« どぜう(11月20日) | トップページ | 広州ショーへ(11月22日) »

2009年11月22日 (日)

ワラサになる?(11月21日)

昨晩、帰宅して天気予報を見たらムラムラしてきてしまった。というか凝り性なんだと思う。目覚ましも掛けていないのに暗いウチ起床! ガラガラの首都高で新木場まで。出港準備し、7時っちゃ鳥山に向かって波を蹴立てておりましたとさ。さぁ本日の鳥山はどこでしょうか? するとどうよ! 目の前であります。

11211

マリーナから10分の距離

イナダちゃん達は船橋沖から三枚州沖に戻っていたのだ。鳥山も広範囲かつ規模大きい! されど残念なことにピーカン。朝まづめの一番美味しい時間帯は過ぎちゃってます。御存知の通り4回連続イナダに振られ、前回はマグレ当たり。でも徐々に方向性が定まってきた。

イナダのゴハンは予想外に小さいイワシだったことも判明。そこで本日迷うことなく小型(14cm)のミノーを選択。トローリング用のラビット(小)から2mの距離にセット。その上、フネの接近で逃げる弱虫イナダばかりだからして、100mもラインを伸ばす(普通だと30~40m)。

引き始めて2分でガツン! ビンゴでしょう! 先日より大きいのか元気よく引くし、何より100mもライン出ている。取り込むまで存分に楽しめますな。嬉しいことにフックは口に引っかかっていた。ちゃんと喰ったのだ。下の写真がミノー。先日より一回り大きな魚体で、50cm以上あった。

11212

イナダは引くし美味しいし!

時間的に鳥山も散り始めてしまったのものの、続いて2匹目ヒット! これでマグレじゃないでしょう! 1匹目よりさらに大きかったが、ゴボウ抜きしようとしたらフックオフしちゃいました。60cmになればワラサといってもいい。依然イワシの群れも大きい、12月になるとワラサ級が楽しめるかもしれません。

11213

アブラも乗り始めて美味しいが、原価は相当高いかと……

さんざん楽しんで12時に帰宅。東京に住んでいてこの素晴らしい環境はなんなんだ? 昼からジムに行って、通常の分量の原稿を書く。 毎日このペースで過ごせたらいいのに。中国から帰ってくるまで、イナダちゃん達はディズニーランド沖で育っていて欲しい。晩ご飯はイナダを堪能しました。 

« どぜう(11月20日) | トップページ | 広州ショーへ(11月22日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワラサになる?(11月21日):

« どぜう(11月20日) | トップページ | 広州ショーへ(11月22日) »