« エコ減税の施行ほぼ確定 | トップページ | 高知のバス事故は冤罪 »

2009年5月16日 (土)

新型アクセラ

このところティザー広告が急増しただけでなく、価格まで流れるようになってきた。新型レガシィの価格も全てCT誌に出ちゃってますから。そんな中、 マツダは公式サイトで6月に発売される新型アクセラの価格を発表したから驚く。プリウスの販売状況を見て「少しはこちらに流れて来ないか?」ということなんだろうけれど、前代未聞です。

ただ価格を見て「う~ん」。微妙なのだ。上でも紹介している通り、アクセラはプリウスと同じCセグメントに属す。まぁガチンコのライバル関係です。したがってプリウスの205万円に対し、燃費悪い分だけ安くないと比較の対象にもならな い。走行1万km毎に4万円の燃料コスト差あるなら、6万kmで24万円分アクセラの方がお金掛かる計算。

その場合、205万円から24万円を引いた181万円じゃなければユーザーにとって魅力ありません。なのにアイドルストップ付きアクセラの価格、189万円だっ て。加えてエコ減税も75%なので、プリウスより2~3万円不利になる。装備内容が発表されていないため詳細は不明ながら、サイドエアバッグや姿勢制御装置が付いていても、10万円少々高くなるだろう。

100歩譲って「私は乗り換えず11年間乗る。走行距離はせいぜい6万km」という人なら、アクセラを10万円値引きにしてもらえばトントン。けれど10万km乗ると、さらにガソリン代で16万円差。5~7年で乗り換えるならリセールバリューの差だってある。正直な話、189万円じゃスタートラインに並べないと思う。それくらいプリウスショックは大きいということで す。

デビューする前から価格で負けるのが解っているなら、少々損してもいいから「限定」にするなど台数を絞っておき割安感のある価格にするか、モニターの名目で台数を決め、20万円程度のキャッシュバックをするみたいな方策を打つべき。じゃないと発売した途端、シオシオのパーです。

« エコ減税の施行ほぼ確定 | トップページ | 高知のバス事故は冤罪 »

コメント

新型アクセラはプリウスより圧倒的にカッコいいです
よ。車は自分が後悔しないように、お財布と相談して買うことが基本だと思います。この金額でアクセラを買いたいと思う人が買えばいいと思います。国沢さんの評論は面白いから好きですよ。的が外れていることも多いですが・・・・。走り屋的な評論、技術的な評論・・・・色々あるともいますが、その車が楽しいと思えるかどうかが、重要だと思います。

投稿: ナメナメ | 2009年6月15日 (月) 13時16分

10万km乗ると、ガソリン代で16万円差。乗り換えるときのリセールバリューを考えると圧倒的にプリウスが有利という意見があります。
 私は車を普通10年,10万km程度は乗り続けます。化学関係の仕事をしていますが,どう考えてバッテリーが7年以上ももつとは考えられないのです。
 そのときにバッテリー交換をするとはたしていくらになるのか,ディ-ラーに聞いてもはっきりとした答はありません。そのあたりがはっきりしないとハイブリッド車は買う気にはなれません。

投稿: mack | 2009年6月 5日 (金) 22時04分

私は国沢さんの意見に賛成です。
クルマ好きとしての視点も必要でしょうが、これほどまでに国内販売が冷え込んでいる現状を見れば、消費者がいかに価格面にシビアであるかは一目瞭然です。
そこを無視して評論をするなら誰でもできます。
もちろんそれだけが評価ではないのですが、すくなくともそういう視点がないと話になりませんよね。

私は鉄道も好きなのですが、たとえば最近の地下鉄が1駅で210円したりする。初乗り運賃て比較の対象にされやすいのだから、そこだけでもちょっと頑張って190円にしたら印象が全然違います。どんなことでも、消費者の視点を持てない者は勝ち残れないと思います。

