« 隼(12月17日) | トップページ | オタンコな中国道(12月19日) »

2010年12月19日 (日)

三人寄れば文殊の知恵(12月18日)

私のWebを頂いている方の中には「その道のプロ」の方が多数おられ、困った時やいい加減な表現をした際、有用な情報を送ってくれる。デンキの件でも大いに助けられ中です。というか、今や私の取材の一次情報の多くは、皆さんから送っていただいている、と言い換えても良い。

この流れをキッチリと整え「良い人ばかりのネットワーク」を作れたら素晴らしいな、という夢を見るようになっている。なんせ『三人寄れば文殊の知恵』。1000人集まったらタイヘンなことになります。『文殊の知恵ネットワーク』、作れたら最高でしょう。もちろん人数だけの1000人でなく、互助精神を持っている1000人です。

ラリーのタニマチになっていただいた方のメールを見ると、ほとんどの方が「いつも情報を貰っているので恩返しをしたい」。 これまた驚いた。ムカシからポリッシュファクトリーの及川さんから「国沢さんのWebを見て来店されるお客さんは本当に良い人が多い」と聞いていたけれど、今回シミジミ感じました

私みたいに1年中コースアウトしたり知らない道に入り込んだり困ったりしている人間は例外として、誰でも何年かに一度、自分の知識だけじゃ解決できない問題に遭遇すると思う。その際、互助精神を持っている人に対し、少なくともクルマ関係だけは的確なアドバイス出来るシステムを作れるんじゃなかろうか、と思う。

その場合、不特定多数の人が読む場では出来ないような答えになることもあるだろう。原理主義者には「本音と建て前」の違いを理解してもらえない。現実的な解決策こそ役に立つ。といった夢を実現したいです。というか夢は見ないと前に進めない。まずは年内をメドにラリーのタニマチになっていただいた方へパスワードを送ります。

12191

巨大船見物は東京湾名物。おそらく250m超

そんなことを考えつつ本日は早起きして久々にマリーナへ。考えてみれば一ヶ月以上フネを動かしておらず。とりあえず観音崎までタチウオでも釣りに行こうか、ということで8時出港。釣り船の船団を見つけて様子のチェックするも、釣れておらず。やがて西風が強くなり、寒いわ白波立つワで帰港。

12192

クルマはガラスコートでいつもビガビカなんだけど‥‥

笠井君に手伝って貰い(というか笠井君が班長で私はサブ)、年末の洗船。ワックスも掛けちゃう。キレイになりました。その足でラジオ日本の収録。終了後、中野に寄って厳しい厳しいうなぎ屋修行。本日、特に機嫌悪し! バイト君に聞いたら1日中怒りまくってタイヘンだったそうな。

« 隼(12月17日) | トップページ | オタンコな中国道(12月19日) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三人寄れば文殊の知恵(12月18日):

« 隼(12月17日) | トップページ | オタンコな中国道(12月19日) »