« 踏切と救急車(10月4日) | トップページ | 永田と2ケツ(10月6日) »

2010年10月 6日 (水)

もしや?(10月5日)

日曜日の猛烈な超特急はシイラの刺身に当たった可能性が出てきた。いろいろ調べてみたら、マレに私みたいな状況になるらしい。特に水温の高い地方のシイラで発生する模様。今年は東京近海まで食あたりするシイラが北上してきた、ということだろうか。ちなみに鮮度は関係ないそうな。

シイラの表皮に毒があるのだという。当たった人のブログを読むと、見事に私と同じ症状。辛かったろうな、と同情いたします。ちなみにシイラを刺身で食べるときは、入念に魚体を真水で洗い、さらにウロコを落とし、その上で皮を落としたマナ板は再度入念に洗うと良いとのこと。加熱すれば全く問題無し。

次回からフライで食すことにします。というかフライが一番美味しいと思う。今日は残った身を全てフライにして全部食べちゃいました。それにしても強烈な下痢だった。軽く1,5kg痩せましたね。シイラにより腸内洗浄ダイエットも良いか? 食あたりを知らずにシイラの刺身のレシピを乗せているサイトが多いのに驚く。

まぁイノチを奪うほどのモノじゃないけれど、辛抱タマラズにロケット発射しちゃった場所が場所なら一生に一度の不覚になる可能性大(絶対ガマン出来ない、と断言しておく)。通勤電車の中とか西武線の踏み切り待ちのバスの中とかだったら、想像するに恐ろしい。逆にそういう人に出会ったら、やさしくなれると思う。

今日は朝から原稿書きやラリーの準備など。タイの最終戦はイギリスからもエントリーがあるという。WRCジャパンを除く今年のアジア地域のラリーで最も参加国の多いイベントになる? だんだん大きなお祭りになってきました。私のおそらく最後になると思われるラリー(経済的に)なので大いに楽しみたいです。

ウデの方は50歳を過ぎても上達傾向だけに悔しい。されどやっぱし売れないヒョウロンカの小遣いだけで国際ラリーに出場するの、最初から無理筋。考えてみれば2005年にアジパシ4戦&WRCジャパンに出た後、再度体勢を整えWRCジャパンに出るまで3年も掛かりました。そして1年お金貯めて今年。

自動車メディアは構造不況だし、そもそも今後2~3年休んだら日本車で出場できるグループNの車両が無くなってしまっていることだろう。そう考えると大いに寂しい。かといってプジョーやルノー、フォードのラリー車を買うとなると高いだろうし。といったことから、最後のチャンスになると考えている次第です。

« 踏切と救急車(10月4日) | トップページ | 永田と2ケツ(10月6日) »

コメント

「腸内洗浄ダイエット」と見て小生自身の例年の課題を思い出してしまいました!
毎年定期的にまるかん社から発売の「スリムドカン」(クマザサエキス他含有)並びに「スーパー青汁酢」(黒酢、ケール他が成分)のタブレット二種を摂取しており、同品をヘルシア緑茶(カテキン1540mg含有)1.0L瓶で流し込む上寝る前に自宅で腹筋を40-45回行う習慣にしております。
お陰で大便が急速にまとまった量が出るようになり、そうした意味では確かに「腸内洗浄ダイエット」に違いありませんが下腹部こそ「唐突に」細くなっている一方で、上腹部は依然「ワイドボディ」のままで特に肩幅は一向に痩せないために今後はウェイトリフティング的なことも行なっていきたいと考えております。
PS(あとがき)
愛車ヴィッツ1300U-L/2004年式は91545kmに達し、幹線道路の50-70km/h巡航では(エアコン不使用)平均17.5km/lをはじき出すほどで年式を考えれば期待以上かと思いますがカタログデータの21.5km/lには及ばないこともありエンジンルームにもWAKO製を筆頭とする各種添加剤を注入していきたいです。

投稿: 真鍋清 | 2011年10月 2日 (日) 00:25

当方、鮮魚市場勤務のためにオサカナ関係ならいろいろと情報を持ち合わせておりますが・・・とりわけ鮮魚に詳しい担当者に聞いて確認をしてみたところ、シイラはサイズの小さなもの、つまり稚魚の表面の皮に毒があるのだそうです。
小さなサイズのシイラには、表面に紫色のような色をした部位があるかと思いますが、この部分が毒だそうで。
シイラは外洋に棲んでいますから、小さな稚魚の時代に他の魚に補食されないように、稚魚の時代だけ毒を持っていて、成魚になれば毒がなくなる、ということのようです。
ちなみにワタシもそんなことは全然知りませんでした(^_^;)

投稿: ろくむし | 2010年10月 7日 (木) 16:23

鮮度は関係なく、育ちが問題とは、海の幸は奥が深いですね。
でも家族巻き添えでなかったのは、不幸中の幸いでした。
(*≧m≦*)

投稿: アミーゴ5号 | 2010年10月 6日 (水) 20:54

あくまでもタラレバの話ですが、個人的に今進めている案件の契約が締結されて契約金が取れたらスポンサードさせていただこうと考えています。

なぜなら、IFRS国際会計基準に準拠するなら、スポンサード費用は広告費で、それにより構築されたブランド=のれんは非償却。つまり新しい会計基準ベースで決算をすると、広告費は長期的に償却しない資産として計上できるので、投資家や銀行受けのよい美しい決算書になるのです。

日本の、特に自動車関連企業もそのことを理解して、どんどん広告を打ってブランド戦略を実践すべきなのです。F1やWRCを撤退するのは明らかに経営者の判断ミスです。

ついでに国沢親分の広告効果を客観的に評価して、ジャブジャブ広告打ってほしいですよね。これだけページビューがあるんですから。

弊社に契約金が入れば、インプレッサのカラーリング案を持って中野鰻屋詣でをさせていただく所存です。ただし、あまりあてにしないでくださいね。

投稿: かなやま | 2010年10月 6日 (水) 19:42

「辛抱タマラズにロケット発射しちゃった・・・」の下りには爆笑しましたが、私も以前にシイラではない他の要因で、まさに危機一髪の状況を経験済みです。   それ故トイレにたどり着くまでの汗と苦しみが痛いほどわかります。  無事に発射出来た時の安堵・開放・脱力等は大げさですが感動した位です。   タイにおける国沢さんのラリーをサポートする環境は、このブログの読者なら理解してると思いますので、最終戦のエントリーが増えて強豪がひしめく中でも御自身で出来る事を頑張って達成出来ればと思います。  勝負事には誰しも勝ちたいものですが、「絶対」などありません。   有力選手の下馬評など気にせず逆に一泡もふた泡も吹かせる展開になれるように大いに楽しんで下さい。  

投稿: 関空大好き | 2010年10月 6日 (水) 13:24

笑ってはいけないですが笑ってしまいました。
鮮度と関係ないのに下痢になるのはつらいですね。
下痢のつらさは、私もわかります。自分で言うセリフではないですが、病気で苦しんできた(過去形)ので。

ラリー前にファンの集いを開いてはどうでしょうか?私はお会いしたこともないので、私が開くわけにはいかないのですが。会費1万円で美登利で!
平日夜なら参加致します。

ベストカーのように1万円スポンサー的なものも私的には
有りかとも思います。

投稿: ビッケ | 2010年10月 6日 (水) 10:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もしや?(10月5日):

« 踏切と救急車(10月4日) | トップページ | 永田と2ケツ(10月6日) »