率直に言って以前から国沢さんの発言には好きなところ、嫌いなところそれぞれありますが、今回の内容であまり批判されてしまうのはちょっとかわいそうだと思います。

投稿: 柳 太郎 | 2009年5月29日 (金) 07時14分

本日、プリウスをディーラーで見てきました。
プリウス205万格安!という報道を各メディアでよく耳にします。もちろんそれは事実ですが、プリウスの価格レンジ全体が安いわけではありません。205万のLグレードはボディカラーが4色しかないことから、営業車的な色合いが強い気がします。実質的な比較対象は220万のSグレードからと私は考え、他車と比較検討しています。そう考えると、アクセラが損というほどの価格差はない。というのが私の認識です。

投稿: BOXJ6 | 2009年5月19日 (火) 12時35分


VIVIOさんの言うことも、もっともですが(笑)国沢さん、スミマセン。
楽しさと魅力に関しては、人それぞれなんて言いません。
けど、20年前以上のクルマでも、楽しさ、速さ、デザインや内装の魅力など、現行車種より楽しいのが多いのです!しかも、それらが10万以下でも買えたりする!
だから、現行車の損得の評価って私は大事なんです。燃費だけで判断すると、ハイブリッドやディーゼルだけになってしまうけど、国沢さんの損得評価だと、クルマを選ぶ楽しみが増加されるんです!

投稿: 那須与一 | 2009年5月18日 (月) 12時37分

あの大きくて保守的と思われてたトヨタがこんな大決断をした、と言う点を国沢さんは高く評価しているんだと思います。
yahoo!ニュースでプリウス関連のコメントを見ていると「トヨタはホンダを強く意識した価格戦略でえげつない、ホンダいじめだ」といったコメントを良く見るし、そのコメントが多く点数を得ています。
別に私はトヨタ好きではないですが、こういうコメントを見ていると気分が悪くなりますね。
きっとトヨタには5年から10年先の明確なビジョンがある。だから自分から仲良しクラブを潰したんだと私は思っています。今の決断がどういう結果をもたらすかは、数年後に明らかになるでしょう。

投稿: HT | 2009年5月17日 (日) 12時06分

個人的には値段は大事ですね。
高い方が普通は良いはずですから。
国沢さんは200万でFFで5人乗りだと、
プリウスです。と言ってるのでは。
うちなら200出すならcか3シリーズの中古探すかも。

投稿: インフル | 2009年5月17日 (日) 10時43分

>買わない人かお金持ちしか評価してくれないと思います。
買わない人というのが自分のことを言われているようでとても心苦しいです^_^;
国沢さんは以前(と言ってもかなり前のことですが)サニーVZRを絶賛していましたよね。あの頃の国沢さんの話はとても面白くて、雑誌でわくわくしながら読んでいた記憶があります。あの頃とは環境問題やらで車を見る視点が変わって来ているのは仕方ありませんが、それでも国沢さんにはもっと車の楽しさを伝えていただきたいと期待しております。

投稿: VIVIO | 2009年5月16日 (土) 20時50分

僕も国沢さんの記事を読んでてなんだかな~と思う事が多いです。
損得は大事ですがそこを踏まえつつクルマの楽しさを訴えて欲しいです。
厳しい意見ですが、率先してクルマをつまらないものにしているように思います。

投稿: ぽっぽ | 2009年5月16日 (土) 19時08分

何年何キロでいくらお得といった表現って、なんか渡辺陽一郎さんみたいで。プリウスとインサイトでシェアの何割ももっていっているわけでもなし。国沢さんならではの視点で、エコ車以外の楽しい情報も期待しております。

投稿: ryuhiro | 2009年5月16日 (土) 18時02分

価格抜きの評論が出来ればやってみたいですね。
買わない人かお金持ちしか評価してくれないと思います。

クルマの評価は飛行機や電車の評価と違うと考えます。

投稿: 国沢光宏 | 2009年5月16日 (土) 16時50分

最近の国沢さんは損得勘定で車の評価をしていることが多くないですか?まったく魅力が無い車は仕方ありませんが、そうでなければもう少しそれぞれの車が持つ魅力や楽しさを伝えてほしいと願っております。

投稿: VIVIO | 2009年5月16日 (土) 16時37分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新型アクセラ:

« エコ減税の施行ほぼ確定 | トップページ | 高知のバス事故は冤罪 »