« 首都高1200円へ | トップページ | 洞爺湖キャラバン »

2008年6月10日 (火)

日産のディーゼル

日産が「ポスト新長期規制をクリアしたディーゼルを6速マニュアルギアと組み合わせXトレイルに搭載。9月に発売する」という発表を行った。なぜ欧州で販売している6速AT仕様を導入しないかという理由についちゃ日記を御覧頂きたく(決定的な理由はMT用より一回り大きくなってしまうAT用の排気ガスの後処理装置が物理的に付かないこと)。ディーゼルの関連記事は本日の新聞やネットのニュースに溢れているけれど、まぁ興味深い。日経を見ると「ホンダのディーゼルは日米同時」。読売だと「アメリカの後に日本」。日産がマニュアル車しか出さないことも、皆さん「マニュアルの方が楽しい。クルマ好きに訴えたい」という日産の発表を鵜呑みにしちゃってます。逆に日産が全くコメントしていない価格についちゃ「ガソリンの20~30万円高になる」だって。『ユーロ5』や『BIN5』そして『ポスト新長期』という排気ガス基準についての解釈もマチマチ。排気ガス基準の詳細はこちらを御覧下さい。また、ディーゼルについての記事はこのWebでも沢山書いてます。興味ある方はこちらでどうぞ。

« 首都高1200円へ | トップページ | 洞爺湖キャラバン »

コメント

日産には「トロイダルCVT」という大トルクに耐えられるミッションがあったはずですが、あれは使えないものでしょうか?
鳴り物入りで登場したのに、先代スカイライン以来まったく使われていない技術なので、気になっています。

投稿: タケゾウ | 2008年6月16日 (月) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日産のディーゼル:

« 首都高1200円へ | トップページ | 洞爺湖キャラバン »