« ボルボもタイしたモン | トップページ | デミオをヤリスとして売る »

2012年11月11日 (日)

自動車取得税廃止?

どうやら2014年4月の消費税率アップにあわせ、自動車取得税の廃止を行う方向で調整がついたようだ。そもそも取得税とは贅沢品や土地のように「一生モン」に対してかけられる税金であり、今や必需品であるクルマ(軽自動車にも!)を対象にすること事態おかしい。廃止は当然のことである。遅かったくらいです。

ここで問題となるのは税収不足をどうするか、という点。実際、取得税廃止の話とあわせ「取得税の廃止に伴って発生する地方財政に悪影響が出ないような代替財源を考える」というアナウンスもしている。具体的にナニを示しているのか。こらもう現在7200円/4000円の軽自動車税の税額アップだと私は予想してます。

とりあえず乗用車を年額1万円。商用車6000円程度に上げても、所得税廃止(軽自動車3%)を理由にすればごまかせることだろう。というか、単独で軽自動車税の値上げを行おうとしたら絶対モンク出る。こういった大きな方針変換には大義名分が必要。まぁ簡単に言えば首都高の値上げのような「騙し」なんですけどね。

もっと言えば、軽自動車の税率を引き上げるなら、この機会を逃す手は無い。最初に取得税の廃止を全面に出し、財政不足になるからウンヌンカンヌンという流れも官僚の文法通り。以前、私のWebで軽自動車税の値上げについて意見を頂いたが、ユーザーの皆さんは1万円くらいなら許容する傾向でした。

・ECOカーアジアは「リーフは失敗か?

« ボルボもタイしたモン | トップページ | デミオをヤリスとして売る »

コメント

まるで小学生のけんかじゃないの?
現にかつて1974年のオイルショック直後のモデルチェンジ自粛の中でデビューした「カローラさんまる」は「モデルチェンジではなく新型車なのだ」といってメーカー首脳はお役人を口説いたのだそうな、果たして役人は折れた.....昔も今も日本の政界は所詮その程度のものでしかないのか、先進各国からバカにされるのも無理はないわけだ。
そんな子供だましの「猿芝居」など卒業しないと間違いなく市場が冷え込むばかりか国力は落ちて日本株暴落、アジア各国に良いように使われるのがオチだろう。

投稿: 飛島建設現場監督兄さん | 2012年11月13日 (火) 10時09分

師匠のヨミどうりだとすると、普通車は減税となりますね。

でも5.3ナンバーも税金上げそうな予感しますね。


結局取る税額変わらないように弄るだけだと思いますので、トータルでは取られる額変わらないとゆう、意味ないことになるでしょう。

住宅ローン減税みたいなローン組んだ人だけ減税とかみたいに、
自動車ローン減税みたいなひどいの出ないといいですけどねえ。

投稿: けむけむ | 2012年11月13日 (火) 09時50分

呆れてお話になりませんね。
取得税廃止の意味がまっっったく無いですね。
ようするに名前を変えたり、別の名目で搾り取るということですね!
おそらく、今後は軽の問題だけでは無くなってくるでしょうね。

国の借金が大変なことは知っています。
ですが、政治家や官僚の言うことは信用できません。

まず、自分たちの給料を下げるなどして本気を見せないと、賛同は得られないのではないでしょうか?

それから軽の自動車税1万は、排気量を800cc程度にするとか、
普通車の税金を下げるのと「合わせて」調整すべきと考えます。

こんな馬鹿な事ばっかりやってるから、車離れがどんどん進んでいくのですよ。

投稿: オロネロ | 2012年11月12日 (月) 21時13分

「軽自動車税増税」とトレードとはいえ、自動車関連の無数の税のひとつが「廃止される」のは快挙だと思います! この調子で他の税も廃止まではいかないにしても税額などを見直して欲しいです。特にガソリンの二重課税。取得税以上に課税根拠が???なので即刻解消すべきです。

投稿: 小林 英弘 | 2012年11月12日 (月) 11時41分

母がテレビを見ていて、朝っぱらから有識者や政治家?らしき人達がアメリカオバマ政権、中華のトップ交代で日本の行く末を懸命に議論をしていたな… 日本国の未来を議論するのは大変大切な事です不毛であっても。だがその裏で行われる国内政治で官僚なり子役人達が、国内憲法を改定し利用し巧みに狡猾に自分達の利益、本来国益でありますが、彼らは自分達の金と思ってるらしい。まあちゃんと日本の国益を守り年金や人口増やす政策、食料自給率上げる事をきちんと仕事してくれるなら、高い給料、退職金ぐらい文句ないですけど…ただ年金など格別に優遇されるとか、いわゆる天下りで渡りとかは止めろ。窓際族でいいから65ぐらいまで格省庁にいてください。有能で真に必要とされるとかなら民間にいくぐらいならいいです。 自動車関係の税金は先生がおっしゃってるようになるんでしょう。税収の難しいとこだなぁ。この際軽自動車規格を変えるべきだと思いますが、海外でコストがあまりかからないで販売できるA-?セグメントサイズ超低燃費な排気量なり、総CO2排出量で決めるなり。ecoカーでゆわれていたリーフは失敗か?純電気自動車事態どーなる?ですが、推進派かつ電気自動車こそ未来、次世代自動車筆頭になる!予想する方もいますが、正直わかりません。計りかねるなぁ…電池性能がなぁ。 ちなみにVWのトップは否定したとか…純電気自動車は金、研究開発費かかるし発電所でCO2出すし当面はボルトのようなEVっぽいPHVに移行すると明言したらしい。EVに近いですがやはりエンジン積んじゃうんだなぁ。先生もかつて電気車に発電エンジン積む事おっしゃってましたが、そう考えると三菱アウトランダーPHEV…一発逆転か! そうはいかないだろな高いし…でもiミーブや今度のランダーで得たノウハウは役立つだろうから、過去の黒歴史を教訓にブランドイメージ上がればいいですね。身内でも三菱てだけで脚下な人いますから。リーフは…エンジン載せちゃうば日産? ちょいサイズ的に普通のガソリン車的に使えるイメージ出し過ぎだから…考えなしに開拓者精神、むちゃする多くのアメリカ人には通用しないかも、そこがアメリカンの強いところで面白く凄いとこですが。かく言う自分は純ガソリン車のスバルAWDか三菱ランダーSーAWCで悩んでます…PHEVも考えようかな…。しかしスバルモーター積む時代になるとシンメトリカルどうなる?今がラストチャンスか?

投稿: さね | 2012年11月11日 (日) 13時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ボルボもタイしたモン | トップページ | デミオをヤリスとして売る »