« スイフト・ハイブリッド | トップページ | 自動車文化 »

2009年10月 4日 (日)

アメリカで暴走事故多発?

トヨタがアメリカで大量のリコールを出した。詳細は不明ながら、現在報道されているのはレクサスでの暴走事故。アクセル戻らなくなったまま 190km/hで疾走。その間、携帯電話によって救援依頼があったという。といった話を聞くと「そんな余裕あったらキーをオフにすればいい」と思う事だろう。

ところがプッシュスタート式のクルマの場合、ボタン押してもエンジンは止まらない。通常の走行中に誤って押してしまった際、エンジン止まったら事故になるからだ。じゃどうやってエンジン止めたらいいか? 驚いたことに一瞬で止める方法無し。となれば駆動系をカットするしかあるまい。マニュアル車やゲート式のATなら簡単である。

プリウスのような電子制御式だとどう か? これまた簡単。ブレーキ踏めばいい。電子スロットル式の大半は、強いブレーキ踏力を受けるとスロットルを戻すロジックになってます。さて文頭のレク サスである。通常のATならニュートラルにすればOK。プリウスのような電子スロットルならブレーキペダルを強く踏むだけで止まれる。

じゃなんで暴走したのか? 謎であります。だから詳細は不明なのだ。ちなみにアクセルペダルがフロアマットと干渉するなどして全開に状態なるケースについちゃ大いにあり得る。私も2回体験しました。1回目は20年ほど前のこと。スカイラインのターボ(広報車)で床までアクセル踏んだらフロアマットに食い込んで戻らなくなった。

通常のAT車だったのでNレンジをセレクトすることにより事なきを得た。2回目は時効(当時の関係者は卒業してます)なので書くけれど、谷田部のテストコースで行われた2代目のMPVの事前試乗会。内装材を固定していなかったため(設計の問題)、大きなサイズの靴だとアクセル全開のまま引っかかって戻らなくなってしまうというもの。

幸いテストコー スだったため大事に至らず、MPVも発売前。すでに完成していたクルマは全車対応できたので、お客さんの手に渡らずに済んだ(参考までに書いておくと当時のCEは以後全く音沙汰無し)。今回の教訓は1)全開になったらキーオフかニュートラルかブレーキか。2)フロアマットは専用品を使う。の2点。

まずは自分のクルマのフロアマットをチェックして欲しい。純正か専用品でなければ交換して欲しい。『かーまっと工房』など安いです。また、洗車した時にマットを外したなら、キチンとした状態になっているか確認を。

« スイフト・ハイブリッド | トップページ | 自動車文化 »

コメント

はじめまして!いつも楽しく読ませていただいております。

電子制御スロットルの大半はブレーキを強く踏めば、スロットルを戻すロジックを採用しているとの記述があります。

朝日新聞によると、この機構をスマートアクセルと言うそうですが、メルセデス・VW・アウディのドイツ勢と、クライスラー意外には採用されていないそうです。実際の所どうなっているのでしょうか?気になる所です。

投稿: Michael | 2009年11月14日 (土) 21時02分

こんにちは。いつも勉強させていただいております。m(__)m
今回のような事件を目の当たりにすると、製造者としてどこまで、ユーザーとしてどこまで、と両方から責任を考えてしまいます。たぶん、お国柄として、製造者=トヨタからの方がウエイトが高いと思います。そして、社長の記者会見も早めに行われたと思います。
でも、正直運転する側も気をつけなければならないとも考えました。ン百馬力の鉄の塊を3桁km/hのスピードで吹っ飛ばすわけで、常に異常事態のことも考えておかなければいけないと思います。運転で事故=業務上過失ですから、緊張感を持って運転はしなければならないと考えています。
 自分の30プリウスで走行中にPOWEROFFを実験しましたが、3秒間は長いと感じました。しかし、Nレンジにはすぐに切り替わるので、いざとなったらNレンジと分かりました。
 原因はフロアマットにあり、として何でNレンジにしなかったのか、190km/hになるまで時間はかかるのに。詳細は不明ですし、メーカーの肩を持つワケではないのですが、運転する側のことも考えてしまいました。
 プリウスの取説に「安全装置(エアバッグ、VSC)が動作したときの車速・操作状態を記録する」と書いてあったので、それが拾えたらと思います。

投稿: ぱんだねこ | 2009年10月 4日 (日) 12時01分

亡くなった人に失礼ですし、偏見ですが、今回の事故を起こしたドライバーは女性ドライバーだったのではないかと私は考えています。
アクセルが踏み込んだ時に固定されて、一瞬のうちに出来た出来事に驚いてるうちに車は急加速して、周りの全てに圧倒されてパニックになっていたとか。
やはり自分の乗っている車の仕組みを理解しておくというのは大事なことですね。
助けを求めて電話をされた側も、適切なアドバイスを出来なかったのでしょうか。

今回のこととは関係ないですが、今の車は電子制御なので、加速の強さや、最高速度をカスタマイズ出来たらいいのにと思っています。
例えば、高性能な車は欲しいけど、町中で急発進はなかなかしませんし、加速を多少マイルドに設定できれば燃費にも良くなるでしょう。そういう点が停車中にナビやセンター画面でカスタマイズ出来ればいいと思います。
不慣れな人に車を貸す時や、絶対に速度オーバーしたくない時は、速度リミッターを設定しておくとか。解除方法はベタ踏み状態のアクセルを一時的に戻して踏み込むと解除されるなど、自由自在に出来そうです。

投稿: HT | 2009年10月 4日 (日) 11時01分

この記事へのコメントは終了しました。

« スイフト・ハイブリッド | トップページ | 自動車文化 »