« 2013年9月 | トップページ | 2014年7月 »

2013年10月の2件の記事

2013年10月 9日 (水)

リーフで箱根へ

マイナー後のリーフで箱根まで往復したら、いろいろ驚いた。まず最初に「おお!」は、練馬の自宅で満充電し、用賀から東名に入ったら、余裕で御殿場IC手前の『あしがらSA』に届いてしまったこと。距離94kmながら、大井松田からけっこうな登り坂が続く。なのにあしがらSAの急速充電到着時点で残容量40%。

1092l

巡航速度は90km/h。電費7,0km/kWh

意外なことに余裕じゃありませんか! ここで22分間充電し(11.2kWh入った)、箱根の山登り。さすがに電力消費量多いものの、仙石原の大箱根ホテルに着いた時点で75%も残っている。あしがらSAで急速充電出来れば、箱根ならどこにでも余裕持って到着出来ると言うことであります。

前期型リーフで最も苦手な「外気温20度以下の雨」もやっと試せた。前期型はエアコンに加え、お湯も沸かして除湿していたため、冬場と同じくらい電費が落ちた。されどマイナー後は効率の良いヒートポンプ式になったので、電費ダウンは無視出来るレベル。マイナーで最も進化したポイントです。

1091l

除湿しても電費に影響なし! 素晴らしい!

箱根は標高があるため、登っちゃえばコッチのもの。さらに調子に乗ってターンパイクの頂上にある大観山の駐車場へ。さすがに登りは厳しく、芦ノ湖の湖畔で63%残っていた電池が、わずか5km走って52%になっちゃいました。とはいえもはや怖い物なし! どこに行くのも下り坂ですからね~。

実際、ターンパイク下ったら62%まで回復! 練馬の自宅を目的地に設定したら、無充電で届くという。をいをい! 箱根まで往復して途中1回の充電で帰って来られるってことか? 前期型リーフじゃ不可能でした。やっぱり航続距離は確実に伸びている。ということで練馬まで余裕で到着。

1093l

総走行距離223,4km。電費7,8km/kWh

帰着時の電池残量22%。あしがらSAでの充電も、トイレ行ってコーヒー飲むくらいの22分間。フルに30分充電しておけば、箱根で何カ所か観光したって余裕かと。マイナー後のリーフなら箱根は全く問題なく行ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 6日 (日)

前期型リーフの電池残量

スケジュールの関係でリーフのラリーカーを木曜日のお昼頃から夢の島マリーナに置いておいた。ワケありドアロック出来ない状態でございます。54時間後にリーフを取りに行ったトコロ、ありゃま! メインが入っている! キーは無いので走ることこそ出来ないものの、起動してる状態。

もしかして起動した状態でクルマを駐車した? ちなみに残量表示1セグメント。航続距離表示10km。加えて20分後に台場で仕事です。まぁ台場までなら行ける。後は仕事終わってから考えようと向かう。しかし! 到着前2km地点で残量セグメント無し。航続可能距離横棒3つに。絶体絶命だ!

仕事終了後、充電場所を探す。すると近所に無い。頼みの日産ディーラーも都心部についちゃ24時間対応でありません。最も近いのは中央区役所の駐車場。距離9,6km。ラリーカーだと1,2kWhくらい必要。そんなに残っているだろうか? とりあえず伴走車を頼んでそろそろ走る。

中央区役所は湾岸地域にとっちゃ数少ないアオシスのような急速充電場所。ここにきて増えつつある急速充電器ながら、スポッと抜けている地域もあるのね、と再確認す。これほど絶体絶命の電欠危機は3回目。群馬のラリーと丹後半島のラリーと今回です。ただ前期型リーフ、ビビりぃな表示を出す。

けっこう早めの段階から「電池無いぞ!」というアピールをしてくるワケ。その度に何とか切り抜けてきた。今回も何とか急速充電器に辿り着けました。参考までに書いておくと、比較的正確に電池容量と航続距離を表示する現行リーフだと、逆に早め早めの充電をおすすめしておきます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2014年7月 »