« 充電器の数 | トップページ | リーフ時刻表 »

2013年2月19日 (火)

悪意のある記事

電気自動車を流しのタクシーに使うことについて二つの理由から私も以前から好ましくないと思っている。まずタクシーの運転手さんにとってみれば、航続距離の短さが決定的だ。電池減っている状態で20kmくらい先の目的地を指示されたら断るしか無い(帰りの分の電気も必要)。

電池の容量低下という点でも走行距離の多いタクシーは難しい。日産は最初から「走行1万kmで1%電池容量は減る」と言っている(1年の劣化は1,5%ということも表明してます)。1年で10万km走るタクシーだと、2年で23%も電池容量が減ってしまうことになる。容量70%を切ったら不便。

考えて欲しい。車重の重いクルマのハイブリッドは燃費良くない。小さいクルマのディーゼルってコストパフォーマンスが合わない。電気自動車は走行距離の長い使い方に向かない。あえて不得意な使い方をすることもなかろう。そもそもタクシー専用車があるほど特殊な環境です。

久しぶりに悪意全開100%の記事を見た。Webの『週プレニュース』で電気自動車タクシーを取り上げているのだけれど、私もリーフ乗りも日産も初耳のことばかり。ちなみに日産は販売したリーフ全ての電池の状況を把握しており、下の記事にあるような状況は知らないという。

週プレニュースのWeb記事

まず驚くのが「最初は満充電すれば100km走ったのに2年後は50km」というもの。なのに今回の記事は走行距離を全く書いていない。また「電池劣化と共に急速充電の時間が増えた。電池容量半分の充電で15分から40分になった」とある。二つとも今まで聞いたこと無い。

走行距離100kmから50kmになったとすれば、安心して使える容量が10kWhくらいになったことを意味する。リーフの電池は新品で24kWh。ウチ、走行可能表示などを参考に「安心して走れる」のは20kWh程度。タクシーの電費を5km/kWhとすれば100kmって納得出来る。

24kWhが14kWhになったとすると40%の容量ダウン。40万km近く走っているなら納得出来ますけど。気温下がると充電時間は増える、ということについちゃ日産も公表している。結論から言えばネットにも数多く見られる、日産への取材をしてないシロウトと同じ批判だ。

問題は多くの人がこの記事を引用し「電気自動車はダメだ」と言っていること。まぁ嫌いな人に好きになってもらおうと思わない。電気自動車好きが真実を知っておけば良いです。大阪のタクシーの件、真偽のほどを含め、日産に聞いてみようと思ってます。解り次第報告を。

|

« 充電器の数 | トップページ | リーフ時刻表 »

コメント

この記事は憶測ですね。実はMBS毎日放送のニュース番組VOICEのコーナー「憤懣本舗」にて取り上げられた内容です(番組HPに放送内容あり)。番組では、大阪駅EV専用タクシー乗場は駅を出てバスロータリーを廻りこみ、階段を二階へ上がったホテルの前なので一般客が来ず、タクシーの待機が一台に減ったと紹介してました。よって週プレのは取材してない飛ばし記事だと思います。

投稿: ミルクティー | 2013年2月20日 (水) 12時37分

電気自動車に関するネガティブ記事は2月10付けNYタイムスにも出ていました。テスラ社は首都ワシントンからコネティカット州まで約300キロ間隔で480ボルト急速充電ステーションを高速道路サービスエリアに設け、電気自動車で行き来できると宣伝しましたが、記者が実際にドライブして見たら途中で電欠となったとのこと。気温が低く悪条件だったのかも知れませんが...

記事
http://www.nytimes.com/2013/02/10/automobiles/stalled-on-the-ev-highway.html?pagewanted=all&_r=0

投稿: G35X | 2013年2月20日 (水) 03時39分

少し希望が持てるのはリーフのタク上がりが破格値で購入出来るかもしれないということです。クラウンコンフォートと違って何十万キロも走った個体がないのが利点です。
電池がヤレてもアイミーブの廉価版ぐらいの航続距離があれば納得。
日産にやって欲しくないのは認定中古車にして価格を維持させてしまうことで、そんなことしたらますますEVの普及を妨げてしまいます。

投稿: COLT | 2013年2月19日 (火) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64820/56795131

この記事へのトラックバック一覧です: 悪意のある記事:

« 充電器の数 | トップページ | リーフ時刻表 »