« 補助金は非関税障壁? | トップページ | 韓国のハイブリッド »

2009年4月 9日 (木)

韓国のハイブリッドは?

今やハイブリッドと言えばトヨタの独走状態で、なんとかホンダが続くという図式になっている。この2社以外の国産メーカーは諦めモードに入ってしまっており、やる気すら起きないようだ。欧米のメーカーも似たようなもの。LS600やハリアーHVのような重厚長大系ばかりで、ハイブリッドの本流である「徹底的に燃費を攻める」という方向はギブアップしてます。

そんな中、意気軒昂なのが赤壁&ウリナラハイブリッ ドである(中国&韓国勢のこと。命名国沢)。しかし! その内容たるやベールに包まれており、さっぱり解らない。北京ショーでみたハイブリッドなど、そもそもハイブリッドでなくアイドルストップ装置でしたから(スマートのアイドルストップもハイブリッドだと主張してるので仕方ないか)。

先週末からソウルでモーターショーが開催されており、そこにウリナラハイブリッドが数台出展されているようなのだけれど、これまた全く報道されず。ネットで 情報を得ようとしても、全く出てこない。日本のジャーナリストは欧米ばかり見ているんだと思う。まぁタイした技術じゃない可能性の方が大きいと思いますけ ど。ただ携帯電話だって液晶だって気づけば劣勢。

かくなる上は見に行くしかあるまい、と急遽ソウルモーターショーに行くことにしました。最新情報は日記をご覧頂きたく。個人的には「まだまだですね」という感想を持って帰ってきたいと思ってます。

« 補助金は非関税障壁? | トップページ | 韓国のハイブリッド »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国のハイブリッドは?:

« 補助金は非関税障壁? | トップページ | 韓国のハイブリッド »