« 高速料金改悪 | トップページ | 日産とダイムラー »

2010年4月 6日 (火)

日本の将来

アメリカでのトヨタバッシング、15億円の制裁金を米運輸省がトヨタに課すことにより、政府としての決着を付けてきた。す なわち「米国政府としては、これでオシマイ。以後おとがめ無し」ということである。驚くほどスピーディな展開。「下取りが下がった」という裁判も中古車相場上昇中。厳しい展開にならないだろう。

昨晩のNHKクローズアップ現代で「工場はドンドン海外に出て行く。海外で得た利益も日本税率が高いため海外に投資する。今や日本の将来たるや極めて厳しい」という紹介&分析をしていた。一般メディアだと「う~ん!」の多い自動車関連報道多いけれど、非常に的確。優れたプロデューサーがいるらしい。

しかも国策を批評している。企業批評を得意とするNHKとしちゃ極めて珍しいスタン スだ。こういったニュートラルな報道がスタンダードになれば日本の悪いスパイラルも止まるかもしれません。驚いたことに自動車メディアに対しちゃ門戸をカ ンペキに閉ざしている日産のタイ工場ながら、NHKには取材させてます。

もはや日産にとっちゃ自動車メディアなんかどうでもいいってこ と。といった事実を見ると、私ら猛省しなければならない。もちろん日産の社内にも自動車メディアは大切だと考えてくれる人も少なくないだろう。ただ総合的に評価すると「祟られないように付き合っておけば良い」くらいの存在になったということです。

日産に限らず、日本の自動車メーカーは国内市場など見ていないかもしれません。海外で収益を上げ、海外に投資した方が企業として正しいと考えているのだろう。実際、日本人はクルマに趣味性を求めな くなり、10年後は衰退確実となりつつある市場に投資しても意味無いです。唯一、大きなテーマとなるの、人材の育成か?

クルマが好きでないと、やはり魅力的なクルマは出来ない。もちろん今までだって開発エンジニアのクルマ好き比率を見ると決して高くなかった。でも低くもなかったように思 う。クルマ好き比率が今より低くなれば、やはり厳しいかと。すでに開発現場の人達は「このままだと危ない」と感じているんじゃなかろうか。

工場が出て行くことや、収益を日本に持ってこないだけなら日本の財政破綻ですぐ是正可能。本当の問題は次世代のクルマを開発する「カーガイ」の育成だと思う。20年以上続けてきた「クルマ嫌い教育」の結果、今やクルマ好きの若者は絶滅危惧種である。ここを何とかしたいです。

アイデアは多々あるが、お金がない。しくしく。

« 高速料金改悪 | トップページ | 日産とダイムラー »

コメント

クローズアップ現代はBS2で深夜0時過ぎに放送していますよ。ちょっと遅いかもしれませんが…

投稿: や | 2010年4月 7日 (水) 06時36分

クローズアップ現代は好きです。昔から観てます。ある意味、NHKでしかできない番組ですね。昔からタイトルは変われどすーっとある動物系の番組も好きです。ちゃらちゃらしたタレントが出てきてその場限りの低レベルな笑いを撒き散らす番組より余程ためになると思います。クルマ好きの若者は…どうなんでしょう? いるんだとは思いますが少数派なんでしょうか?

投稿: 小林 英弘 | 2010年4月 7日 (水) 06時09分

NHKクローズアップ現代は、結構良い切り口のことがあって録画してます。
NHKは、夜のBIZスポがもっとBIZ側に注力する構成になればと、楽しみにしています。堀潤はコメンテータの相手として、つらいのも事実なのですが、がんばれ、堀潤。
WBSと重なるので、22:00に時間繰り上げてくれるか、いっそ24時からやって、WBSのカウンターになるとか、続きは、Usteramでとかすると、NHKの株も上がると思ってます。

投稿: しろとら | 2010年4月 7日 (水) 02時33分

まあ、トヨタもニッサンもすでに開発拠点も海外に出始めてますからねぇ。
中国とかで日本のカーメーカーに就職する人なんて、クルマ好きか、キャリアアップを考えてか、どっちかでしょう。
人材も日本人は一部の人しかいらなくなるのかも・・・

投稿: 円じにあ | 2010年4月 6日 (火) 23時11分

クローズアップ現代、内容は良いのですが、放送する時間が早過ぎる!
あの問題点を真剣に考えて今後の指針に考えられるような人は
まだ残業してる時間じゃないか?と。
国沢さんのおっしゃるとおり優れたプロデューサーはNHKに居ても、
優れた番組の時間割編成者は居ないようです。残念。

資本主義の中では株主の為に会社は常に利益を上げ続けなくてはならない
ものだそうです。このまま本社所在地日本国でいてくれるでしょうか?
日本国が、会社(株主)から見放されない魅力的な本社所在地であって
欲しいと願います。もちろん、タックスヘイブンになれとは言いませんが。
自動車メーカーが利益はソコソコ、日本国民の為だけに自動車を作る、という
理想を掲げたのNPOなら日本国内にずっと本社を置いてくれるでしょうけど。

投稿: totoyaki | 2010年4月 6日 (火) 23時00分

どこでしたでしょうね、自動車教習所?ひょっとしたら自動車学校だったのでしょうか?

ちょっと記憶が曖昧なのですが、高等学校と同様に授業料の無償化が検討されているみたいな記事を読んだ気がするのですが間違っていたらゴメンナサイ!?

それはともかく自動車教習所のカリキュラムで教官のみなさんが“自動車の楽しさや素晴らしさ”というものを生徒さんに伝えているのだろうか…

そんなこと思ったのですが。

教習所は交通法規や運転技術を教えるのが仕事。な~んで“自動車の楽しさや素晴らしさ”そんなもん関係ないでしょ、それは自動車雑誌やメディアが取り組むべきもんだいでしょう―。

まあそんなことは言わないとは思うのですが、確かに仕事で運転免許が必要だからといって教習所を訪れる人もいるかとは思いますが[クルマが好き!!運転したい]そちらの人の方が絶対的に多いはず?(ホントの所はわかりませんが)。

クルマって自由で楽しいもの、世界が拡がるんだということ、もっと知ってもらえる方策も考えてみてはどうかなと思います。

投稿: イニシャルN子. | 2010年4月 6日 (火) 19時27分

この記事へのコメントは終了しました。

« 高速料金改悪 | トップページ | 日産とダイムラー »