« プリウスのホイール交換(7月5日) | トップページ | エンジン誌の取材(七夕) »

2009年7月 7日 (火)

レクサスRX450h(7月6日)

ホンの少ししか味見していなかったレクサスRX450hに改めて乗っている。少しばかり驚いたのが燃費。平均速度22km/hという都内の渋滞でもリッター10kmを超えるのだ。練馬ICから入間ICまで高速道路に乗ってみたら、行き13,1km/L。帰り14,9km/L(勾配有るため)。いやいやタイしたもん。

ただバッテリーの回生電力受入量が全く不足してしまっている。速度域高いと、アクセル戻しただけで充電能力の半分に達しちゃう。ベレーキペダルをわずかに踏んだだけで容量をオーバーするワケ(回生出来ない分は油圧ブレーキを使うしかなく貴重なエネルギーが熱になる。もったいない)。

車重2トン級のハイブリッド車の回生エネルギーをフルに再利用しようとすれば、高性能のリチウムイオンバッテリーを実用化しなくてはならぬ。ちなみにインサイトの場合、やはり回生エネルギーをムダに棄ててしまっているため、プリウスのような効率にならないワケ。ホンダも大きなバッテリー積むしかあるまい。

RX450hは確かにライバルと比べ燃費良い。といった点からすればECOなんだろう。されど「う~ん」なのだ。42インチの液晶TVって、20インチのブラウン管TVよりECOなんだろうか? RX450hより2リッターエンジン積む普通のエクストレイルの方が心地よいです。ディーゼルならさらに良い。

どうやら私のアタマの中が変化してきているのかもしれません。昨日のTOPで書いた92年式のビカもんベンツ300SEを、3年前なら120%買っていた。思いとどまったのは「買っても乗らないだろうな~」。大きなクルマに正義はなくなりつつあるような気がしてなりません。

« プリウスのホイール交換(7月5日) | トップページ | エンジン誌の取材(七夕) »

コメント

RX450hって回生ブレーキとかバッテリー容量とか
ハイブリッドの使い方がプリウスと違うから
だいぶ戸惑いますよね。

私はモーター駆動の後輪をして
ジープの呪縛から完全に脱却したSUVだ
と評価してますけど。

エスティマとかハリヤーからありましたけどね
後輪モーターは。

投稿: 北森 | 2009年7月 8日 (水) 09:46

確かにRX450hは燃費も悪くないですね。しかし、高過ぎです。どんな人が買うのかいまいち想像つきません(笑)
もし同じくらいの予算でSUV買うなら、ランクル200といった魅力的なモデルが買えますし、もう少し頑張ってカイエンなんかを買った方が(いまはポルシェも在庫の関係で大盤振る舞い中らしいです…)目立つかな、なんて思います(笑)
RXくらいの車になれば利益たっぷりでしょうから、リチウムイオンの採用も考えればよかったのに、と思います。
今度のHSは期待できる気がします。しかし、高級車はFR系じゃなきゃダメだと思ってる人が多いので、IS250の30万円高の430万くらいで2.5LハイブリッドのIS250hなんて出せば売れそうなものですが。クラウンハイブリッドでさえトランク狭いですから、ISとなると初代プリウスのトランクの狭さを想像してしまいます(笑)

投稿: Ito | 2009年7月 7日 (火) 16:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レクサスRX450h(7月6日):

« プリウスのホイール交換(7月5日) | トップページ | エンジン誌の取材(七夕) »