« 中国は長期戦 | トップページ | 中国市場を失う? »

2012年9月20日 (木)

独自にテストをしたい

私がこのWebサイトを続けているのは、様々な観点からの情報をお届けしたいからである。最初から「利益を上げよう」とい う気持ちは持っていない。そもそも的確かつ公平な情報の提供や比較テストは数多ある自動車雑誌で行われていたため、自分の意見や情報を書いていればよく、 お金だって掛かりませんでした。

しかし時代が変わりつつある。知りたい情報を徐々に入手出来なくなってきた。本来なら自分で確保した予算 でテストなどを行えればいいのだけれど、お大尽じゃないのでそうもいかず。かといって有料サイトにするのも本意じゃありません。「情報を誰にでも提供する」ことがメディアの社会的な役割ですから。

メールマガジンでお金を払った人だけに情報を出す、というのも私のコンセプトと違う。さぁど うしようかと悩んでみたが、結果を出せないまま2年くらい経っちゃいました。されど年内に何とか一歩踏み出したいと考えている。やりたいテストがいくつかあるからだ。現在、無いアタマを絞って考えてるのが「カンパ制」。

「アンタの情報は役に立ってるぞ」と思ってる人に「適当な額」を振り込 んでいただく。現在、TOPの左の欄に『会員用』とあるのはラリーのカンパを頂いた人である。掲示板なのだけれど、ここは私も書き込みをしてます。相手が誰だか解らない掲示板にコメントする気はないが、そうじゃなければ掲示板って有用。

TOPでは固有名詞を書かなかったような情報や写真も 会員には出したいと思う。企業の方であれば、私のTOPの情報や写真を使い、自分の意見も付け加え社内メールとかメールマガジンに添付して使っていただいても良い。また、テストで使ったタイヤや用品などを適当な金額で提供することも考えている。

ここからまた悩む。協賛の金額ってどの程度が適当なのだろうか? とにかく商才の細さときたらハンパね~ですから。その他、御意見などあればいただきたく。いずれにしろフリーで見られる情報量は今と変える気は全くないので御安心ください。

・ECOカーアジアは「プジョー208登場!

« 中国は長期戦 | トップページ | 中国市場を失う? »

コメント

毎日HPが更新されるのを楽しみにしています。

協賛金額については、
①国沢さんからテスト項目と必要な予算感を提示
②提示されたテスト毎に皆さんからどのくらいの金額をカンパできるかアンケートをとる
③ある程度金額が集まりそうであれば、実際のカンパを募る
とステップを踏んではいかがでしょうか?

個人的には、興味のあるテストなら、1,000円~1,500円/テストならカンパ可能です。

投稿: | 2012年9月26日 (水) 12時13分

私は清水さんの案に賛成です。
ただ、会員とか、総会とかはちょっと・・・
ライトな読者でいたいのです(笑)
そのかわり、いつでも何回でもカンパできるようにしていただければ、こちらも負担が少なくてありがたいです。

投稿: オロネロ | 2012年9月22日 (土) 13時28分

良い考えだと思います。このwebサイトがより良くなるためならバンバン協力させて頂きます! でも「一口100万円也」とかは無理ですが(笑)。個人的にはタイヤ、ブレーキパッド、サスペンション等の走行性能&制動性能に直結するパーツのアフターマーケット品のテスト情報などがあれば嬉しいですね。

PS1:今日の仕事帰りに高松のファーレン高松に行きましたが…Up!が来るのは月末の土日で、その二日間は内覧会でお披露目だけ。試乗車が来るのは来月になってからとの事でした。かなり残念でしたがカタログだけもらって帰りました。カタログ写真だけの印象ですが、新規格軽自動車+@の寸法なのに「軽自動車っぽく」見えないデザインの巧みさがイイですね。来月に試乗するのが楽しみです。

PS2:中国問題が想像以上に長引いてますね。中国官船が接続海域に侵入して「我々は自国の領海で正当な業務を行なっている」なんて日本も相当ナメられたモノですね。仮に相手がロシアならそんな事絶対にしないでしょう。そんな事しようものなら領海内に侵入した瞬間にロシア警備船の重機関銃でボコボコの蜂の巣にされて拿捕されちゃうでしょう。日本の海上保安庁も…と言いたい所ですが海保の方々はあくまでも「末端の現場担当職員」。政府がもっとしっかりしてくれないと何とも…ですね。

PS3:全く話題がぶっ飛びますが、本日9月21日でBUCK-TICKはデビュー25周年を迎えました! 現在最新アルバム『夢見る宇宙』が発売中です! BUCK-TICK初心者にも長年のファンの方々にも納得&大満足の傑作です!

投稿: 小林 英弘 | 2012年9月21日 (金) 19時28分

月千円 これを半年分なり一年分まとめて払い込む なんていかがでしょう

千人集まれば一千万円 いろんなテストそこそこ出来るのではないですか

目指せ千人!!

この前も書きましたが 全国持ち回りでの会員総会みたいなものをお願い出来たらと思います

投稿: 清水 | 2012年9月20日 (木) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中国は長期戦 | トップページ | 中国市場を失う? »