2012年11月20日 (火)

リーフの航続距離

マイナーチェンジされたリーフのカタログを見ると航続距離はJC08モードで228kmと書いてある。ガソリンエンジン車のJC08燃費と同じく、現実とは少し乖離している数字だと思っていいだろう。となると気になるのがリーフの本当の航続距離だ。以下、いくつか情報を。

まずリーフの使える電池容量だけれど、24kWh搭載している全てが使えるワケじゃない。日産に聞くと「おおよそ95%だと思っていただければ間違いないです」。つまり22,8kWh分を使えるということ。マイナーチェンジ前は街中を普通に走って1kWhあたり7kmくらい走った。

7km×22,8kWh=159,5km(180km)

とはいえこれだと残量ほぼゼロ。電欠の可能性出てくる。普通は電気容量のセグメントの残り2つくらいで充電したくなるので、22,8kWhからさらに4kWhを引いたくらいが普段安心して使える後続距離になる。前期型リーフ乗りの皆さん、こんなモンでよろしいでしょうか?

7km×18,8kWh=131,6km(149km)

また、急速充電器だと冬場を除けば30分以内でおおよそ90%まで入る。この時に使える容量は前出のように4kWh分を残して16,4kWhがストレス無しに使える容量。距離にすると「少ないかな?」と感じるかもしれないが、都市部の交通状況だと平均速度20km/h程度。

7km×16,4kWh=114,8km(130km)

満充電なら6時間半。急速充電でも6時間近く走れることになる。街中で使っているなら十分な実用性を持つ。ちなみにマイナーチェンジで電費はおおよそ13%ほど改善された。これをあてはめてみると、上のカッコ内の数字。満充電しておけば街中で7時間半走れるということです。

マイナーチェンジ前のリーフでも使ってみたら後続距離の問題はほとんど感じない。でも少しでも長く走れるなら、絶対嬉しい。マイナーチェンジ後のリーフなら、一段と自由度が増すと思う。もちろん前期型リーフのユーザーからすれば相当悔しいことでございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)