« ナンカンのスタッドレス(1月23日) | トップページ | エンジン誌大試乗会(1月25日) »

2011年1月25日 (火)

スタッドレタイヤの味見(1月24日)

早起きしてスタッドレスタイヤのチェック。今年は湯沢も大雪。加えて昨晩は大幅に気温が下がり、アイスバーン多数。いつもこんなコンディションだと東京から近い湯沢でスタッドレスタイヤを評価出来るのに。ちなみに今朝はマイナス8度まで下がり、日の出と共にアイスバーンの表面溶け、そらもうツルツル。

1241

スキー場はガ~ラガラ。岩原なんか一人も姿見えず

10時くらいになると滑る雪道が無くなってしまったので、初滑りに行く。ホームゲレンデだった加山キャプテンコーストはクローズしちゃったため、近場の神立スキー場へ。神立と言うと「混んでいる」「駐車場から遠い」というイメージ強く、1~2回しか行ったことありませんでした。今日は空いてるでしょ!

到着したら「ありゃま!」。リフト乗り場に肉薄出来る場所にクルマ止められたし、ゲレンデもパラパラという感じ。ホントに神立なのか? って感じ。空いていれば神立のコースは滑りごたえある。標高差のある方のクワッドリフトに乗ると、思う存分に滑りを堪能出来ます。ブランクのあるジジイにゃツーマッチ。

1242

神立ですらこんな状況

平日とはいえスキーシーズン真っ最中。スキー場の経営は自動車ヒョウロンカやうなぎ屋以上に厳し感じでございます。午前中1時間。お昼食べて1時間滑ったら、もはやカンペキに売り切れ。ケガしないウチに引き上げましょう。昼過ぎまで天気良かったのに、16時くらいからチラホラ雪。

それにしてもスキーはナマッた身体に気合い入れるにゃ最高。久しぶりにヘトヘトになりました。高速代も安くなったことだし、もっと修行に来ようと思った次第。

« ナンカンのスタッドレス(1月23日) | トップページ | エンジン誌大試乗会(1月25日) »

コメント

昨年30年ぶりに再開したスキーに今年も行ってまいりました。
名古屋でも雪国状態になった先日の週末に白馬八方へ行ってきたのですが雪が多すぎてなまった体では対処できず早々に帰ってきました。
しかし雪がたっぷりあるのにもかかわらず人出は少なかったですね。
昨年まで営業していたレストハウスと駅前のマクドナルドが閉店していたのにはびっくりしました。
観光事業というのを根本から考え直さないと駄目なんでしょうね。

投稿: すとりんがー | 2011年1月25日 (火) 16:28

 今じゃ白馬(八方)もオーストラリア人だらけ、スキー場のロッジのメニューもあちら向けのものばかり、日曜日でもどうかするとリフト待ちで周りを見ると5人に1人くらいあちらの人。中国の人も増えてきた(中国語しゃべっているので判る)平日だと日本人少ないはずなので、もっと外人率高い筈。昔ニュージーランドにスキーに行ったときに日本人だらけなのに驚いた覚えがあるけれども、今はどうだろう?

投稿: | 2011年1月25日 (火) 14:37

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スタッドレタイヤの味見(1月24日):

« ナンカンのスタッドレス(1月23日) | トップページ | エンジン誌大試乗会(1月25日) »