« 新型ヒーター登場! | トップページ | 2013年度の補助金 »

2012年12月26日 (水)

バッテリー上がり

長崎からの取材から戻ってきて羽田からリーフで帰ろうと思ったら、リモコンでロック解除しようとしても無反応。あらら?  どうしたのかと思いきや、フロントガラスにメッセージ。なんとなんとルームランプが点いたままだったらしい。あちゃ~! この手のトラブル、私は3度目でございます。皆さんも経験あるかと。

e10181.JPG

親切です

どうしようもヘチマもない。制御用バッテリーが上がると、クルマのシステムを立ち上げられない。リーフには走行用バッテリーから制御用バッテリーを充電するためのDC-DCコンバーターを持っているけれど、システムが稼働してないとダメ。起動には制御用12Vのバッテリーを必要とするのだった。

とりあえずリモコンキーに内蔵されているキーを差し込んでロックを解除。マニュアル見たら、12VバッテリーにジャンピングするだけでOKとのこと。システム立ち上がって20分くらいオフにしなければ充電も出来るという。自宅で上がったバッテリーなら簡単に回復できます。

されど出先じゃどうしようもありません。たぶん20年ぶりくらいにJAFを呼ぶ。「混んでいるので45分くらい掛かります」。仕方ない。45分くらいでJAF到着。「リーフは初めてなんですよ。でも講習は受けてます」。

といってもすでにボンネット開けてあり、カプラーも出しておいたのでジャンピングするだけ。JAF隊員、「怖いのでゴム手袋をします」と言って繋ぐ。イモビも一体になっているだろうから、リモコンでドアロックを解除すると「カシャ!」。そして始動ボタン押す。

e10182.JPG

JAF救援ミッション、あっけなく終了

普通に起動しました。JAFの方は「エンジンが掛かっていないので妙な感じです。これで大丈夫ですかね?」。大丈夫です。プリウスでもやったことありますから。終了後、電気自動車のレスキューのアンケートを受ける。どうやら制御用バッテリー上がりの救援、初めてらしい。

項目は走行用バッテリー上がりについての質問ばかり。20分で40km走れる緊急充電はいくらが妥当かという質問に対し、会員ならプラス1000円(通常のレスキューは無料)と書いておきました。

|

« 新型ヒーター登場! | トップページ | 2013年度の補助金 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バッテリー上がり:

« 新型ヒーター登場! | トップページ | 2013年度の補助金 »