« 自動車文化 | トップページ | 技術が身を助ける »

2011年6月28日 (火)

スズキとVW、微妙に

スズキはフィアットからディーゼルエンジンを購入するという。確かにSX4のディーゼルエンジンを購入してきた実績があるため、不思議な話じゃありません。ただ考えて欲しい。スズキというメーカー、2年前にVWと資本提携をした。本来ならVWからディーゼルエンジンを購入するのが筋だと思う。しかもエンジンのクオリティだってVW優勢かと。

しかもVWならSX4クラスに4つくらいのエンジンが選べる。1,2リッター3気筒という素晴らしい低燃費エンジンから、パサート級まで走らせてしまう1,6リッターのハイパワーエンジンだってある。SX4に限らず、スイフトに搭載するディーゼルエンジンだって豊富。いろんな意味でVWとの提携はスズキのためになると考えます。そのための提携でしょう。

なぜスズキはVWのエンジンを採用しなかったのか? どうやらスズキ側の問題らしい。当然の如く鈴木修会長は「メリット大」ということでVWと組んだ。開発現場もVWのエンジンが使えるなら、完成度の高いクルマになる。また、スズキの開発チームは社外のエンジンを使いこなすポテンシャルを持つし、前向きです。だからこそフィアットのエンジンを使う。

いろいろ調べてみたら、どうやらスズキ幹部の一人(VWとのアライアンス担当ですね)が、VWからすれば「う~ん」という条件ばかり出すのだという。この方、自動車の専門家じゃありません。どちらかといえば海外嫌いという経歴を持つ。今や完全に停滞してしまっており、スズキもVWもお互いメリットを引き出せない状態。もったいないと思う。

日本の自動車メーカーは提携が上手くない。スバルとGMも半ばケンカ別れ。スバルにとってもGMにとっても全くメリットの無い関係に終わった。マツダとフォードは比較的上手くいったものの、やはり終わってみたらマツダに残った”財産”を見いだしにくい(プレゼンが海外のメーカー並に長くなったことくらいか)。三菱もダイムラーも不毛でした。

しかしスズキの規模だと多額の投資を必要とする環境対応技術は(このケースだとクリーンディーゼル)自社開発出来ない。最も技術力のあるVWと組むというの流れ、鈴木修会長の素晴らしい判断だったと思う。その意を汲まない理由がわからない。スイフトにVWの3気筒ディーゼルを搭載したら、ハイブリッドに負けないくらいの低燃費車になるだろう。

« 自動車文化 | トップページ | 技術が身を助ける »

コメント

鈴木とVWのアライアンスが進まないのは単純明快で
鈴木がVWとの対等の関係を守ろうとしているから。
に他なりません、VWは対等といいつつ鈴木と提携し
イザ実務では、鈴木を子会社扱い・・、何のことはない
VWははじめから、鈴木を取り込んで取得株式を増やして
事実上乗っ取っておいしい所だけ吸ってポイしようと
していたのが明らかになったというだけですね。
さすがドイツ人は狡い。そんなのに乗るオサムちゃん
じゃありませんから、このまま行けば提携の解消は時間
の問題でしょう。

投稿: yuki | 2011年7月 2日 (土) 23時23分

あの油圧で吸気バルブをコントロールする技術!、名前は忘れましたが,2気筒か3気筒のエンジンが含まれていたらけっこう凄い気がします。

投稿: kine | 2011年6月29日 (水) 09時04分

なんなんでしょうかね?車体もドライブトレーンも共用する気配もないし。ある雑誌の記事だとVWグループはいずれスズキを完全支配子会社化したいらしい。世界一になるために。スズキは会長も含め対等関係で独立したスズキでいきたくて話がかみ合わないらしいとか。このままじゃフィアットとも提携しちゃうよとゆう独自路線死守とゆう意志表示牽制みたいなもんじゃないんですか? ドイツメーカーはちょっと…技術力は凄いけど、日本メーカーとは合わないのでは? いっそマツダと組んで軽の新しい会社つくったりスカイアクティブ技術もらったり マツダは新興国の戦略や共同で次世代技術開発をしては?リスクの高い生き残りを賭けることになるだろうけど。世界を国内販売をあっとゆわすことにもなるかもしれないし。無理かな…面白いと思うけど

投稿: さね | 2011年6月29日 (水) 05時46分

VWのディーゼルエンジン(TDI)は同社の2ペダルMT(DSG)とのマッチングがいいですから、
DSGを使いたくないのかもしれません。(DSGのライセンス生産はコスト増)

それか出来るだけ良いものではなく、出来るだけ安くサプライチェーンを構築したいのかもしれません。
http://www.suzuki.co.jp/release/d/2011/0627/index.html

投稿: 下澤 淳 | 2011年6月28日 (火) 21時01分

スズキがVWという「珠玉の」パートナーと離れたらどこと組むのでしょうか?
まさかGMやクライスラー、フォードなどアメリカや韓国系メーカーにならないといいのだが。
ああいった「高速性能と関係の無い国に育った」「エンジニアリングよりも金儲け優先の」メーカーと組めばしゃぶるだけしゃぶられて後はポイ捨て―という結末が来ることはいすゞ(GM)やボルボ(フォード)、ジャガー(同)、富士重工業(GM)等の前例から証明されている通りだと思うのだが。
スズキもVWをうまく生かしていくコスト管理・生産面のノウハウをどう獲得するか、今後が正念場だろう。

投稿: 真鍋清 | 2011年6月28日 (火) 20時44分

どこの組織にもへんこつ(=ひねくれ者)はいるものです。

ウチの上司もまさに絵に描いた様なへんこつ野郎です(まだ6月なのに西日本は軒並み連日猛暑日で(ウチの香川県も含む)、遂に今日九州南部が梅雨明けしました。例年より20日も早い梅雨明けだそうです。そうです。今年の夏も異常気象なんです! なのにウチの上司は「東日本大震災の…で節電を…『エコ図書館』を目指して…」などと書いた張り紙をそこら中に貼りまくって一切冷房を許可しません。客からは連日クレームの嵐! 市役所内でも「図書館は何考えてんだか」なんて言われる始末(涙)。東日本の方々をないがしろにするつもりは全くありませんが!、電力事情の問題を軽視するつもりも全くありませんが!、そもそも市民が涼を求めて訪問するはずの図書館が35度のサウナ状態! 誰がどう考えてもおかしいでしょう!? しかも市の統一方針として市役所関連施設全部冷房禁止!なら判りもしますが、数ある市役所関連施設で冷房してないのはウチだけ(笑)。ここまでくると「エコ」じゃなくて単なる「自己満エゴ」です)

グチが長くなってすみません。スズキの話でしたね。そういうへんこつ野郎に限って世渡り上手なのでタチが悪いです。シロッコとゴルフで体験しましたがVWのエンジンは素晴らしいです! スズキもったいないです! エンジンをイチから開発するのって億単位のお金がかかるんでしょう? VWからディーゼルエンジンもらいましょう!

投稿: 小林 英弘 | 2011年6月28日 (火) 19時15分

その役員さんは、
名古屋から送り込まれたスパイ…

なんて事は無いかと思いますが,全国にVWのディーラーを抱えてた名古屋の人たちは、ちょっと安心したかも。


でも、エンジン選定の最終決定は会長や重役も承認されたことかと思いますので、何か意図があるのか丸め込まれたか、一体理由は何でしょうね?
スズキにどのようなプラスαをもたらすかが、カギだと思います。

投稿: かず | 2011年6月28日 (火) 14時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自動車文化 | トップページ | 技術が身を助ける »