« 航続距離伸びた! | トップページ | 回生ブレーキ性能向上 »

2013年6月29日 (土)

リーフの航続距離

マイナーチェンジ後にリーフにジックリ乗る機会を得た。使い勝手で最も大きな差は、やっぱり実用航続距離。JC08のデータだと200kmから228kmへ13%くらい伸びている。前期型リーフの実用航続距離と言えば、おおよそ120km。したがってカタログデータからすれば、135kmくらいになった?

しかし! 実用航続距離の伸びはそんなモンじゃない。満充電にしておけば150kmなら余裕で走れてしまう。もう少し具体的に説明しよう。前期型だと東京練馬の自宅から群馬県榛名山麓にある知人の家(距離107km。標高190m)まで行くのは、前橋IC降りたあたりで充電しなければならなかった。

なのに現行リーフときたら知人の家まで余裕で届き、さらに40kmは走れそうなイキオイ。東京からだと、北も北西も西も南西も、100km走ったら登り坂になる。西だと河口湖でギリギリでした。甲府まで届かず。新しいリーフなら甲府だって届く。このくらい走っていくれれば十分実用になると思う。

6281

出発地点との標高差は約170m

ちなみに電費はクルーズコントロール使った90km/h巡航で8km/kWh台の中盤。満充電で平坦なら予備を20%くらい残して170km程度の航続距離となる。私の使い方であっても、よほどの遠出を考えていない限り何とか間に合う。その気になればリーフ1台でやっていけるんじゃなかろうか。

残念ながら前期型リーフでさんざん「航続距離が足りない」と書かれてしまった。皆さんリーフは足が短いと思っているらしい。この悪い評判を払拭しないと現行リーフの売れ行きも伸びないと考えます。かといって定着してしまったイメージをひっくり返すの、難しい。日産に取っちゃ大きな課題かと。

|

« 航続距離伸びた! | トップページ | 回生ブレーキ性能向上 »

コメント

私は、国沢さんが自動車評論家の中で一番電気自動車に理解の有る方だと思っております。そして氏がマイチェン・リーフをどう評価するするのか今か今かと待ち望んでおりました。で、やはりリーフは2年分進化していたのですね。初期型リーフ乗りには誠に羨ましい限りです。EV車に慣れてしまうともうエンジン車には戻れません。今から乗り換える頃のリーフの進化が楽しみでなりません。

投稿: 群馬のLEAF17号乗り | 2013年7月 3日 (水) 22時32分

私はマイチェンリーフで、東京〜秋田間をこれまでに10回以上往復してますが、暖かくなってからは下道走行で、うまくやるとこの600kmの道のりを途中3回充電で辿り着きますので、こうなってくると、長距離を移動するのに燃料代が安いからリーフという選択もそんなに不自然ではなくなってくるんですが…難しいですねぇ(^_^;)
(冬場だと充電4〜5回でした)

投稿: n_waka | 2013年7月 2日 (火) 13時57分

国沢さんの、リーフユーザーならではの信頼できる記事を、いつも楽しく読ませて頂いています。
お陰さまで、「いつかはリーフ!」の妄想を、そろそろ現実に移す日が来たみたいです。(嫁さんのokでました!)

アクアも試乗しましたが、感動はありませんでしたし、モーター走行時の音も、雑味がありました。

最後はゴルフと悩みましたが、静かで軽快なリーフの走り、燃費と車両コスト計算で、リーフが優位でした。もう空飛ぶ絨毯です!

また、試乗車のGは、エアコンがとても快適でした。
(キンキンの冷風を感じないのに暑くない。ダッシュボードの色が白系だから輻射熱が少ない??)

ナビ不要なので、グレードをSにする予定ですが、やはりヒートポンプ暖房は必須でしょうか。
(山梨の盆地に住んでます。通勤距離が5kmで、レガシィでは、着くころに温風が出始める使い方)
いつか、リーフに乗ってうなぎ食べに行きますね。

投稿: aki | 2013年6月30日 (日) 01時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64820/57689080

この記事へのトラックバック一覧です: リーフの航続距離:

« 航続距離伸びた! | トップページ | 回生ブレーキ性能向上 »