« 日本車の行き方 | トップページ | 現代自動車撤退 »

2009年11月28日 (土)

円高で工場が逃げ出す

円高が進んでいる。1ドル90円くらいまでなら、苦しいものの日本の生産技術を持ってすれば何とか利益を上げられる。されど85円を切ればお手上げだ。おそらくアメリカへの輸出など出来なくなるだろう。為替予約をしているため、半年くらいまでなら深刻な影響出ないが、問題はその先。

この円高を機に、アメリカ市場向けのクルマは全量をアメリカで生産するという経営判断になるかもしれない。トヨタやホンダを見ていると、ヴィッツやフィット を日本から輸出しているけれど、アメリカで作るか中国などで生産してアメリカに持って行くかという選択を迫られる、ということです。それにしてもなぜ円が高いのか?

こらもう依然として世界有数のお金持ち国だからだ。国の借金は1000兆に達すイキオイで、国家財政は破綻すること間違い無し。されど対外債務についちゃほぼゼロ。他の国からの借金が無い。こんな不況下に於いてすら、日本で作る製品は国際的な競争力を持つ。依然として世界トップクラスのクオリティを持つため、顧客がいるのだった。

不況と円高が終わったら、日本の優良企業は生産の拠点を全て海外にシフトしていた、という悪夢のような状況になっていないことを強く望む。そうなれば優秀な日本人は出稼ぎしなくちゃなりません。民主党がどこまで頑張れるか? 最後の望みをつないでます。

« 日本車の行き方 | トップページ | 現代自動車撤退 »

コメント

いつも拝見させて頂いています。
現在の為替は、世界中の投資家等が原油・不動産・金融商品・などに危機感がある為に消去方法で結果的に日本の円が買われてると思います、また希少金属の資源の有る国も買われています。
直近では、オバマ大統領の発言とアラブの金融危機と思います。
オバマは一言でアメリカ国債をディスカウントして日本に買わせたかもしれません?!
行き過ぎた円高になったら、今の中国に習って為替の固定を考えるしかないです、昔1ドル360円の時代もありましたから!
しかし、政府は対策は打たないでしょう、政府が認めた赤字会社も増資して生かし、売却したつもりが、買った事に成りかねません。
今の金融恐慌は短期で終わる事はありません、金とか銀の相場を見てみると前回の世界恐慌に匹敵する苦難かと思います。
暗い内容ですみません。日本はまだまだ恵まれた国と言えるでしょう。

投稿: lucky | 2009年11月29日 (日) 13時30分

報道によるとオバマ大統領がドル安を容認していると取れる発言をしているとのことですね。ドル安でアメリカの借金を目減りさせたいのでしょうね。と、なるとしばらくはドル安が続くのでしょうか・・・。
今の円高はプラザ合意の時に比べると変動幅は小さいですし、過去、日本はいろんなことを学んできたはずです。また、日本の許容範囲を超えると為替介入するでしょうし、円が強いということは、おっしゃるとおり世界トップクラスのクオリティがある証拠だと思います。
がんばれ日本メーカー!!!。
民主党、過去に政権をとったことがなくわからないことが多いなら、自民党とも協力して教えてもらうことは素直に聞いてがんばってほしいです。

投稿: 阪神ファン | 2009年11月29日 (日) 09時27分

トヨタは1ドル90円ぐらいを想定しているようなので、90円以下になると何百億と業績に影響が出ますね。
トヨタに比べると、日産やホンダは1ドル85円で黒字になるようで、まだ余裕があるかもしれませんが、これ以上円高になると厳しいかもしれません。
元の水準に戻らなければ、国内の雇用にも影響が出ますし、発展途上国の優秀な人材を雇う方が会社としても利益が出ますから。
技術が流出して日本がダメにならないことを祈るばかりです。

投稿: 90円 | 2009年11月28日 (土) 19時54分

この記事へのコメントは終了しました。

« 日本車の行き方 | トップページ | 現代自動車撤退 »