって言う会社あります。

投稿: | 2011年4月28日 (木) 10:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 連休はデモ三昧?(4月27日):

« クルマで遊ぶ(4月26日) | トップページ | もんじゅの事故(4月28日) »