« 三菱i-MiEVに試乗(7月30日) | トップページ | イタリアのボッタくり(8月1日) »

2009年8月 1日 (土)

あらま!(7月31日)

今日もav誌の取材のため6時前に起き、富士スピードウェイで行われているHS250hの試乗会へ。同じコースを私のプリウスと同じペースで走り、燃費を比べてみた。アップダウンが多いHS250hにとっちゃ不利なコースでしたけれど、予想通りというべきか、やっぱしプリウスの燃費、素晴らしく良い。

731

東名道中井PAのうどん屋さん、安くて美味しいです

終了後、帰路TV聞いていると自民党がマニフェストを発表していた。「10年間で100万円の可処分所得倍増」にゃ失笑す。衆院の任期は4年。だったら4年スパンでのマニフェストを打ち出すべきでしょう。日本にとって最大のテーマである少子化対策は「3~5歳の幼児の教育費を3年後までに無料化」だって。

民主党の「2010年度より高校生まで一人あたり月額2万6千円」と圧倒的に違う。驚くべきは識者や普通の人の意見。おそらくTV局側でセレクトしたのだと思うけれど、皆さん「子供のいない人は増税になるから問題」だって。前述の通り少子高齢化は我が国の将来を考えれば最大の課題。

注)一律に2万6千円でなく「中学生までは半額」とか「親の年収によって援助額を減額するなどのモディファイは必要だと思う。

子供のいない人も(ウチも成人したので関係ない)、将来は他人の子供に支えてもらわなくちゃならぬ。次世代を担う人を国民全体で育てるのは決して間違いじゃありません。何度も書いてきた通り、我が国の財政状況を見るとGMより酷い。だったら次世代を育てることに最大限の投資をしておくべきでしょう。

自民党のマニフェストは大失敗だと思う。あんな甘言にだまされる国民なら、もう行くところまで行くしかあるまい。まずはムダ使いを徹底的に排除しなくちゃ。例えば『自動車事故対策機構』なんか、もういらぬ。私らの意見など無視し、同じテストを継続。結果、みんな6つ星になっちゃいましたから。

ここを廃止するだけで500億円も浮く。自動車事故対策機能に代表される天下りの温床になっている「独立行政法人」が99ある(天下り役人の年収は2千万円に達す。さらに常識外れの高額退職金まで出る)。廃止するだけで3兆5千億円の削減です。ムダを無くして次世代を育てようではありませんか。

« 三菱i-MiEVに試乗(7月30日) | トップページ | イタリアのボッタくり(8月1日) »

コメント

独立行政法人だけで3兆5000億円も浮いたら
簡単に新東名物流新幹線が出来ちゃいますよ。
それ以前に消費税を値上げする必要がなくなりますね。

話は変わって、中井PAの肉つけうどんは絶品ですね。
FSWの帰りは必ず食べてます。

投稿: 北森 | 2009年8月 1日 (土) 20:03

始めまして kayと申します。
いつも楽しく拝見させていただいてます。もちろん車購入の際 参考にさせて頂いてますし、友人から車についてアドバイスを求められれば 貴方様のサイトを読んでみては と進言しております。
いつも なるほど!とROMする次第です。
が、本日の自民党に関するコメントには???
なぜかと申しますと 以下をご覧頂きたく・・・
http://blogs.yahoo.co.jp/takaakimitsuhashi/folder/478228.html
ご参考まで 

投稿: kay | 2009年8月 1日 (土) 14:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あらま!(7月31日):

« 三菱i-MiEVに試乗(7月30日) | トップページ | イタリアのボッタくり(8月1日) »