« リーフ大幅値下げ! | トップページ | B787に見る電池概念 »

2013年1月21日 (月)

リーフvsプリウス

電気自動車は普通のクルマより高い、と思っている人が多い。しかし。意外や意外。エネルギーコストまで含めて考えれば普通のクルマより安いのだ。以下、計算してみたい。まずリーフの価格から。車両価格は補助金を使えば『X』グレードで269万7950円。驚くのが装備内容。

5101_2

私のリーフ

充電場所や走行可能距離の表示までしてくれるナビゲーションシステムや、クルーズコントロール、サイド&カーテンエアバッグ、シート&ステアリングヒーターまで付く。『プリウス』で言えば252万円の『G』に、30万8700円するメーカーオプションのナビを加えたようなもの。

何と! リーフXとプリウスGを比べると、リーフの方が13万円も安いということになる。さらに、でございます。走行1万km毎に必要なエネルギーコストは、リッター20km走るプリウスで7万5千円。方やリーフだと昼間の電力を使っても4万5千円(電費7km/kWh。電力31円/kWhで計算)。

1106e

これまた私のプリウス

つまり1万km走る度に3万円もリーフの方が安いのだ。いや、リーフなら無料で充電出来る場所も少なくない(私は半分以上無料で充電してます)。したがって13万円も安いだけでなく、1万km走る毎に3万円リーフの方が経済的なのだった。「電気自動車は高い」と思っている人は驚くかも。

ちなみにプリウスが売れている理由は、エネルギーコストまで考えると普通のクルマより安いからだ。リッター10kmのクルマだと、プリウスのガソリン代の2倍。10万km走ると73万円の差になる。すなわち上記283万円のプリウスなら210万円のクルマを買うより安価。だから2リッター級は駆逐した。

こう書くと「5年間でバッテリー性能が80%になると言っている。10年間乗ったら60%になってしまうのでは?」と思うかもしれない。興味深いことに日産の発表を見ると5年とだけ書いてあり、走行距離について明記していないのだ。電池寿命については『リーフの電池寿命』を御覧頂きたく。

|

« リーフ大幅値下げ! | トップページ | B787に見る電池概念 »

リーフvsプリウス」カテゴリの記事

コメント

いつも読ませていただいています。
ごもっともだと思いますし、実際欲しいと思う気持ちもあります。
しかしデザインが全くもって足りないと思われている方が多いのではないでしょうか。
自分もその一人ですが、このデザインでは乗るのがはずかしすぎて買うことができません。
自分はセンスありませんと言っているようなものですから。
そこが割り切れる方というのが結構ハードル高いのではないでしょうか。
ということで、プリウスがそうであったように、2代目に期待しています。
デザイン、とても大事だと思いますよ。

投稿: ラース | 2013年1月26日 (土) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64820/56058126

この記事へのトラックバック一覧です: リーフvsプリウス:

« リーフ大幅値下げ! | トップページ | B787に見る電池概念 »